▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【#001 TAEYONG #テヨン】東京とソウル、それぞれのスタイルをまとった NCT 127がファッションで世界を魅了する!

▼ WPの本文 ▼

MEN'S NON-NO PRESENT
NCT 127 ON THE STREET
From TOKYO
From SEOUL

世界中のストリートに、独自のファッションが生きている。東経127度のソウルから、いつも刺激的なファッションを届けてくれるNCT 127。そんな彼らがメンズノンノに登場すると決まったとき、彼らのカラーにあふれたソウルのコーディネートはもちろん、今の東京のファッションもぜひまとってほしいという編集部のリクエストに快く応じてくれた。メンズノンノサイドが用意した9名分の衣装は海を渡り、彼らの元へ。昨夏からのWEB連載で掲げたテーマから続く“マイスタイル”を探す旅の締めくくりにふさわしい試みとなった。
メンズノンノのリクエストをもとに、壽村太一、キム・ヨンジン両氏の日韓トップスタイリストが腕を振るった衣装をはじめ、本企画に共鳴してくれた、東京とソウルのすべてのスタッフやクリエイターの情熱と尽力により実現した、日韓メンズファッションの最先端によるスペシャルコラボレーション。今回の短期連載では、そのスタイリング秘話と解説を、未公開カットとともに、ひとりずつ紹介していく。
※今回のインタビューは、YUTAさんは日本語、他のメンバーの皆さんは韓国語でお話ししてくださいました。
※「From SEOUL」の衣装は韓国内でリースされたものであり、日本国内での問い合わせ対応はありません。ご了承ください。

INDEX
TAEYONG テヨン
TAEYONG

パフォーマーとしてはもちろん、ファッショニスタとしての注目度も抜群。前回のインタビューでは、ユニークなファッション遍歴をはじめ、バッグ、シューズなどへの個性あふれるカスタマイズ、お気に入りの私服などをたっぷり紹介してくれたTAEYONG(テヨン)。彼の持つカリスマ性あふれる圧倒的な存在感や、NCT 127のリーダーとしての貫禄に負けない、“これは!”というアイテムを、日韓の両スタイリストが東京とソウルを駆け回りピックアップ! カメラの前で踊るようにポージングをきめるテヨンの、ファッションを楽しむムードに満ちた撮影となった。

From TOKYO
TAEYONG テヨン
TAEYONG テヨン
TAEYONG テヨン
TAEYONG テヨン
STYLING BACK STORY
From TOKYO

服とヘアスタイル、トータルでの提案を大切にするメンズノンノのスタイリング。ソウルへ送る衣装のテストシュート直前、「撮影当日、テヨンさんの髪色は赤らしい」との知らせを現地から受け、メンズノンノチームが最終的に決定した鮮烈な赤のMA-1は東京発ブランドの雄、「ファセッタズム」。構築的なデザインや印象的な色使いなど、毎シーズン話題を呼んでいる。インナーやパンツ、シューズも本人の迫力に負けないセレクトにこだわり、どれをとっても主役を張れるような、エッジのきいたアイテムたちの応酬による1体が完成した。テヨンの持つパワーと今の東京のファッションシーンを代表するブランドのシナジーを体感して。

ブルゾン¥60,500・靴¥66,000/ファセッタズム シャツ(チルドレン オブ ザ ディスコーダンス)¥38,500/スタジオ ファブワーク Tシャツ¥7,700/フラグスタフ パンツ(ニードルズ)¥29,700/ネペンテス メタルネックレス¥16,500・チェーンネックレス¥9,900(ともにトーガ ビリリース)/トーガ 原宿店

 

From SEOUL
TAEYONG テヨン
TAEYONG テヨン
TAEYONG テヨン
TAEYONG テヨン
STYLING BACK STORY
From SEOUL

迎え撃つのは、アーティスティックなデザインが一度見たら忘れられない、今のソウルのストリートシーンを席巻しているブランド、「THE GREATEST」。アーティストやスタイリストなど、韓国国内での人気も急増中。難易度、インパクト、ユニークさともに星5つ、すべてハードル高めのアイテムによるスタイリングだが、真っ向から堂々と着こなすテヨンの気概に、リモート撮影を見守るメンズノンノチームからも感嘆の声が!

コート・ジャケット・ニット・シャツ・パンツ/THE GREATEST その他/スタイリスト私物

 

EXTRA INTERVIEW

本誌と別冊付録に収録しきれなかったミニインタビューを、特別に公開!

メンズノンノが用意した、「TOKYOスタイル」の衣装はどうでしたか?

ちょうど髪色に赤が入っているのですが、衣装も赤を基調としていて、とてもマッチしていると思いました!

日本の男性ファッション誌での初表紙となりますが、意気込みは?

強いインパクトを残したいですね。日本の皆さんに久しぶりにお会いする場なので、いい印象を与えられたらいいなと思います。ありがとうございます。

今回の『LOVEHOLIC』での活動で着た衣装の中で、一番のお気に入りは?

僕はメンバーと一緒にコンセプトを合わせた衣装が好きなので、CDジャケットのスーツのスタイルが好きです。

プライベートで、春になるとよく着ているものはありますか?

ブラック系の服に、帽子や靴でポイントを入れるのが好きです。

最近新たに買ったものがあれば教えてください。

LOEWEとトトロのコラボアイテム。

今回のアルバム『LOVEHOLIC』で、個人的に印象に残っている試みは?

リード曲「gimme gimme」で、派手に愛をアピールするよりは、少し重みのある表現をしようと思ったことです。なのでMVの撮影では、僕のパートのジェスチャーや動きも、重みが出るように演出をしました。

前回日本でアルバムをリリースしたときから、自分の中で何か変わったと思う点があれば教えてください。

レコーディングを含め、全体的に僕もメンバーも本当に成長したと思います。特にJOHNNY(ジャニー)とYUTA(ユウタ)がすごく努力している姿を見ていて、それが表現できているので、カッコよくて尊敬しています。

今回のアルバムには、新作だけでなく、昨年韓国でリリースされ世界的大ヒットとなった「英雄; Kick It」も収録されています。連載でもメンバーの皆さんが異口同音に気に入っていると言っていました。リリースから少し時間がたっていますが、いま改めて感じることは?

「英雄; Kick It」は僕たちメンバーが本当に大好きな曲なんです。これは僕だけの考えかもしれないんですが、「Cherry Bomb」という曲(編集部注:2017年リリース)以降、皆さんに見ごたえのあるパフォーマンスを届けられているんじゃないかなと感じていて、この曲もまさに自信作です! コンセプトもよかったですし、アジアっぽさを連想するモチーフが生かされていたと思うんですね。だから僕たちも消化しやすかったですし、サウンド面でもグループのテイストと合っていたと思います。とにかくもうダンスも歌も仕上がりがすごくよかったので、僕たちみんなが気に入っています。

『LOVEHOLIC』をもし誰かに直接手渡しでプレゼントするならば、何と言って渡しますか?

「これ聴いてみる? ハマり込むと思うよ(笑)」

 

Models: NCT 127 Photos: HEEHYUN OH Hair: Songhee Han Make-up: Seongeun An Stylist: Taichi Sumura(From TOKYO) Youngjin Kim(From SEOUL) Coordination: DongHun Jung[LIKE STUDIO CO.,Ltd.] Translation: Rie Nemoto Keiko Tsuyama

NCT 127

NCT 127

韓国・ソウルを拠点に多国籍なメンバーにより、グローバルな展開で活躍するボーイズグループ。昨年リリースした『Neo Zone』は150万枚を超える大ヒットを現在も更新中。また2021年2月に発売されたJapan 2nd Mini ALBUM『LOVEHOLIC』も、オリコン週間アルバムランキング1位を記録するなど、快進撃を続けている! 

NCT 127の最新情報は nct-jp.net

MEN'S NON-NO PRESENT

 

MEN'S NON-NO SPECIAL COLUMUN Also in this Series
NCT127と探すマイスタイル
NCT Finding 2020 A/W Style

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼