▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【#008 HAECHAN #ヘチャン】世界で活躍するNCT 127の個性的なメンバーたちが考えた。 ファッション、音楽、生き方、好きなもの…自分のスタイルって? NCT 127と探すマイスタイル

【#008 HAECHAN #ヘチャン】世界で活躍するNCT 127の個性的なメンバーたちが考えた。 ファッション、音楽、生き方、好きなもの…自分のスタイルって? NCT 127と探すマイスタイル

▼ WPの本文 ▼

日本・韓国・アメリカ・カナダと多様な国籍のメンバーで構成され、抜群のパフォーマンス力と表現力、そしてセンスの高い楽曲が世界中で評価されている男性ダンス&ヴォーカルグループ「NCT 127」。この連載では、個性豊かなメンバーたちが考える“自分のスタイルとは”を、ファッションをはじめ自身を表現するうえでのポリシーや、これからの展望など、あらゆる角度からひもとくというメンズノンノならではのアプローチでお届けしていく。丁寧に書かれたメンバー全員の事前アンケート、東京とソウルを結ぶオンラインインタビュー、彼ら自身から提供された撮り下ろしのプライベートショットなどスペシャルな内容で構成し、コロナ禍で取材が困難な中でもポジティブに制作を進めている。自身を“笑顔が可愛い末っ子”と称しながらも、周囲をよく見て物事を敏感に感じ取る鋭さや、責任感、成長することに貪欲な姿勢など、頼もしい面が多数垣間見られるインタビューとなった。
※このインタビューにおいて、ヘチャンさんは韓国語でお話をされました。日本語でお話ししてくださった箇所があり、そちらは(日本語)と記載しています。

“末っ子”ヘチャンの、ポジティブさを保つ秘訣は?

「ヘチャンです~! お久しぶりでーす!!」(日本語)

――こんにちは、ヘチャンさん。本日は、どうぞよろしくお願いします。

「はいっ、よろしくお願いしまーす!」(日本語)

――(アンケートを見返しながら)ヘチャンさんも、とても丁寧にアンケートを書いてくださいましたね。ありがとうございます! 私物などを撮影した写真もいただいていますので、それらに沿ってお話を伺いますね。

「わかりました~!」

―― “メンズノンノ読者に、初めて会う友人のように自己紹介するなら、自分のどんな面を伝えたいですか?”という質問に『エナジェティックでいつもポジティブなところ』と答えていますね。他にも、“NCT 127として世界で活躍する中で大切にしている自分たちの魅せ方は?”に『いつもポジティブで楽しく活動する姿をお見せすること』とあったり、“座右の銘は?”という質問には『どうせやるなら楽しくやろう』と書かれています。“ポジティブ”“楽しさ”というワードがたくさん出てきて、どれもプレイフルなマインドを大切にしているように見受けられました。自己紹介も兼ねて、いつも自分をどのようにチアアップしているのか、教えていただけますか。

「はい! こんにちは、僕は“NCT 127の末っ子”ヘチャンでーす。この連載では、僕、ヘチャンの素直な姿や考え方を知ってもらいたいです。ええと、そうですね、僕がポジティブで楽しいマインドを維持している秘訣というのは、何よりも僕自身が楽しんで、何事も面白がれるようなエネルギーを持つようにしているからだと思います。僕が楽しそうじゃないと、見ている人も面白くないと思うんです。そしてそれだけじゃなく、自分自身が楽しんでポジティブにやらないと、いいものが生み出せないと考えています。だからもし疲れていたり大変なことがあったとしても、心の中の大事な部分では、ポジティブなマインドを忘れずに取り組んでいきたいんです。それがいい結果を出すことにもつながると思うので、僕はそのように努めています」

NCT 127ヘチャンの持つ、いろんな顔とは?

――今、“末っ子”と自己紹介していただいたのですが、ヘチャンさんから見てNCT 127の他のメンバーはどんなお兄さんたちなのでしょうか?

「そうですねぇ…うーん、お兄さんたちは、僕にとって何よりも大切な存在です。僕は本当に今よりもっと小さいときから事務所に入り、一緒に活動するみんなが生活の中心にいました。すべての面において、お兄さんたちを通じていろんなことを知りましたし、お兄さんたちの背中を見ながら、僕は成長してきたと言えると思うんですね。これまで本当にずっとずっと時間をともに過ごす中で一緒に学んだり、遊んだり、そして一緒に泣いたり笑ったりしてきた仲間です。これからもずっとみんなで過ごしていきたいと思えるメンバーであり、本当に兄のような存在なんです」

――“今のヘチャンさんを構成するものを3つ教えてください”という質問にも、『ステージでの自分と、メンバーと一緒にいる自分、そしてファンの方と向き合っている自分』と書かれており、たしかにメンバーの存在が大きいようですね。他に、“ステージ”と“ファン”の存在もヘチャンさんを構成しているということですが、それぞれに大切にしている理由を教えていただけますか。

「まず“ステージの上の自分”というのは、ファンの皆さんが僕を見てくれている姿の中で、もっとも重要な部分だと思うんですね。なので、ステージの上ではいつでも情熱的で、より完璧であろうと努めています。僕は、観てくださる方々に満足していただけるような、本当にベストなものを披露したいという気持ちをいつも持っているんです! そして“メンバーと一緒にいるときの自分”というのは、最初に自己紹介でお話ししたように、まぁ僕は末っ子なので…人間的な面できっと完璧ではないと思うんです。だけど、メンバーといると本当にありのままの自分というか、未熟な部分も含めて素でいられる時間を過ごせるんです。それは僕にとって、とても重要だと思っています」

――いつも何事にも楽しんで取り組み、ポジティブにパフォーマンスと向き合おうと努めるのが“ステージ上の自分”で、そんな自分のエネルギーをチャージしてくれるような時間が“メンバーと一緒にいる自分”ということでしょうか。

「そうですね! そして3つ目の“ファンの皆さんと向き合っている自分”というのは、感謝と、努力することを忘れないようにしよう、という気持ちから書きました。ファンの皆さんは、本当に僕のことを好きでいてくださって、応援してくださる存在なので、いつもありがたいなと思っています。そして皆さんに愛していただいている分、本当にもっと努力しなきゃな、という気持ちにもさせてくれているんです」

――今はオフラインの活動をするのがなかなか難しいですが、ファンの方との交流で大切にしていることがあれば教えてください。

「直接皆さんとお会いできる機会が多いに越したことはないんですけど、今そういう状況にはなく、なかなか難しいので、可能な限りオンラインでできることをしようと頑張っているところです。ファンの皆さんが何を望んでいらっしゃるのか、自分でしっかり感じ取って、キャッチできるように努めています。例えばインターネットの生放送であったり、リアルタイムの配信ライヴを頻繁にすることだったり。あとは自分の近況や些細な話も、なるべく皆さんにたくさんお伝えしようと思っています。ファンの皆さんが知りたがっていること、気になっているようなことをお話しできるように、というのを心がけています」

――お話ししていただいたどのヘチャンさんも、それぞれ魅力がありますね。

「もっと違いについて考えるとすると、少し不思議な感覚ですが、僕にとってはステージ上の自分というのは、“もうひとりの自分”という、なんだかそんな感じがします。メンバーと一緒にいる自分、そしてファンの方と向き合っている自分に関しては、より僕の人間的な姿が出るんじゃないかなと思います」

――よくわかりました。いつもアーティストとしての活動が、ご自身の核にあるという感じがします。

「そうです、僕自身です。ヘチャン=NCT 127です!」

NCT 127の“自然なカッコよさ”って?

――では、グループに対してヘチャンさんが考えていることを、もっとお伺いしていきます。“ヘチャンさんが伝えたい、NCT 127のカッコよさとは?”という質問に『つくりあげるという表現より、自然な姿の中で魅力やカッコよさを伝えたい』とありました。自然にしていてもカッコいい、というところに到達するのはとても難しいことじゃないかなと思うんですが、魅力のあるチームでいるためにどんな努力をしていますか。

「わざとらしくない、自然なカッコよさというのは、僕自身もすごく難しいことだと思うんですね」

――そうですよね。

「でも僕の中には本当にいろんな姿があります。だから自分に無理をして何かカッコよさを新たにつくるのではなくて、もともと自分にあるいろんな姿のうちカッコいい面を探し出して、それをしっかり表現できればいいなと思っているんです。そしてカッコよくなるために何か特別に努力をしているというよりは、いつもこう、いろんなものからたくさんのことを吸収して学んでいくという姿勢で、何事にも取り組んでいるんですね」

――新たにカッコよさをつくり上げるというより、そもそも自分自身を磨いていけば自然とカッコよさにつながるという感じ?

「はい! 例えば僕たちはこれまでさまざまな場所でいろんな人たちと撮影をしたり、公演をしたりしていますよね。それを通してたくさんのことを見たり感じたりと、経験を重ねています。だから、その中から“自分にとってよりいいものは何か?”というのを、今探している最中だと思っています。ワールドツアーやミュージックビデオの撮影など、すべてが僕にとっては勉強になっているんですよ」

――“グローバルな活動をするNCT 127が自分にどんな影響を与えたのか教えてください”という問いにも、『成長。多くの人々と出会い、いろんな文化を体験しながら、考え方をはじめ、いろんな面で成長したと思います』と答えていますね。

「そうです。自分がさらにカッコよくなれるようなものやことを、そこから見いだしていくという過程にあるのかなと思っています」

――撮影ひとつ取っても、カッコよさをブラッシュアップできるような経験になっている、ということですが、この流れでヘチャンさんがカッコいいと思う、NCT 127のMVを教えていただけますか。

「はい、ぜひ~! 個人的には『Highway to Heaven』を観ていただきたいなと思います」

――『英雄; Kick It』に次いで、皆さんから挙がる曲ですね。

「僕がこれをオススメする理由は、先ほど話に出た“自然なカッコよさ”というのが表れている曲なんじゃないかな、と思うからです! カッコいいセットやつくり込んだシチュエーションとかではなく、本当に大自然の中で、みんなで遊ぶような感じで撮影をしたんですよ。僕たちのいいところがたくさん出ていると思うので、ぜひ一度観ていただけたらと思います」

――ヘチャンさん、“カッコいい”ということについても今いろいろお話ししてくださっていますね。自分の納得できる“カッコいい”を大事にしているのかなという印象です。ヘチャンさんは、他のメンバーには負けない自分のカッコいい面というのは何だと考えますか。

「わぁ、とっても難しい質問でーす!」

――遠慮せずぜひ教えてください(笑)。

「ひとつ選ぶとすれば、“笑いながら何かをする姿”」

――笑いながら何かをする?

「笑顔ですね~。何をしているときにも好感度の高い笑顔でいることに関しては、まぁ、僕は他の誰よりも一番ヤングなので(笑)、悪くないんじゃないかなと思います。へへ」

一同 :(笑)

ヘチャンはスタッフ愛が強い?

――今、ヤングって言葉が出ましたけど、“これからどんな大人になっていきたいですか”という質問に『自分がやるべきことを楽しくできる大人』と答えています。責任感と一緒に“楽しく”という表現が入っているのがヘチャンさんらしいですね。

「僕は、20代はより忙しく、そしてたくさん活動をし続けて、よい音楽とパフォーマンスをお見せできたらと思っています。まだいろんなことを学びながら探している最中ですが、いつも楽しさを忘れずやるべきことをやって、自分だけのカッコよさを見つけたいですね」

――先ほどから、いろんな活動を通して自分の糧になるものを吸収しているというお話をしてくださっていますが、これまで訪れた国の中で、印象に残っていることがあれば教えてください。

「日本ツアーで各地を回ったとき、多くのスタッフの方々とご一緒しました。そういった大人の皆さんの働く姿から、本当に学んだことがたくさんあるんですよね。リノさん(仲宗根梨乃さん:NCT 127のコンサートの演出や、振り付けなどを担当しているアーティスト)とご一緒させていただいたことも、とてもすばらしい経験でした」

――公演のクルーの方々や、渡航先の現地スタッフの方々とも、信頼関係を築いているんですね。

「そうです! 前回の日本ツアーではたくさんの公演があったので、特に多くのことを学んだと思います。もちろん他の国でも、その土地その土地でスタッフの皆さんの働く姿を見ていると “あ、こんな仕事のしかたもあるんだ”“そうか、こんなふうに皆さん仕事してらっしゃるんだ”と、いつもは見られない部分を知ることができるので、本当に学びになりますね」

――それは、とても周りをよく見ていますね…!

「また公演ができるようになって、皆さんとお会いできるといいなと思います。そして僕は個人的にも今、日本にとても行きたいと思っているんですよ! 何よりも僕は日本食がとっても好きですし、あとすごく好きなホテルも日本にあるんです。コンサートが終わった後に、そのホテルの部屋に戻って、リラックスするという時間が最高なんです」

――海外にお気に入りのホテルがあるなんて、とてもすてきです。海外公演をする中でも、いろいろと楽しみを見つけているのですね。

「はい、そうなんです。あとは少しずつでもいろんな言語を勉強するようにしています。海外に行ったときに、その国の言葉を完璧に話すというのはもちろん難しいことですが、それでも何か覚えて話すというのは、僕にとって大きく役立っているというふうに思います! 先ほどスタッフの方々から多くを学んだとお話ししましたが、そういう人たちとコミュニケーションを取りたいときにも必要になってくるので」

エナジェティックな
パフォーマンスの源になるものは何?

――グループで一番若いメンバーということで、“笑顔に自信がある”とお答えいただいたんですが、パフォーマンスの面で特に自信がある、力を入れている、というところを教えてください。

「僕がずっとキーワードとして挙げている、“エナジェティックでポジティブ”という点がここでも言えると思うんですが、これはそもそも僕の性格がそうだからなんですよね。だからその自分自身の元から持っている長所、スタイルというのがステージの上で十分に発揮されたとき、より輝けるんじゃないかなと思っています。例えば具体的なパフォーマンスの話でいうと、『TOUCH』という曲があります。これはとても明るく楽しい曲で、撮影でもコンサートでも、本当に笑いながら、遊ぶように表現ができる曲なんです。こういう雰囲気の作品では、より自分のいい部分が光るというのが、今の僕の強みなんじゃないかなと思っています!」

――そんなヘチャンさんの“自分のスタイルに大きく影響を与えた存在”として、『マイケル・ジャクソン』の写真をいただきました。アンケートにも『一番憧れのアーティストです』と書かれています。何がきっかけで好きになったのかということと、どういうところに惹かれているのか教えてもらえますか。

「マイケル・ジャクソンを初めて知ったのは、小学校5年生のときでした。たまたま『Billie Jean』という曲を聴いたことがきっかけだったのですが、とても気に入って本当に好きになったんです。そこから彼のいろんな作品を聴いたり調べたりしていく中で、自分で曲を作っているということも知りましたし、パフォーマンスしている姿もたくさん観て、“あぁ、あんなアーティストになりたいな”と思うようになりました。曲を聴くと元気になります!」

――写真を撮って送っていただいたのは、『Thriller』のレコードですね。

「はい、一番好きなマイケル・ジャクソンのアルバムでもあり、僕が初めて購入したLP盤なので、とても愛着と思い入れのあるアルバムなんです!」

――のちほど、恒例のプレイリストのコーナーでおすすめ曲を挙げていただきますので、特に好きな曲を考えておいてくださいね。

「わかりました~!」

特技と弱点の絶妙なバランスって?

――もう少しヘチャンさんご自身のことについて教えてほしいのですが、“これだけは胸を張れるというものは?”という質問に、『素早く行動すること。センス!』と答えていますが、こちらはどういうことでしょうか。

「これはですね、例えばメンバーたちが何か助けを必要としているとき、僕はそれをキャッチすることが得意なんですね。いち早くそれに気づいて、くみ取って、助けることができます。そして何事においても、早く吸収してこなせるというのが自分の強みなのかなと思っているので、そんなふうに答えてみました~!」

――それは頼もしい末っ子ですね。先ほどのスタッフさんとの話でも出ましたが、周りをよく見ているんですね。

「そうですね。そして昔から早く、そして効率よく物事を進めるのも好きでしたね」

――その半面、“克服したいことは?”という質問には、『面倒くささを乗り越えること』と書いていますが…実は面倒くさがりだけど、周囲に気を配りつつ、いろんなことを早くこなせるように頑張っているということなんでしょうか?(笑)

「あ~、面倒くささというのは、本当にいつも僕にのしかかっていますね(笑)。僕はその“面倒だな”と思う気持ちに支配されているという面も、たしかにあるんです(笑)。あるんですが、でも、面倒くさがっていいときと悪いときがあると思うんですよ」

――おっしゃるとおりです、よくわかります。

「でもそれをセンスよく見分けるのが、僕は得意なんだと思います! ふふ」

――ああ、なるほど(笑)。それで“センス”とも書いてあったんですね! あー、よくわかりました。ここぞというときに登場してくれる感じですね。

「そうですね!(笑)」

 ファッションでどんなイメージをアピールしたい?

――メンズノンノの連載なので、ぜひファッションについてもお話を聞かせてください。“ずばり、ファッションは好きですか? あなたにとってどんな存在ですか?”という質問に『好きです! ファッションは僕の心を表すと思います』と答えています。

「そうですね、自分のそのときの気持ちや心境によって、服の着こなし方が変わると思うんです」

――送っていただいたこちらの写真で着用しているのは、ヘチャンさんのお気に入りのアイテムでしょうか?

「この写真で着ているものは、可愛いなぁと思って選んだアイテムで、とても好きなものです。こういうTシャツのスタイルが僕は好きですね。ただ、ファッションは好きなんですが、まだ自分に本当に一番似合うものというのは見つかっていないのかな、それを探している途中なのかな、とも思っています」

――そうやって自分に似合うものを探すときには、どういったものがインスピレーション源になることが多いですか?

「メンバーが着ている服の中でも、“あぁ、あれは僕が着ても似合いそうだな”ということを考えたりもしますし、スタイリストさんが持ってきてくださる服の中からも、いろいろヒントを得たり、新しいスタイルを探したりっていうことをしています。あと、自分の体型だったりとか、自分に似合うスタイルというのをずっと考えていると、やはり自然と見つかっていくんじゃないかなと思います」

――この記事が載る頃には、すっかり真冬になっていると思いますが、ヘチャンさんが着たいアイテムはありますか?

「僕はコートを着たいと思っています! ミリタリーテイストのジャンパーも好きですし、サッとはおれるアウターが好きなんですよね」

――おしゃれですね!

「ふふ、ありがとうございます(笑)」

――“自分の着るものを考えるときに、一番大事にしていること、ポリシーは?”という問いの答えが、『自分に似合うものを着ること』だったり、“実は譲れない、ファッションの細かいこだわりは?”に『フィット感が一番大事』と書いていたりと、自分にしっくりくる感覚を大切にされているようですね。

「最近はいろんなスタイルに挑戦するよりは、自分に似合うひとつのスタイルに絞って服を着ることが多いようです。いろいろ悩むよりも、はっきりわかりやすいスタイルで僕のイメージをアピールしたいんです」

――プレゼンテーションとしてのファッションもしっかり乗りこなしている感じがしますね…! では、今まで着たものの中で、“これは自分に一番似合っていたな”と思い出せるものはありますか? 衣装でも私服でもOKです。

「僕はその、スリムな体型ですので、だぼっとした大きなサイズの服よりも、フィットした服を着たときのほうが自分の魅力がより生かされると思うんです。だから個人的に、『英雄; Kick It』のときに着ていた衣装が一番似合っていたんじゃないかと思います」

――MVの中で着ていた衣装のことでしょうか? 終盤に出てくる赤いブルゾンと黒スキニーの…(編集部注: MVの2:37以降で登場)。

「はい、そうでーす! それです!」

――他に“今一番お気に入りのアイテムは?”という質問に、『バケットハット』と答えています。先ほどの写真でもかぶっていますね。どういうところが好きなんですか?

「僕たちは帽子をかぶるシチュエーションが多いので、お気に入りアイテムとしてかぶって撮ってみました。前はキャップなんかもよく買っていたんですが、最近はこのバケットハットが好きで愛用しています」

――ファッションの質問でもうひとつだけ。“今後こんなファッションをやってみたい! というものは?”という質問に『スーツに挑戦してみたい!』という答えをいただきました。どういうシーンで着たいですか? そしてメンバーの中で誰か参考になるような人がいるのでしょうか。

「僕たちがスーツを着るシーンでよくあるのは、授賞式です。でも、普段着られるスーツというのを着てみたいなと思ったんです。すごくオシャレでカッコいいと思うので!」

――あぁ、なるほど! 特別な場でのドレスアップとしてのスーツでなく、日常で着るようなスーツのことですね。

「そうです、そうです! グループの中で、僕が考えるカッコいいスーツの着こなしができているなぁと思うのは、JAEHYUN(ジェヒョン)さんです。うーん、やっぱりなんといっても、体がとてもいいので!!」

一同: (笑)

「ジェヒョンさんは、スーツを着ると本当にそのカッコよさが生かされるなと思うんですが、それを見ていると、“あぁ、僕ももっと運動して体を鍛えなきゃな~”と思います(笑)」

――いやいや、きっとヘチャンさんもすてきに着こなせますよ。お気に入りのスーツと出合えるといいですね!

「はい、楽しみにしています!」

 『LOVEHOLIC』、どんなふうに楽しんでほしい?

――新しい日本のミニアルバムについて教えてください。『LOVEHOLIC』というタイトルで2021年2月17日にリリースされますが、この作品に取り組む中で、ヘチャンさんが特にこだわった点は何でしょうか?

「いつでも毎回、どんなアルバムであっても、レコーディングするときにはそれぞれこだわりを持って作っていますが、今回特に努力したのは、日本語で曲を歌うので自然な発音になるように、という点です」

――例えば、日本人メンバーであるYUTA(ユウタ)さんからアドバイスをもらったりもしましたか?

「そうですね、今回もユウタさんに助けてもらいました! あとはレコーディングをしている中で、近くにいる多くのスタッフの皆さんからいろいろとキャッチできることもあり、とても支えになりました」

――ここでもやはり、スタッフさんとの信頼関係がありますね。リード曲がラブソングということですが、それを知ったときにヘチャンさんが頑張ろうと思ったことは何かありますか?

「リード曲がラブソングだと知って最初に聴いたときに、“なんて強烈なラブソングなんだ”と思ったんですよ。歌詞を読むとたしかにラブソングなんですけど、雰囲気がとてもパワフルなんです。なので曲の持つ力強さ、そのバイブスを保つように努力しました」

――アルバムを1枚作り上げていく中で、メンバー同士でアドバイスし合うようなことはありますか?

「曲を受け取って、それを聴いて真っ先に話すのはやっぱりメンバーなので、メンバーたちがどんなふうにこのアルバムを解釈して、どんなふうに1曲1曲を感じているのかということをお互いに話して、聞いて、参考にしますね」

――リード曲がラブソングということ以外に、これまでのアルバムとは違うな、と感じる点があれば教えてください。

「何よりも今回、本当に久しぶりに日本でミニアルバムをリリースするんですが、リリースされても、ファンの皆さんに直接お会いすることが、きっとなかなかかなわないですよね…。そういった状況の中でこのアルバムは出ますので、“ファンの皆さんにどんなふうに届くのかな”“皆さんどんなふうに聴いてくれるのかな”という、そんなことをいつも以上に考えながら作ったアルバムです」

――たしかに、アルバム自体というか、発売される状況がいつもとは違いますね。きっと皆さん本当に楽しみにしていると思います。

「もうすでにいろんな曲をレコーディングしているんですが(編集部注:インタビュー時)、本当にすてきな曲がたくさんあります。リード曲の強烈さとは違い、とても明るい魅力を持ったものもあります。記憶に残るような曲がいろいろと収録された1枚になっていますので、楽しみにしていてください」

――先ほど、直接皆さんの前でパフォーマンスをするのは、今はなかなかかなわない…という話が出ましたが、次に日本でコンサートをするときに期待してほしいこと、楽しみにしていることを教えてください。

「僕たちは今年の2月に日本のツアーを終えて、その後は行けていないんですが、その間もたくさん曲を発表しました。次のコンサートで、皆さんの前でまだお見せできていない曲を披露できることが、やっぱり一番楽しみですね」

――それまでファンの方には、『LOVEHOLIC』を聴いて楽しみに待っていただきましょう。このアルバムは、どんなシチュエーションで楽しんでほしいですか?

「なかなか思い切り外で遊んだりもできず、もどかしさ、息苦しさを感じている方が多いと思います。でも、そんなふうに“あぁ、なんだか息苦しいな、もどかしいな”と感じたときにこのアルバムを聴いてほしいですね。パワフルで濃厚なリード曲によって、会えないもどかしさやお互いを求める気持ちを、曲を聴きながらぶつけてほしいです。他にも心がすっきりするような、痛快な気持ちになれるような、いろんな愛があふれている、そんなアルバムだと思うので」

――それは期待が高まります!

「ありがとうございまーす!」(日本語)

今の自分自身を表す言葉は?

――ここまでいろいろとお話を伺いましたが、最後にヘチャンさんが、現時点で“これがマイスタイルだ”と思えるものを教えてください。

「“まだ今学びの過程にいる20歳、まだまだ成長中のヘチャン”だと思います」

――おぉ、すごい! ご自身のスローガンみたいですね! インタビューはここまでとなります。最後に、この記事を読んでくださった方へご挨拶をお願いします。アルバムや今後の活動について、もし言い残したことがあればそちらもぜひ。

「まずは、このようにすばらしい機会、僕たちNCT 127を紹介できる場を与えてくださって、本当にありがとうございます。僕たちチームは本当に今一生懸命活動中で、ずっと成長し続けている、そんなグループですので、これからも温かく見守って応援していただけたらうれしいです。アルバムも楽しみにしていてくださいね。皆さんいつも、健康に気をつけて、幸せでいらしてください」

――こちらこそありがとうございました。アルバムの発売を楽しみにしています!

「皆さん、またお会いしましょう!(日本語) お元気で~!」

☆夏にスタートしたこの連載も、次がいよいよ最終回です! メンズノンノからの127問に対するすべての答えと、メンバー全員の今の「マイスタイル」、そしてプレイリストが出そろいます。次回更新は来年1月を予定しています。どうぞお楽しみに!

Q.グループのすてきだと思うところを教えてください

A.曲はもちろん、パフォーマンスがカッコいい

Q.自分のスタイルと一番よく合う香りは?

A.石けんの香りが好き。そんなに刺激的じゃない香りが好きです

Q.何をしている時間が一番好きですか?

A.おいしいものを食べるとき

Q.10代で一番の思い出は?

A.デビューステージ

Q.同じようなものを持っているのに、つい買ってしまうものは?

A.白と黒のTシャツをよく買ってしまいます

――NCT 127の皆さんに、メンズノンノのためのプレイリストを作っていただくこちらのコーナー、ヘチャンさんで8人目、完成間近です(上の画像をクリックすると、Apple MusicやSpotify、AWAなどのサイトに飛べるようになっています。これまでこの連載に登場したメンバーが挙げた曲もラインナップされていますので、ぜひチェックしてみてください!)。ヘチャンさんがおすすめしたいNCT 127の曲と、その他のアーティストの曲で、今のお気に入りをそれぞれ教えていただけますか。

「個人的に好きなのは、NCT 127の中からだと『Dreams Come True』という曲と、『Love Song』という曲です。どちらもすてきな曲で、僕のお気に入りです」

――ありがとうございます。『Love Song』はJOHNNY(ジャニー)さんが「雨をポジティブにとらえた歌なので好き」ということで挙げてくださっていますので、『Dreams Come True』のほうを加えさせていただきますね!

「わかりました! 他のアーティストに関しては、マイケル・ジャクソンのお話をしましたので、彼の『Human Nature』という曲をおすすめします。とってもいい曲なんです」

――これ1曲だけで大丈夫ですか? マイケル・ジャクソンへの愛が強いと思いますが…!

「ははは、ありがとうございます。そうしたらせっかくなので、ここにもう1曲、韓国で僕が好きなアーティストの曲を追加したいと思います。ユ・ジェハさんの『그대내품에(編集部訳: 君は僕の胸に)』。昔の曲なのですが、ぜひ聴いてみてほしいです」
※Apple/Spotifyでの配信

NCT 127

韓国・ソウルを拠点に多国籍なメンバーにより、グローバルな展開で活躍するボーイズグループ。今年春リリースした『NEO ZONE』は147万枚を超える大ヒットを現在も更新中。そしてファン待望のJapan 2nd Mini ALBUM 『LOVEHOLIC』 が2021年2月17日にリリースされる。NCT 127初のリード曲がラブソングという試みに期待が高まっている。 nct-jp.net

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • LIFESTYLE
  • 僕らの好きなカルチャー
  • 【#008 HAECHAN #ヘチャン】世界で活躍するNCT 127の個性的なメンバーたちが考えた。 ファッション、音楽、生き方、好きなもの…自分のスタイルって? NCT 127と探すマイスタイル

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼