▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【ショートジャケット】男を上げる、名品5選!給料日に買いたい名品図鑑 vol.15

【ショートジャケット】男を上げる、名品5選!給料日に買いたい名品図鑑 vol.15

▼ WPの本文 ▼

シンプルは深淵で、デザインの魂は細部に宿るとか…。ならば定番品こそ本当にいいものを。そこで、トレンドに囚われず長く愛せるものに目を向けるのが「名品図鑑」連載。ファッションプロを選者に迎え、第十五回目のテーマに選んだのはショートジャケット。日中は暖かくても夜はぐっと冷え込んで、季節の変わり目はなにかと難しい。そんな時に活躍するのがショートジャケット!シンプルなトップスにさらっと羽織れば様になるし、かさばらないから持ち運びやすく動きやすい。今回はそんなショートジャケットにフォーカスして、大人が着るべき名作5選をご紹介。

saby

クラシックとモダンの融合

サバイは20SSから新しくスタートしたブランド。ブランド名は”わび・さび”から着想を得た造語で、その名の通り、日本人としての美意識を再確認出来る様な物創りをコンセプトに掲げている。このブルゾンは、メンズファッションの定番として馴染み深いをG9ブルゾンを現代風に解釈した一着。尾州産のドビー生地を採用しシルクを使った滑らかなジャケットは、艶っぽい表情に仕上がっている。ポリエステルと混合で作り上げているから強度があり、実用的なのもうれしい。「ミリタリーのG9ブルゾンを現代風解釈したショートブルゾンです。クラシックとモダンが混在した雰囲気のある一着に仕上がっています。」(平山洋次/HEMT PR ディレクター)

ブルゾン(サバイ)¥50,600/HEMT PR[TEL:03-6721-0882]

  

stein for 1LDK aoyama hotel


ふかm

大人のためのコーチジャケット

1LDK AOYAMA HOTELによる別注・シュタインのショートジャケットは、シャツとコーチジャケットの中間に位置するデザインが特徴。両方の良いとこ取りで、カジュアルだけど品もある佇まいだ。中綿入りで一枚でも様になるし、着脱可能な襟やドローコードの調節によって見え方を変えて楽しむのもおすすめ。「白ティーにデニムのような、シンプルなスタイリングに合わせて欲しいです。ネックを立てる、裾を絞るなどアレンジを効かせてその日の気分で調整してみてください!」(木下誉/1LDK AOYAMA HOTEL プレス)

ジャケット(シュタイン フォー 1LDK)¥48,000/1LDK AOYAMA HOTEL[TEL:03-5778-3552]


SOE

抜け感と上品さを兼ね備えた逸品

不規則にプリーツを入れたランダムプリーツジャケット。シーム部分はノーステッチで仕上げ、ポケットやフロントファスナーなどのディティールを表に出さないミニマルな作りで、独特のシワ感が際立つ一着。生地にはコットンのナチュラルな表面感とポリエステルの軽量性、絶妙なハリ・コシと抜け感を持たせたブロードを使用しており、手触りが柔らかく、上品な光沢感がある。セットアップのパンツとセットで着るのもおすすめだ。「最近は”無地”が気分ですが、素材感で提案するとなればプリーツはうってつけかと思います。オーバーサイズのロンTにスラックス、丈感の短いこのsoeのプリーツブルゾンはスタイリング的にもおすすめ。春先のスタイリングで是非提案したいアイテムです。(稲垣大貴/alpha PR プレス)

ブルゾン(ソーイ)¥52,800/M.I.U.[TEL:03-5457-2166]

  

ATON

“優しい”ミリタリージャケット

アメリカ軍のファティーグジャケットを、エイトンらしい上品な仕立てにアップデート!無骨なミリタリーウェアを柔らかなリネン生地で仕上げることで、”優しい”ミリタリーテイストに。もちろん、ミリタリーウェアならではの機能性も搭載している。マチ付きの大きなポケットは収納力バツグンで、ポケットが斜めに配置されているから物の出し入れもしやすい。機能性とデザイン性を兼ね備えた1着だ。「リネン生地で仕立てているところと、バーガンディの色味が素敵です。ミリタリージャケットは普遍的なデザインなので、一度着なくなってもずっと廃れない魅力がありますね。」(飯垣祥大/スタイリスト)

ジャケット(エイトン)¥64,900/エイトン青山[TEL:03-6427-6335]


URU

モダンタイムス

上品な大人顔ブルゾン

ウルのフライフロントブルゾンは、さらりとした手触りが涼しげだ。フロントの比翼仕様や一重仕立てなど、シンプルで軽さのある雰囲気が特徴的な一着。身幅が広くてアームが立体的なので、ジャストなサイズ感ながらゆったりと着られるのも嬉しいポイント。美しい光沢感で、羽織るだけでコーディネートを上品に仕上げてくれること間違いナシ。「肌触りがよいのでこれからの時期にぜひおすすめしたいです。ブルゾンですが、シャツ感覚でラフに着用できるのも今のムードにぴったりですね。」(西澤祐哉/STUDIO FABWORK PR)

ブルゾン(ウル)¥39,600/エンケル[TEL:03-6812-9897]


Photos:Yoshio Kato Stylist:Atsuo Izumi Composision&Text:Takako Nagai

▲ WPの本文 ▲

名品図鑑

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼