▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

給料日に買いたい名品図鑑 vol.4【メガネ】今こそ選びたい秀逸なプロダクト、5選!

給料日に買いたい名品図鑑 vol.4【メガネ】今こそ選びたい秀逸なプロダクト、5選!

▼ WPの本文 ▼

シンプルは深淵で、デザインの魂は細部に宿るとか…。ならば定番品こそ本当にいいものを。そこで、トレンドに囚われず長く愛せるものに目を向けるのが「名品図鑑」連載。ファッションプロを選者に迎え、第四回目のテーマに選んだのはメガネ。顔の一部とも言えるメガネは、誰に会ってもまず最初に注視されるアイテムだし、その人のスタイルやこだわりを無言で語るアイテム。洗練されたデザインのこだわり抜かれた一本を選べたら、大人としての審美眼も信頼されるはず。

 

kearny

職人の手作業から生まれる、セルロイド製

眼鏡産業のいち時代を支えた職人技を後世に残したい想いから、一意専心に手作りを続ける東京のブランド、カーニー。セルロイド製フレームは、レーザーカットができない素材のために人の手で丹念に作られたもの。古き良き存在感が魅力だ。中でも60s~70sに愛されたボストン型をファッション通にリコメンドしたい。「セルロイド製のメガネを作れる職人は世界的にほとんどいなくなってしまっているそう。そこでこのカーニーのメガネ。プラスチックにはない色の深みと肌に馴染むかけ心地が凄くいい。独特なツヤ感には色気も感じるので、スウェットやパーカーなどあえてラフな服に合わせたいですね。気取らないスタイルの中にこだわりを出すのも、今のムードだな、と」。(西澤祐哉/ENKEL プレス)

メガネ(カーニー)¥35,000/feets フィート[TEL:03-3719-1550] 

  

MYKYTA

「美とテクノロジーの融合」がテーマ

卓越した技術でアイウェアを製作する製造するベルリン発のブランド。バウハウスの系譜を存分に感じられる機能美が特徴で、ミニマルで洗練されたデザインを堪能できる。ネジを一切使わないヒンジの構造は、メガネ通が見たら一目でマイキータだと分かる独自の構造。0.5mmの薄手のシートメタルの素材との組み合わせによってバネ性を確保しテンプルの広がりなども軽減してくれる。「もともと好みのウエリントンシェイプ。新しい一本を探していた中で、このフレームには惹かれました。少し大きめのシェイプが新鮮なムードをまとっているんです。マットブラックのテンプルによる、クールでモダンな表情もいい。どこか落ち着いた雰囲気が魅力です 」。(根本茂行/コンティニュエ プレス)

メガネ(マイキータ)¥54,000/コンティニュエ[TEL:03-3792-8978]

   


CUTLER AND GROSS

エフォートレスな、べっ甲柄の名品

カトラー アンド グロスは、1969年創業の言わずと知れた老舗ブランド。クラシックで繊細ながも、どこか抜け感のある独特なデザインが支持されてきた。こんな落ち着いた色味のべっ甲柄フレームは日本人の肌にも馴染むから、一度トライしてみて欲しいところ。「カトラーの眼鏡はいい意味で決まりすぎない。肩肘張らずにデイリーでかけられるところが正に名品だと思っています。コレはブランドの定番とも言えるクラシックなシェイプですが、やや大きめの作りで、かけた時のサイズ感が面白い。かつ、フレームの角が立ったエッジの効いた仕上がりはエレガントな雰囲気でメゾンブランドのアイウェアのような佇まいもある。気取らないのに、モードな仕上がりだから不思議なんでよすね」。(矢澤直人/ブリンク マネージャー)

メガネ(カトラー アンド グロス)¥42,000/ブリンク外苑前[TEL:03-5775-7525]

  

i.enomoto

無機質なのに、味がある、チタンフレーム

ミニマルなデザインと品質の高さで注目を集める気鋭の東京ブランド。インダストリアル感がありながら洗練された絶妙なバランスが特徴だ。フロントはチタン、テンプルはβチタンの削り出しで肉厚でも軽量かつ丈夫。艶が出過ぎない表面の加工や、眼鏡をかけた時に自然と顔幅にあわせてしなるテンプル、耳元にフィットするのセル素材と、細部までこだわり抜かれた逸品。「いつも展示会に足を運んでいますが、製品のクオリティは世界的に見てもトップクラスだと断言できます。一見、難しそうな大振りなラウンドシェイプですが、かけてみると非常に知的でスタンダードな印象に仕上がるのが素晴らしい。現代的かつ品もあるんですよね。もちろん、掛け心地も最高です」。(古明地 拓朗/レショップ マネージャー)

メガネ(アイ エノモト)¥40,000/ブリンク外苑前[TEL:03-5775-7525]

  


eyevan 7285

身に着ける、工芸品

製造行程に技術的な制限を設けず、過去に捉われない自由な発想で、メガネを作るeyevan7285。鯖江でも特に高い技術を持つ職人の手作業で、約400工程もの作業を経て丁寧に作り上げているから細部まで非常に技巧的だ。この一本も、彫刻の入ったブリッジや、メタルとセルをコンビで使用したフレームなど、美しくファッション性の高いデザインが特徴。「2年ほど前、知人がかけているのを見て一目惚れ。スタイリッシュで綺麗な眼鏡だから、セットアップに合わせて大人らしく凛とした雰囲気を演出したいですね。逆に、デニムなどのカジュアルなスタイリングを合わせてギャップを楽しんでも良さそう。ちなみに、eyevan7285は眼鏡ケースまでかっこいいんですよ(笑)」。(金山大成/MNFC)

メガネ(アイヴァン 7285)¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ[TEL:03-3409-7285]


Photos:Yoshio Kato Stylist:Atsuo Izumi Composision&Text:Takako Nagai

▲ WPの本文 ▲

名品図鑑

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 憧れブランド
  • 給料日に買いたい名品図鑑 vol.4【メガネ】今こそ選びたい秀逸なプロダクト、5選!

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼