▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

「無難な選択ばかりしていた」俳優・大谷亮平、人生の転機は3回断ったオーディション【ロングインタビュー/前編】

「無難な選択ばかりしていた」俳優・大谷亮平、人生の転機は3回断ったオーディション【ロングインタビュー/前編】

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

「若い人にああしろ、こうしろって言うの、嫌いなんですよ。人によって環境も考え方も違うじゃないですか。結局、自分で探りながら決めていくしかないんで。僕自身も昔は大人の言うこと聞かなかったし……聞くことは聞いたか。参考にしなかっただけですね。ひねくれ者なんです、ちょっと(笑)」

インタビューの趣旨を伝えると、そう語りながら苦笑いを浮かべた。ジャンルにとらわれず幅広い役をこなし、数々のヒットドラマに出演してきた大谷さんだが、日本でのドラマデビューはわずか6年前の2016年。韓国で俳優デビューし“逆輸入俳優”となるまでの経緯を詳しく聞いた。

  

バレー一色の青春時代。
挫折のおかげで人の痛みを知った

物心がついたときから体を動かすことが大好きだったという大谷さんは、小学4年生のときに始めたバレーボールで才能が開花。スパイカーとして高い評価を受け、中学、高校、大学をスポーツ推薦で入学した。

「中学時代、一気に身長が伸びたんですよ。スパイカーとして高く評価されて、かなり天狗になっていましたね。やる気満々で強豪校に進学したものの、桁違いなレベルの高さにあ然。全国から集められた選手たちに全くついていけず、完全に打ちのめされました。

もちろん悔しかったけど、スポーツは実力が数字として出るものだから、認めざるをえない。誰にじゃまされたわけでも、弊害があったわけでもないですから。でも、その経験があってよかったなと思います。おかげで立場が弱い人、何かを諦めた人の気持ちがわかるようになったので。

大学でもバレーは続けていましたが、完全に惰性でしたね。夢も目標もなかったけど、バレー以外に何をしたらいいかわからなかったんです。勉強なんてしてこなかったから受験は無理、かといってまだ働きたくない。なんとなく大阪を出たくて、上京しました」

  


やりたいことがないから就職しない。
のんきな学生でした(笑)

「とりあえず大学に行けば、また何かが見つかるかもな」。そんな大谷さんの淡い期待はかなうことなく、あっという間に4年が経過する。

「パッと振り返って、際立った思い出がひとつもないんです。大学4年間。まぁ、何もやる気がなかったし……あんな生き方していたら当然かな。将来やりたいことも見つからず、なのにサラリーマンになるのは違うな、という確固たる自信があって。卒業後はフリーターとして、バイトを何個か掛け持ちして暮らしていました。

友達はみんな就職しましたが、不思議と不安はなかったですね。両親も放任主義というか自由にさせてくれるタイプで、注意されることもなかった。このまま何も見つからなかったら体育教師にでもなろうかな、と考えていた記憶があります。当時は教師不足だったから。今だったら、あんなにのんきにはいられなかったですね(笑)」

  


とんとん拍子でモデルデビュー。
でも、なんだか物足りなかった

いつものようにバイト先のひとつ、喫茶店で働いていたある日のこと。大谷さんの転機のきっかけとなるモデルの仕事に誘われる。

「バイト先の先輩で、彼自身もモデルをしていて。すごくかっこいい人でしたね。当時の僕はモデルの世界なんて全く知らないし、男性モデルなんて185cmくらいないと無理だと思っていたんです。そう伝えたら、“普通の体型の人もたくさんいるから、大谷くんなら絶対いけるよ”と乗せられて(笑)。半信半疑でしたが、モデル事務所の人と会ったらすんなり決まりました。

初めての仕事は広告でした。訳もわからず撮影を終えてモデルになった実感もなかったけど、ある日電車に乗ったら自分の写真があって。うれしかったですね。以降、広告やファッション誌などの撮影がちょこちょこ入るように。当時メンズノンノで活躍していたモデルともよく一緒に働いてたんですよ。懐かしいな。

そこそこ楽しかったけど……モデルを絶対に続けたい! とまでは思わなかったです。それまでスポーツっていうめちゃめちゃ熱い世界で、号泣したり大喜びしたり激しい感情の起伏を体験してきたじゃないですか。それと比べると正直、物足りなかった。今考えれば、全く違う世界だから違って当然なんですけどね(笑)」

  


人生が変わったオーディション
実は3回、断りました(笑)

「偉そうですが、他にやりたいこともなかったので」。そんな調子でモデルを続けて数か月がたったとき、いつものように事務所からオーディションの連絡を受けたそう。

「なぜだったか、オーディション当日に連絡が入って。外出先だったから断ったんです。そのあとも同じオーディションの連絡が2回あったんですけど、毎回予定が合わなかった。3回目を断ったときに、“先方がどうしても会いたいと言っているから”と説得されて、しぶしぶ向かいました。

監督は韓国にいると言われて、その日は動画だけ撮影して終了。後日、合格の連絡を受けたときに、韓国に加えて台湾や香港でも同時に放送される超大がかりなCMの企画だと知って驚きました。

すぐに撮影のために韓国に向かうことになったんですけど、出発直前になってパスポートが切れてることが判明(笑)。確実に間に合わないし諦めたんです。でも、監督がどうしても僕がいいと粘ってくださって。急いでパスポートを再発行して韓国に向かいました」

  


明洞の若者に囲まれ大騒ぎに!
ブレイクは不思議な感覚だった

そうして完成したのが、『ダンキンドーナツ』のテレビCM。韓国では歴代スターを軒並み起用してきた有名なCMで、大谷さんの出演作も一日中、数えきれぬほど放送されたそう。

「“なぜ僕が?”と不思議でしたね。あとあと聞いた話では、あえて無名の新人を起用して“これ誰?”という話題性を集めるのが監督の意図だったそう。数か国で放送されるため、パッと見で国籍がわからない顔を探していた監督のお眼鏡にかなった、ということらしいです。

帰国後に契約の関係でまた韓国に行くことになりまして。すでにCMは放送されていたけど、日本にいる僕の生活は全く変化なし。現地のスタッフさんから“街に出たら大騒ぎになるから、気をつけてね”と言われて、“まさか”と軽く受け流したんですが……本当でした。

明洞(ミョンドン)に着いて車を降りたら、ぶわーっと一瞬で人だかりに囲まれて。みんな僕の名前を知らないから、“ダンキン!”って連呼されながら、ポカンとしていました(笑)。喜んだり感動したりする余裕なんてなく……ただただ不思議な感覚でしたね」

  


無難な選択ばかりしてきた人生。
初めての冒険が渡韓だった

意図せぬ大ブレイクという映画さながらの奇跡を体験した大谷さんは、当時23歳。幸運の連続に背中を押されるように、大きな決断を下す。

「CMを機に次々オファーをいただき、撮影のたびに渡韓する生活が続いて1年後くらいかな。現地のエージェントから“キミを韓国で育てたい”と連絡があったんです。家も語学学校も全部用意するから体ひとつで来てくれ、と。断る理由なんてどこにもなく、なんの迷いもなく行きました。

すでに知名度があったし、行けば何とかなる! という感覚でした。実際、行ったらめちゃめちゃ楽しかった。撮影では毎回ハイファッションの服を用意してもらって、いろんなイベントやパーティに招待されて。学生時代はバレー漬けで一切遊んでこなかったから、なおさらですよね。毎日が刺激的で、新しい人生が始まったような感覚でした。

あのときオーディションに参加していなかったら……と考えるとゾッとします。パスポートのトラブルもあったし、マジであぶなかった!(笑) 僕はバレーをやめられなかったこと、大学進学など、振り返ると無難な選択ばかりしてきたんです。唯一、後先を考えずに決めたのが渡韓。無謀な決断が正しいとは言えないけど、冒険する大切さは確実にあると思いますね」

  

>>韓国での俳優デビューや帰国を決意した経緯、そして20代の後悔、読者へのメッセージを語ってくれた後編は1/9公開!

大谷亮平

おおたに・りょうへい●1980年10月1日生まれ、大阪府出身。大学卒業後、東京でモデルとして活動をスタート。2003年に放送された『ダンキンドーナツ』のCMへの出演をきっかけに、韓国でブレイク。2004年に拠点を韓国に移し、2006年に『ソウルメイト』で俳優デビュー。数多くのドラマや映画に出演する。2016年に帰国し、同年『ラヴソング』で日本のドラマデビューを果たす。『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)、『奪い愛、冬』(2017年)などで注目を集め、わずか5年で20作以上のドラマに出演。2020年、舞台初出演を果たした『ボディガード』の公演が2022年1月より再演する(1月21〜31日:梅田芸術劇場、2月8〜19日:東京国際フォーラム)。

ジャケット(ユーゲン)¥132,000/イデアス[TEL:03-6869-4279] ニット(グランサッソ)¥24,200/エスディーアイ[TEL:03-6721-1070] パンツ¥33,000/マッキントッシュ青山店[TEL:03-6418-5711] 靴¥72,600/パラブーツ青山店[TEL:03-5766-6688]

Photos:Teppei Hoshida Hair & Make-up:Ryo  Stylist:Masashi Sho Composition & Text:Ayano Nakanishi

▲ WPの本文 ▲

大谷亮平ロングインタビュー

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • LIFESTYLE
  • 20代男子の悩み
  • 「無難な選択ばかりしていた」俳優・大谷亮平、人生の転機は3回断ったオーディション【ロングインタビュー/前編】

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼