▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

最高にリラックスできる、6冊の本[癒してくれるもの、必死で探しました!]

最高にリラックスできる、6冊の本[癒してくれるもの、必死で探しました!]

▼ WPの本文 ▼

外出も飲み会もダメ、イベントも中止・・・。抱えたストレスをなかなか晴らせない世の中。もう限界だ! というキミのために、癒しを与えてくれるものをピックアップ。今回は、「BOOK編」をお届け!

マンガにアプリ、香りまで。
癒してくれるもの必死で探しました

BOOKS

忘れられない一節や、ポジティブになれるイラスト…ここには、そんな心に寄り添う作品を集めた。ぜひ手に取ってみてほしい!

 

見えないルールは忘れちゃおう

『今日も言い訳しながら生きてます』
/ハ・ワン

客観的な視点にとらわれて
生きるのではなく、
少しは主観的に生きてみたら
どうだろう?

『あやうく一生懸命生きるところだった』が大ヒットした著者の2作目。36の言い訳が載っていて、少しくらい自分本位で生きてもいいや、と思わせてくれる。

「言い訳」ごとに描かれている、著者のゆるいイラストにも心がほどける。¥1,595/ダイヤモンド社

 

自分を褒めてあげたくなる

『ライオンのおやつ』
/小川 糸

ありのままの自分を
丸ごと受け入れて、
醜い部分も、
未熟な部分もすべて認めて、
素直になろう。

『ツバキ文具店』などを生み出した著者による作品。がんで死を間近に控えた主人公が、最後にホスピスで過ごす時間を丁寧に描く。2020年度本屋大賞第2位。

人生の残された時間、もっと正直に生きようと変化していく主人公に胸が熱くなる。¥1,650/ポプラ社

 


ネガティブな気持ちから解放される

『やさ村やさしの悩みを手放す
108の言葉』
/パントビスコ

SNSで多数のフォロワーを抱えるクリエイター・パントビスコ氏による書籍。オリジナルキャラクター「やさ村やさし」が気持ちを上向きにする言葉をくれる。

別のキャラクター「キビ島キビシ」がハードなひと言で激励するページもあり。¥1,320/主婦の友社

 

ちょっとした悲しみを共有できる

『悲熊』
/キューライス

いつでもどこでも、どんなことに対しても悲しくなってしまう熊、「悲熊」。日常の小さな悲しみには思わず「わかる!」とうなずいてしまう。切ないけど笑える作品だ。


NHKでドラマにも。LINEマンガで無料連載中。電子書籍版 ¥990/LINEマンガ ©Q-rais/LINE Digital Frontier

 

心温まる言葉に救われる

『優しい人には優しい出来事が
ありますように。』
/もくもくちゃん

SNSを中心に大きな人気を集めるイラストを、初めて書籍化した1冊。頑張る人や落ち込む人をそっと包み込む「優しい世界」が、たくさんの支持を得ている。Twitterでイラストを連載中だ。

掲載したイラストは、涙がいつか自分を成長させてくれるかもと思える。¥990/ワニブックス


 

MODEL’S CHOICE!

▶︎ 中川’S CHOICE!

『よつばと!』/あずまきよひこ

「主人公の『よつば』と『とーちゃん』のやりとりが平和。日常を切り取っている作品で楽しい気持ちに。絵も癒されます!」

最新は15巻。¥770/KADOKAWA
©KIYOHIKO AZUMA/YOTUBA SUTAZIO

 

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼