▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【ポロシャツ】一枚は欲しい名品5選!給料日に買いたい名品図鑑 vol.18

【ポロシャツ】一枚は欲しい名品5選!給料日に買いたい名品図鑑 vol.18

▼ WPの本文 ▼

シンプルは深淵で、デザインの魂は細部に宿るとか…。ならば定番品こそ本当にいいものを。そこで、トレンドに囚われず長く愛せるものに目を向けるのが「名品図鑑」連載。ファッションプロを選者に迎え、第十八回目のテーマに選んだのはポロシャツ。男性の春夏アイテムとして定番のポロシャツだが、テキトーなものを選ぶと “休日のお父さん” 見えしてしまう危険性も…。そこで今回はファッションプロに、デザイン性・着心地ともに優れた名品ポロシャツをレコメンドしてもらった。これを読んでぜひ夏に向けて備えて欲しい。

NICENESS

ドレープが生む上品な佇まい

ナイスネスのポロシャツは、しなやかで上品な佇まいが魅力。シルク糸とコットン糸をブレンドして編み立てた生地を使用し、サラリと優しい肌触りだ。長めの着丈がドレープを強調し、エレガントな印象を演出してくれる。タックアウトしてジャケットなどとのレイヤードを楽しむのもおすすめ。「カジュアルな印象の強いポロシャツですが、このアイテムは非常に上品な印象で着用できます。ややムラの残る染め上げの独特な雰囲気も好きですね。」(河野大地/O代官山スタッフ)

ポロシャツ(ナイスネス)¥26,400/O 代官山 3号店[TEL:03-6455-2033]

LACOSTE


ふかm

元祖にして完成形

ポロシャツの定番として絶対に外せないのが、ワニのロゴマークでお馴染みのラコステ。実はポロシャツの生みの親であり、鹿の目編みや袖リブといったポロシャツの定番ディティールはラコステが考案したもの。1933年のブランド誕生以来上質な素材とデザイン、高い機能性で愛され続けており名品と呼ぶに相応しい一着だ。「着る人がどんなサイズやカラーリング選ぶかによって、イメージをガラッと変えられるのが魅力。春はカーディガンを羽織ってカジュアルなパンツを合わせるのが気分ですが、もう少し暖かくなったら一枚でサラッと着たいです。」(青木 万希也/シック PR)

ポロシャツ(ラコステ)¥14,300/ラコステお客様センター[TEL:0120-37-0202]

  


DAIWA PIER39 

日常にフィットする高機能ポロシャツ

フィッシングメーカーのダイワが2020年春にスタートした新ライン、ダイワ ピア39のコンセプトは「大自然と都会をシームレスに繋ぐ架け橋」。フィッシングウェアの分野で培ってきた技術を存分に活かした、機能的で日常にも馴染むアイテムが人気を博している。このポロシャツは非常に軽く、ハリ・コシのある生地感が特徴。特殊な編み立てによりストレッチ性が生まれ、着心地も楽チンだ。「今話題のダイワ ピア39のテックポロシャツがおすすめです。今っぽいオーバーサイズのシルエットながら軽くてストレッチ性があり、着心地がとてもいいんです。」(櫻木 辰知/ムロフィス プレス)

ポロシャツ(ダイワ ピア39)¥13,750/グローブライド[TEL:0120-506-204]

  

handvaerk

高品質のまじめなポロシャツ

2013年にニューヨークでスタートしたハンドバークは、生産を全て自社工場で行い、一貫した製品管理で高品質なアイテムを生み出すカットソーブランド。このポロシャツにはブランド独自に開発した上質で柔らかいコットンピケを使用しており、一度着るとやみつきになる優れた着心地に加え、品の良い光沢感が魅力。スポーティーなポロシャツを都会的に昇華させた上品なルックスはどんなコーディネートにも馴染むこと間違いなし。「上質感がありサラサラの素材、大人が着るべきポロシャツです。いい歳になり、よくある鹿子編みのポロシャツは休日のお父さんに見えてしまったり、ビッグサイズを選んでもストリート風になりすぎたりと、難しい。そこで、ハンドバーグの綺麗な素材が丁度よかった。色目のバリエーションもいいですよ。グレイッシュな黒や、フェード感のある青色など、柔らかなカラーが揃っています」。豊島猛/スタイリスト)

ポロシャツ(ハンドバーク)¥13,200/ビショップ[TEL:03-5775-3266]


JOHN SMEDLEY

モダンタイムス

英国の職人技が光る名品

ジョン スメドレーのニットポロに袖を通せば、その肌触りに感動すること間違いなし。高品質な超長綿を細かく編み上げた生地は、チクチクする感触とは無縁の極上の滑らかさだ。素材だけではなく襟の大きさや角度、ゆったりとしたシルエットなどディディールもこだわり抜かれており、英国のクラフトマンシップを感じる一着。まさに大人が着るべき名品だ。「ビジネススタイルにもうってつけのアイテムですが、個人的にはワイドなスラックスやチノパンと合わせてリラックス感を持たせたいです。3つボタンを全部開けてインナーを見せてみたり、自分らしい着こなしを楽しんでください!」(田中 望/レボリューション PR) 

ポロシャツ(ジョン スメドレー)¥28,600/リーミルズ エージェンシー[TEL:03-5784-1238]

Photos:Yoshio Kato Stylist:Atsuo Izumi Composision&Text:Takako Nagai

▲ WPの本文 ▲

名品図鑑

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼