▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

『劇場版 呪術廻戦 0』公開記念!  カウントダウン声優インタビュー 【Vol.2 小松未可子(禪院真希役)】

『劇場版 呪術廻戦 0』公開記念!  カウントダウン声優インタビュー 【Vol.2 小松未可子(禪院真希役)】

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

大人気テレビアニメシリーズの前日譚を描く、『劇場版 呪術廻戦 0』が12月24日に公開する。本作は、テレビシリーズで描かれる物語の1年前の呪術高専を舞台に、幼い頃に幼馴染に呪われてしまった少年、乙骨憂太が主人公の物語。今回、映画公開を記念して、メインキャラクターを演じた6人の声優に、劇場版にまつわる特別インタビューを敢行。公開日に向けて一日一人ずつ、彼らの“声”を届ける。Vol.2は、禪院真希役の小松未可子が登場!

小松未可子(禪院真希役)インタビュー 禪院真希の絵柄とともに 

自分だけを信じてきた真希を
初めて肯定してくれたのが
乙骨かもしれない

──『劇場版 呪術廻戦 0』で再び呪術高専のメンバーが集結します。久々の収録だと思いますが、いかがでしたか?

テレビシリーズも(狗巻)棘とパンダと真希の同級生三人のシーンから始まり、棘とパンダがワイワイ盛り上がっていたり、パンダと真希で言い争っていたり、賑やかなシーンはあるけど、三人で掛け合う時間はそこまで多くなくて。劇場版では、棘とパンダと真希での軽快なやりとりがじっくりできて、すごく楽しかったですね。

小松未可子(禪院真希役)インタビューカット

──“2年ズ”のノリは、見ていてニヤニヤしちゃうくらい面白いです。

ふふふ、そうですよね。だいたいパンダがけしかけて、棘が茶化して、真希がツッコむという流れができていて。劇場版でも同じく、パンダを演じる関(智一)さんがセリフを面白く振ってくるので、真希として、私がどれだけそのノリに乗っかりながら、どれくらい返せるか、反撃できるかっていうところを重視していました。彼らは、本当にいいコンビネーションを持っている仲間ですよね。

小松未可子(禪院真希役) インタビュー中 横顔

──この三人が集まるといろいろ期待してしまいますね。姉御肌でクールな印象の真希ですが、何か彼女らしさを意識して演技をされましたか?

劇場版はテレビシリーズより1年前を舞台にしているのですが、呪術高専での一年間って普通の高校生活より濃密で、いろいろな経験をすると思うんです。もともと大人びていて、アグレッシブな部分を持っているけど、本作の方がテレビシリーズのときより、言われたことや起きたことに対する反応に少し若さや勢いを感じられるように意識しました。

呪術廻戦 禪院真希

──その若さや勢いを感じられるシーンとは?

本作で初めて登場する主人公の乙骨憂太との掛け合うシーンに表れています。真希は、呪術界の名家である禪院家の女の子ですが、生まれつき呪力がありません。そのため、一族の中でつらい思いをしながら育ち、自分のみを信じ、弱みを表に出さず、つねに心を強く持って己を鼓舞しながら生きてきたと思います。
そこに突然現れた乙骨は、怖いものは怖い、わからないものはわからないと、ある意味弱さを見せ続ける。弱いなりに心情を正直に表現できる強さを目にした真希は、彼の中にもどかしさを感じ、強くぶつかってしまうんです。予告映像にもありますが、乙骨に「オマエ マジで何しにきたんだ 呪術高専によ!!」と問いただすシーンは、赤裸々にぶつけた真希の本心が、彼の心に変化をもたらすという、物語のひとつの核にもなっているんです。

小松未可子 インタビュー 全身 呪術廻戦

──二人に強い絆を感じますね。

乙骨に対して、真希が「私でもイジメる」なんて軽口を言うところもあるのですが、それは気にかけている証ですよね。棘やパンダといった仲間はいるけれど、今まで自分だけで生きてきた彼女にとって、素直に接して、憧れや尊敬の気持ちを持ってくれているであろう乙骨は、初めて自分のことを肯定してくれた人間かもしれませんね。

緒方さんが乙骨にリアルな人物像を
与えてくださったから
全力でぶつかっていけた

呪術廻戦 乙骨憂太

──乙骨役の緒方(恵美)さんとの収録はいかがでしたか?

緒方さんと一緒に収録できたことは、大変うれしかったですし、真希を演じる上で大きな助けとなりました。予告映像を観た方も、劇場版のあらすじを読んだ方も、それぞれの乙骨像を持っていると思います。呪いのことを何も知らないという点では虎杖悠仁と同じだけど、呪術高専にいる理由も違うし、自分の境遇に対する葛藤も異なります。

小松未可子(禪院真希役) インタビュー中 表情 呪術廻戦

乙骨は一見気弱に見えるけど、他者に見せている自分と内に抱えている感情は違うと思うんです。緒方さんが演じることで、人に対して心優しい部分や生き方に葛藤する部分、謎めいた不気味さをはらむ部分が共存している乙骨像に圧倒的な説得力が生まれています。それにより、私も真希として気持ちを込めて、全力で対峙することができました。

小松未可子(禪院真希役) インタビュー 呪術廻船 笑顔 声優

──キャラクターとして、本当の気持ちをぶつけ合ったシーンを見るのが楽しみです! 小松さんのおすすめのシーンは?


アクションたっぷりのバトルシーンが見どころです。予告映像を観て、多くの方がいろいろと脳内補完をしていると思いますが(笑)、みんなが迫力ある戦いを繰り広げています。乙骨を呪い、取り憑く特級過呪怨霊の(祈本)里香ちゃんもすごいですよ〜。呪術廻戦の世界観にたっぷり浸れる作品になっているので、大きなスクリーンで楽しんでほしいです!

Vol.3に続く


『劇場版 呪術廻戦 0』

幼い頃に亡くした幼なじみ・祈本里香の呪いに苦しむ乙骨憂太。最強の呪術師・五条 悟に導かれ東京都立呪術高等専門学校に編入した乙骨は、同級生の禪院真希・狗巻 棘・パンダと出会い、過ごす中で、自ら里香の呪いを解くことを決意する。そんな彼らの前に、かつて一般人を大量虐殺し高専を追放された最悪の呪詛師・夏油 傑が現れる。

監督:朴 性厚
脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:平松禎史
副監督:梅本 唯
制作:MAPPA
声の出演:緒方恵美、花澤香菜、小松未可子、内山昂輝、関 智一、中村悠一、櫻井孝宏、ほか

●2021年12月24日より、全国公開

© 2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 ©芥見下々/集英社

Photos:Kanta Matsubayashi Hair & Make-up:Kanako Matsumoto Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼