▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

宮沢氷魚が着こなすLevi’s®︎ Red「クリーンなワークスタイルの最新形を追え」②

宮沢氷魚が着こなすLevi’s®︎ Red「クリーンなワークスタイルの最新形を追え」②

▼ WPの本文 ▼

1999年にはじめて登場し、爆発的な人気を誇った「ヨーロッパデザインのアメカジ」=Levi’s®︎ Red(リーバイス® レッド)が、2014年以来7年ぶりとなるコレクションをリリース。2003年に発表したワークウエアにインスパイアされたシリーズをモダナイズしたもので、立体裁断を代表とする革新的なデザインの意匠はそのままに、履き心地や快適さ、サステイナブルを意識したコレクションになっている。着こなしたのは我らが宮沢氷魚。全2回の「クリーン×ワーク」最新スタイル、第2弾をお届けする。

Style4

絶妙な色落ち感とワークスタイルの王道「ダブルニー」
ほどよい太さのルーズストレート

Jeans:WORKWEAR LOOSE STRAIGHT

Levi’s®︎ Redが今回展開するのはワーク×クリーン。「ワークウエア ルーズストレート」と名付けられたジーンズは、ワイドすぎないいいバランスの太さが野暮ったく見えず、まるでコットンのような風合いに仕上げたヘンプを混紡した地球に優しい素材を使っている。そしてワークパンツでよく見られるフロントの生地補強=ダブルニーがデザインとしていいアクセントになっている。名モデル「タイプ1 トラッカージャケット」をベースにしたジャケットとのデニムセットがとにかく様になる! 

Tシャツ ¥4,400・パンツ ¥24,200・手に持ったジャケット¥30,800(すべてLevi’s®︎ Red)/リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社
その他/スタイリスト私物

Style5

インディゴに劣らない別の魅力
キーカラーは「ゴールドオーカー」

Jeans:502™

Levi’s® Redのコレクションで提案されているメインカラーは、濃淡のインディゴ、ワークスタイルでよく使用されるオリーブとこのゴールドオーカーだ。ブラウンとイエローの中間のような印象的な色合いはカラージーンズとしてまた違った魅力を放つ。同色のTシャツをタックインし、オフホワイトのワークシャツをアウター感覚で羽織れば、定番の組み合わせながらモダンな空気感が生まれる。

シャツ ¥9,900・Tシャツ ¥4,400・パンツ ¥13,200(すべてLevi’s®︎ Red)/リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社
その他/スタイリスト私物

Style6

気負わずさらりとチャレンジしたい
オーバーオール」は黒で締める

Jeans:OVERALL

縦感のあるすとんとしたフォルムのオーバーオールはワイドすぎないシルエットがうれしい。深いインディゴカラーを選択し、コーデで合わせたのはプレーンなTシャツとレザーシューズ。どちらも黒で締めればスタイリッシュに着こなせる。ややサイドに配したヒップポケットや、ペインターポケットなど、ディテールにも雰囲気たっぷり。クリーンなデザインと配色でワークの印象が変わるので、ぜひトライしてほしい。

オーバーオール¥17,600・Tシャツ ¥4,400(すべてLevi’s®︎ Red)/リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社
靴 ¥77,000/パラブーツ 青山[TEL : 03-5766-6688]

ABOUT Levi’s®︎ Red

Levi’s®︎ Red(リーバイス®︎ レッド)のスタートは1999年。リーバイス®︎ ヨーロッパのデザインチームによるプロジェクトは、世界で初めて立体裁断シルエットを採用したコレクションを発表した。リジットの501®︎を穿き込むうちに生まれる「ねじれ」をデザインしたものとして、たちまち大ブームになった。ジーンズのオーセンティックを作ったリーバイス®︎が自ら実験的で革新的なデザインを打ち出したことはファッション界に大きな影響を与えている。今回のコレクションは2003年に発表されたワークウエアにインスパイアされたコレクションを、現代にアップデートしたもの。

問い合わせ先

リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社
0120(099)501
levi.jp

Photos:Riki Yamada Hair & Make-up:TARO YOSHIDA[W] Stylist:So Matsukawa[TRON] Model:Hio Miyazawa [MEN’S NON-NO model] 

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼