▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【革靴】男を上げる、名品5選!給料日に買いたい名品図鑑 vol.12

【革靴】男を上げる、名品5選!給料日に買いたい名品図鑑 vol.12

▼ WPの本文 ▼

シンプルは深淵で、デザインの魂は細部に宿るとか…。ならば定番品こそ本当にいいものを。そこで、トレンドに囚われず長く愛せるものに目を向けるのが「名品図鑑」連載。ファッションプロを選者に迎え、第十二回目のテーマに選んだのは革靴。洗練された大人の男を目指すなら、一生モノとして長く愛せる一足を選ぶべし。ファッションのプロが選ぶ、名品5選をご紹介!

foot the coacher

他と差がつく、モダンな定番靴

最も定番的なブラックのプレーントゥを手に入れるなら、フットザコーチャーが見逃せない。高級感がありながらも、フォーマルだけでなくカジュアルに映えるデザインが特徴だ。丸みのあるノーズや、張り出しだコバ、丹念に仕上げられたホールと、細部まで行き届いたデザインが、他にはない存在感を生んでいる。耐久性に優れ、ソール交換も比較的簡単に行う事が出来るグッドイヤーウェルト製法を取り入れており、育てるように末長く履き続けられる一足。「シンプルなデザインですが、どんなコーディネートとも合わせやすい逸品です。個人的にはかっちりとしたジャケットスタイルと言うよりは、着崩したスタイルに合わせるのが今の気分。例えば、ワイドなパンツスタイルなんかもいいですね」。(稲垣 大貴/アルファ プレス)

靴(フット・ザ・コーチャー)¥44,000/ギャラリー・オブ・オーセンティック[TEL:03-5808-7515]

  

SANDERS

ふかm

気取らず履ける、名品チャッカブーツ

サンダースのチャッカブーツは、50年以上前から続く時代を超えた定番品。アッパーを巻きつけるようなソールデザインと、スウェード素材の柔らかい佇まいが魅力的な一足だ。「マッドガード製法」という水や泥を除けることを目的とした製法で作られているから、多少の雨でも気軽に履くことができる。「雨に強く、擦り減ったソールは修理で直すことができるため、長年愛用できる逸品です。ワークテイストからカジュアルはもちろん、キレイめなセットアップスタイルにもオールマイティにキマります」。(飯垣祥大/スタイリスト)

靴(サンダース)¥43,000/グラストンベリー ショールーム[TEL:03-6231-0213]

 


RED WING

今履きたい、ソリッドなワークブーツ

高品質なワークブーツに定評のあるレッドウィング。90年代にストリートシーンで一世を風靡した名品を、今、改めてファッションとして取り入れるのが粋だ。硬派なビジュアルと履き心地の良さが魅力で、スーパーソール製法という独自の製法によって高品質なオイルドレザーを使用しながらも低コスト化と軽量化を実現している。ウレタンソールはクッション性・グリップ力に優れ、タウンユースでも快適に過ごせるのが嬉しい。「この革靴の魅力はまず値段。独自の技術により、低コストで高い品質を実現しています。ブラックデニムはもちろんマッチしますし、機能素材のパンツやスウェットパンツのような気楽なウェアを合せるのも今のムード」。(阿部聖也/エディフィスPR)

ブーツ(レッドウイング)¥28,700/417 エディフィス 渋谷[TEL: 03-5456-6971]

  

Tuffa 

上品で機能的な、サイドゴアブーツ

知るひとぞ知るイギリスのブランド「タッファブーツ」には、上品なフォルムのサイドゴアブーツがスタンバイ。そのフィット感と軽さ、そして着脱のしやすさから、乗馬関係者や農業関係者など、プロフェッショナルの道具としても愛用されている一足だ。しかし、タフに履ける頑丈さだけではなくファッション性の高さと美しいフォルムのバランスが素晴らしく、新たな選択肢となる一足だ。「非常に実用的な革靴ですが、アウトドアに寄りすぎず、ファッション性も兼ね備えている点が魅力的です。スラックスで綺麗に履いてもいいけれど、個人的にはコーデュロイパンツなどでラフに合わせたいですね」。(豊島 猛/スタイリスト)

ブーツ(タッファ)¥14,800/フォーチュンチー ジャパン[TEL:03-5708-5831]


Le Yucca’s for BLOOM&BRANCH



華奢なシルエットがモダンタイムス

華奢なシルエットと曲線美が、エレガント

レユッカスは、数々の有名ブランドでシューズデザインを手掛けてきた日本人女性デザイナー、村瀬由香氏によるシューズブランド。すべての製品は、イタリアの老舗工房で、職人により制作されている。定番のギリーシューズは、高めのヒールと華奢なヒールカップ、土踏まずにかけての曲線美が相まってドレッシーな印象。KARENAという木型を使用し、細身に見えるが甲幅が調整可能で、フィット感と快適な履き心地を実現している。オリーブブラウンのスウェード素材はブルーム&ブランチの別注モデル。「他の男性用革靴にはない華奢なシルエットとヒールカップで、綺麗な印象を演出してくれるところが1番の魅力。カウスウェードなので履き馴染みも早く、ストレスフリーで履けるのも嬉しいです。タンの無いデザインなので、ソックスで遊んだり、夏場は素足で履くのもすっきりとした印象になるので、おすすめ」。(伊藤安司/ブルーム&ブランチ)

¥118,000/ブルーム&ブランチ青山[TEL:03-6892-2014]


Photos:Yoshio Kato Stylist:Atsuo Izumi Composision&Text:Takako Nagai

▲ WPの本文 ▲

名品図鑑

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼