▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

走りも見た目も気持ちがいい! 東京と海をつなげる、頼もしすぎる相棒【俺たちの“ノリモノ”語り!/Vol.7・Volkswagen Type3 Variant②】

走りも見た目も気持ちがいい! 東京と海をつなげる、頼もしすぎる相棒【俺たちの“ノリモノ”語り!/Vol.7・Volkswagen Type3 Variant②】

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

クルマにバイク、自転車、スケボーetc……イケてる人の愛車(?)がかっこいいのは、そこにストーリーがあるから。そんな“相棒”にまつわるバックボーンを深掘りして、それぞれのライフスタイルをお届け! ノリモノ好き男子よ、集まれ!

前編に引き続き、P.F.S. PARTS CENTERで働く遠藤勇さんが登場。クルマと趣味の関係を伺った。

貫禄たっぷりの愛車で
3日に1度は海へ

現在の住まいは東京の下町。サーフィンをしていなかったらクルマを持つ必要は全くありませんが、いい波に乗るためには絶対不可欠。休日はもちろん、出勤前の少しの時間を使って海へ行くことも。1ヶ月の内、10日以上はボードを積んででかけていますね。好きなクルマに乗って海へ行く、そんな日々が一番の時間です

「長年潮風にあたったかのような、少々やれたボディも、海で見るとサマになっているんですよ。そして50年も昔のエンジンなのに、走りは驚くほどにスムーズ。高速道路の合流や、追い越しも難なくこなすので、頼もしい相棒です」(遠藤さん)

 


窓は全面クリアガラス。
走っているだけで気持ちがいい

「最近のクルマの窓にはフィルターが入っていて、外から中が見えにくくなっています。だけど僕のType3は全面がクリアガラス。プライバシーも何もありませんが、自然光がしっかり差し込んで、走っているだけで気持ちがいい。都内の道もそうですが、特に海沿いを走るときは格別です」(遠藤さん)

 

ずっと一緒にいたいから、
大切に、丁寧に乗る

「かなりの頻度で乗っている僕のType3。ボディの腐食は進んでいるし、エンジンに深刻なトラブルが起こったら、予算的に乗り換えるしかないかもしれません。だからこそ、動いている今を大切にしたい。できるかぎり丁寧に乗って、一緒に過ごせる期間を少しでも長くしてあげたいです」(遠藤さん)。

Photos:Norito Ohazama Composition & Text:Kanta Hisajima

▲ WPの本文 ▲

俺たちの“ノリモノ”語り!

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • LIFESTYLE
  • 僕らの好きなカルチャー
  • 走りも見た目も気持ちがいい! 東京と海をつなげる、頼もしすぎる相棒【俺たちの“ノリモノ”語り!/Vol.7・Volkswagen Type3 Variant②】

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼