▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

“ヤンキー”への憧れを体現するクルマ!【俺たちの“ノリモノ”語り!/TOYOTA MARKⅡ VAN(1979)】

“ヤンキー”への憧れを体現するクルマ!【俺たちの“ノリモノ”語り!/TOYOTA MARKⅡ VAN(1979)】

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

愛車への思い入れや入手までの話を根掘り葉掘り聞いてみた。ノリモノライフはこんなに楽しい!!

 

ナガノショウヘイさん
/RESERVOIR(Gt.&Vo.)

TOYOTA MARKⅡ VAN(1979)

“ヤンキー”への憧れを
体現するクルマ!

クルマはずっと欲しかったんだけど、東京に住んでいると不可欠ってほどでもなくて。漠然とタイミングを探していたときに、クルマ好きの友達から“大阪にやばいのがある!”とタレコミが入ったんです。すぐに2人で現車を見に大阪まで行って、そのままの勢いで契約したのがこのクルマ。僕のかっこいいと思う基準の根っこは、80〜90年代くらいのヤンキーカルチャーにあって、そういうやんちゃな人が乗り回してそうな、いかつい顔にひと目惚れ。街に溶け込まない異物感というか、現行車にはないインパクトが気に入っていて。そういう時代錯誤な1台だから、ステアリングはめちゃくちゃ重いし、エアコンはよく壊れます(笑)。それでも、これから先ずっと乗り続けたい相棒です

 


「親バカなのかもしれないけど、走っていても、街に止めていても絵になるクルマですね(笑)。だから僕らのバンドのPVに出演することもあったり。こういうクルマの中では意外と燃費がいいほうで、なんとリッター6㎞は走ってくれるんです!」


 

DATA 2019年を最後に販売を終了してしまったトヨタ マークXの先代モデルであるマークⅡのライトバン仕様。ファンからは“マーバン”の愛称で親しまれている。90年代に起こったステーションワゴンブームでは、カスタムベース車両として人気に。中古相場は、73万~125万円ほど(編集部調べ)。

 

Photos:Norito Ohazama Composition & Text:Kanta Hisajima

▲ WPの本文 ▲

俺たちの“ノリモノ”語り!

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼