▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【ダンク編】おしゃれなヤツは、ナイキをどう履く? [NIKE STYLE SNAP!]

【ダンク編】おしゃれなヤツは、ナイキをどう履く? [NIKE STYLE SNAP!]

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

ウェブスペシャル月間として、約1か月にわたりお届けしてきたウェブオリジナル記事「NIKE STYLE SNAP!」。ここではナイキ ダンクを着用したスナップのみをお届け。

  

NIKE DUNK LOW RETRO
WHITE/BLACK

杉本遼太さん
22歳・会社員

2020年に35周年という節目を迎え、再び熱視線を集めるダンク。高い耐久性と機能性を誇り、豊富なカラバリが魅力だ。このモデルは軽やかなローカットに、伝統的なツートーンのデザインを採用。初代のNIKE DUNK ORIGINALのカラーパターンにはなかった、ホワイトとブラックの組み合わせがシックだ。


モノトーンのダンクをなじませる

スニーカーのカラーを生かし、モノトーンを主軸にコーディネート。コントラストの強い白×黒のダンクが全身になじみ、統一感が出た。キャップもナイキを選び、スポーティなムードを後押ししたのがポイント。さらにインナーにはファンニ・レマメイヤーの柄ニットを投入し、チラリと見えるアクセントで個性も出したオシャレ上級者。

JACKET:シュプリーム(Supreme)
KNIT:ファンニ・レマメイヤー(FANNI LEMMERMAYER)
JEANS:リーバイス®(Levi’s®)

Photos:Kanta Matsubayashi Text:Takako Nagai

  

NIKE DUNK HIGH “MICHIGAN”

2020年に35周年という節目を迎え、再び熱視線を集めるダンク。高い耐久性と機能性を誇り、豊富なカラーバリエーションが魅力だ。スタイリッシュなローカットのシルエットに、伝統的な2トーンのカラーブロックを採用。初代NIKE DUNK ORIGINALのミシガン大学カラーを採用し、鮮やかなイエローとブルーが目を引く1足。


クラシックなカレッジスタイルを堪能

この日は、シックなブラックスタイルから打って変わり、ミシガンカラーを強調したコーディネートで登場。 足もとのイエローとネイビーを拾いながら、クラシックなアイビースタイルに落とし込んだ。 トム ブラウンの白シャツにしっかりタイを締め、そこにGAPのキャップをかぶったことで、カレッジスタイルとして調和が取れている。ハイブランドも古着も問わず、好きだと思えるものは自分のスタイルに取り入れるという佐藤さんは、学生時代の制服をお直ししたネイビーのスラックスを着用。

JACKET:マクレガー(McGREGOR)
SHIRTS:トム ブラウン (THOM BROWNE)
PANTS:古着
TIE:ユニクロ(UNIQLO)
CAP:ギャップ×ニューエラ(GAP×NEW ERA)

Photos:Kanta Matsubayashi Text:Takako Nagai

  

NIKE SB ZOOM DUNK HIGH PRO OBSIDIAN
OBSIDIAN-WHITE-UNIVERSITY RED

占部雄飛さん
24歳・大学院生

2020年に35周年という節目を迎え、再び熱視線を集めるダンク。スケーターに向け開発されたSBモデルはインソールに衝撃吸収機能を備え、クッション性の高さが特徴。素材感の異なるレザーを使用したホワイトとネイビーのボディがクール。


ダンクのSBモデルを

リジッドデニムでモダンに着こなす

ともするとカジュアルすぎる印象になってしまうデニム×スニーカーのコーディネートだが、ハリがあり深い色味のリジッドデニムならばモダンに着こなすことが可能。スケーター用シューズの抜け感に対して、幅広のワンタックによる構築的なシルエットが好バランスだ。全体をダークトーンでまとめながら、足先からチラリと見えるホワイトで軽やかに見せているのもうまい。

JACKET:シュガーヒル(SUGARHILL)
PANTS:ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)
BAG:ジェイダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)

Photos:Kanta Matsubayashi Text:Takako Nagai

    

NIKE DUNK HIGH “MICHIGAN”

安藤友典さん
37歳・会社員

2020年に35周年という節目を迎え、再び熱視線を集めるダンク。高い耐久性と機能性を誇り、豊富なカラーバリエーションが魅力だ。スタイリッシュなローカットのシルエットに、伝統的な2トーンのカラーブロックを採用。初代のNIKE DUNK ORIGINALからあるミシガン大学カラーは、鮮やかなイエローとブルーが目を引く。


冬のネイビースタイルに
鮮やかなイエローを

キャップ、アウター、パンツをすべて異素材のネイビーアイテムでまとめ、ダークトーンでも立体感のあるコーディネートに。そこにミシガンカラーのダンクで遊び心を足したことで、アイキャッチなスタイルが完成した。ミシガンカラーのブルーを全身とリンクさせながら、鮮やかなイエローを際立たせたのがポイント。

TOPS:ラスベート(PACCBET)
PANTS:コム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)
HAT:ノア(NOAH)

Photos:Kanta Matsubayashi Text:Takako Nagai

  

NIKE DUNK HIGH “Orange Blaze”

YUYAさん
27歳・フリーランスPR

1985年にバスケットボールシューズとして生まれ、いまや世界中で親しまれるようになったダンク。オレンジ×ホワイトのモデルは、シラキュース大学という強豪校のカレッジカラーだ。パッと目を引くコントラストの強さがいい。


鮮烈なオレンジは
とことん目立たせて楽しむ

ベーシックカラーを組み合わせたコーデに、彩度の高いオレンジが差し色として大活躍。ジャケットの背面に入った大きめのロゴとも相まって、スニーカーの存在感が飛び道具になり、こなれた印象をつくり出している。ハットやネックレスなどの小物使いにも注目!

OUTER:ユニオン(UNION)
TOPS:エスエヌエス(SNS)
PANTS:ディッキーズ(Dickies)

Photos:Shintaro Yoshimatsu

▲ WPの本文 ▲

おしゃれなヤツは、ナイキをどう履く?

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼