▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【僕らの永久定番名品ファイル】愛用するジーンズの原型はリーバイス®501®が作った!

【僕らの永久定番名品ファイル】愛用するジーンズの原型はリーバイス®501®が作った!

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

時代を超えて愛され続ける “定番”アイテムには、完成されたデザインとしての魅力が詰まっている。ここでは、そんな永久定番名品のディテールから歴史までを深掘り。第1回はアメカジの盛り上がりで、注目されるジーンズ。誰もが定番と認めるリーバイス®501®について、キミはどれだけ知っている?

リーバイス®501®


リーバイス®はドイツ出身のリーバイ・ストラウスが立ち上げた。アメリカがゴールドラッシュに沸く1853年、リーバイ・ストラウス&カンパニーの前身となる雑貨商をアメリカのサンフランシスコでスタート。1873年にジーンズを生み出し、1890年に名品501®が発表された。

リーバイス®501®の歴史

ワークウエアとして生まれ、
1950年代にはファッションアイテムに!

ジーンズといえばまっ先にリーバイス®501®を思い浮かべる人は多いはず。その原型は、150年ほど前に生まれていた。一獲千金を夢見て、金鉱を掘り当てようと、人々がカリフォルニアをめざした「ゴールドラッシュ」。1848年から始まったこの渦中にリーバイ・ストラウスもいた。

ドイツから移民としてサンフランシスコにたどり着いたリーバイは、金鉱で働く人から注文を受け、キャンバス地を使った丈夫なワークパンツを製作。商品化して販売を始める。1873年に衣服をリベットで補強するアイデアを、リーバイ・ストラウス&カンパニーと取引のあった仕立屋のヤコブ・デイビスが思いつく。

開業当時リーバイ社
▲1870年頃に建てられたサンフランシスコの社屋。リーバイ・ストラウス&カンパニーの看板が大きく掲げられ、なかにはジーンズらしきパンツをはいている人も。

両者は共同で「衣料品のポケットの補強にリベットを使用する方法」の特許を取得。このリベットで補強したパンツは「とても丈夫」と評判になり、爆発的に売れた。当時はブラウンキャンバスだったが、やがてブルーデニムを使うようになり、1886年にはリーバイス®の象徴「ツーホース・マーク」が登場。パンツの頑丈さを示すこのマークを、レザーパッチに刻印して、ブランドの象徴として右バックポケットの上につけた。

1890年の501®XXジーンズ
▲1890年の501®XXジーンズ。フロントにはウォッチポケット、ウエスト部分にはサスペンダーボタン、フロントの股部分にリベットが打たれているのが特徴。

1890年になるとリーバイス®は商品管理のために、品番(ロットナンバー)を導入し、「501®」が誕生した。ジーンズの原点となった当時の501®は、まだ “オーバーオール”と呼ばれており、ベルトループはなくサスペンダーボタンやシンチバック(尾錠)がつき、バックポケットはひとつだった。

1890年の501®XXジーンズ
▲バックポケットは右にひとつだけだが、すでにアーキュエットステッチが入っており、ポケットの両端にむき出しのリベットが打たれている。

ワークウエアとして、男性だけでなく女性にもジーンズが広まり、リーバイス®は発展していく。1915年から501®にコーンミルズ社のレッドセルビッジデニム(赤ミミ)を採用。第1次世界大戦(1914~1918年)後、上流階級の衣服につけられたベルトループが一般にも広まると、1922年には501®にもベルトループがつけられた。

1937年にサスペンダーボタンが廃止され、同年、右のバックポケットにリーバイス®の象徴となるレッドタブがつけられた。ウエストサイズを調整するシンチバックも1942年になくなり、バックポケットは2つに変化。現在の形に近くなると、西海岸の大学で501®ジーンズが流行。この頃からファッションアイテムとして、人々の生活に浸透していく。

第2次世界大戦(1939~1945年)では資材節約のため、アーキュエットステッチや股リベットをなくすなど、501®も変化して対応。戦後はジーンズ需要が高まり、1950年代になるとハリウッド映画にジーンズが登場するようになる。マーロン・ブランド、ジェームズ・ディーンといったスター俳優がジーンズをまとい、若者の間に急速に広まる。

映画『THE WILD ONE(暴れ者)』マーロン・ブランド
▲1953年、マーロン・ブランドが映画『THE WILD ONE(乱暴者:あばれもの)』にリーバイス®501®をはいたバイカースタイルで登場。

このブームを受けてリーバイス®は、西海岸のみで販売していた501®の販路を東海岸にも拡大。ボタンフライよりはきやすい、ジッパーフライモデルを「501®ZXX」として1954年に発売する(ジッパー仕様の501®は大ヒットし、1967年に「502」という品番に継承される)。

1955年にはツーホースのパッチが革から紙に替わり、レッドタブの両サイドにLEVI’S®の文字が記載されるように(それまでは片面のみだった)。1966年になるとヒップポケットの隠しリベットが廃止され、1971年にはレッドタブのLEVI’S®(通称“ビッグE”)がLevi’s®と小文字ミックスの表記になり、現在のスタイルが完成。

1960年代以降はユースカルチャーが花開き、ジーンズに様々なシルエットや品番が生まれるが、501®はマイナーチェンジをしながらも、定番として君臨。今もファッションのマストアイテムとして、人々に愛され続けている。

リーバイス®501®のディテール変遷

リーバイス® ビンテージ クロージングの
復刻501®でディテールの変遷をチェック!

リーバイス®501®はアップデートを繰り返してきた。1980年代後半から1990年代にかけて、日本を中心にヴィンテージブームが巻き起こり、古着シーンでリーバイス®501®の値段が高騰。これを受けてサンフランシスコのリーバイ・ストラウス&カンパニー本社はヒストリアン(歴史学者)を雇い、歴史を解明すると同時に、復刻モデルの製作をスタート。

1999年には「リーバイス® ビンテージ クロージング」レーベルを立ち上げ、各時代を象徴するモデルをアーカイブに忠実に復刻している。この復刻モデルで、各時代の重要ディテールを確認しておけば、古着でヴィンテージを見分けることもできるようになる!

ヴィンテージ501®の中でも大人気の1955モデル

ジーンズ(リーバイス®︎ ビンテージ クロージング)
▲ジーンズ(リーバイス®︎ ビンテージ クロージング)¥30,800/リーバイ・ストラウス ジャパン

ヴィンテージジーンズの完成形としてマニアにも支持される1955年モデル。マーロン・ブランドなど当時のスターが愛用した501®だ。太ももから裾までストンとした太めのストレートシルエット。復刻ラインでも一番太いシルエットは、今のトレンドともマッチ。

1955モデルのディテールチェック

1955モデルのディテールチェック

1紙パッチには「Every Garment Guaranteed」の文字と「501 XX」の刻印がある、通称“ギャラ入りダブルエックス”。

2亜鉛ボタンを使用したフロント。後ろポケット裏には “隠しリベット”が。これもヴィンテージの決め手。

3右ポケットのレッドタブは大文字のLEVI’S®(通称“ビッグE”) で両面刺しゅう。

4セルビッジデニム(通称“赤ミミ”)を使用。

リーバイス® ビンテージ クロージング 501®の
シルエットチェック

1937・1944・1947モデル
▲左から、1937、1944、1947モデル

1954・1955・1966モデル
▲左から、1954、1955、1966モデル

ディテールの変化に伴って、501®のシルエットも変わった。シンチバック(尾錠)があった時代は、ウエストで絞ってはくのでワイドストレート。1944はハイウエストのレギュラーストレート、1947はスリムフィット&ストレート。東海岸に向けた1954は洗練されたナローテーパード。1955はワイドストレート、1966はテーパードシルエットが特徴だ。

各年代の重要ディテール

1937モデル/
シンチバックとレザーパッチに注目!

1937モデル/ 尾錠とレザーパッチに注目!
▲ジーンズ(リーバイス®︎ ビンテージ クロージング)¥30,800/リーバイ・ストラウス ジャパン

1ギャラ入りダブルエックスのレザーパッチ。この頃からリーバイス®のアイコンとなるレッドタブが登場。当時は片面刺しゅうで裏は無地だった。

2ウエストにはまだシンチバック(尾錠)が残るデザイン。

1944モデル/
アーキュエットがペンキで!

1944モデル/アーキュエットがペンキで!
▲ジーンズ(リーバイス®︎ ビンテージ クロージング)¥30,800/リーバイ・ストラウス ジャパン

1物資節約のためにヒップポケットのアーキュエットがステッチでなくペンキで描かれたのは有名。レザーパッチの刻印にはSがついた「S501 XX」でこれは大戦モデルを表していた。

2ボタンもドーナツボタンなど様々なものが使われた。隠しリベットは継続されたが、ウォッチポケットや股のリベットが廃止された。

1947モデル/
ダイヤモンドポイントが登場

1947モデル/ダイヤモンドポイントが登場
▲ジーンズ(リーバイス®︎ ビンテージ クロージング)¥30,800/リーバイ・ストラウス ジャパン

12本針式のミシンが導入され、アーキュエットステッチの中央にダイヤモンドシェイプが登場。レザーパッチはギャラ入りダブルエックス。

2ウォッチポケットのリベットが復活。フロントボタンもロゴを刻印したものに戻る。

1954モデル/
ファスナーフロントのZ501
®

1954モデル/ ファスナーフロントのZ501
▲ジーンズ(リーバイス®︎ ビンテージ クロージング)¥30,800/リーバイ・ストラウス ジャパン

1レザーパッチは1954年まで使用されていた。ジッパーフライを示すZの文字が入った「501Z XX」の刻印。

2使い勝手のいいジッパーフライの登場で、501®の人気が加速。

1966モデル/
隠しリベットなしの通称“66

1966モデル/ 隠しリベットなしの通称66
▲ジーンズ(リーバイス®︎ ビンテージ クロージング)¥30,800/リーバイ・ストラウス ジャパン

11960年代は501®の大きな変革期。紙パッチから「Every Garment Guaranteed」の文字とXXの刻印が消える。レッドタブは1971年までビッグE。

2隠しリベットが消えバータック(カンヌキステッチ)が採用された。また股上が浅くなり、フロントボタンの数も5つから4つに。この年代のデニムは赤ミミだが、1986年以降は赤ミミが廃止される。

最新501®をチェック!

1993年からは10年おきにアップデート。
USA製やサステイナブル素材も登場

1990年代初頭まで501®は各国で生産され、シルエットも生産国によって若干違いがあったが、1993年からはグローバル規格が登場して統一された。以後10年おきに見直しされ、時代に沿ったシルエットに更新されてきた。現在は501®の中にも様々なシルエットが存在するが、オーセンティックな定番はずっと継続されている。

501®オリジナルフィット

ジーンズ(リーバイス®)¥13,200/リーバイ・ストライス ジャパン
▲ジーンズ(リーバイス®)¥13,200/リーバイ・ストラウス ジャパン

ストレートレッグのモダンな細身ストレート。タテ糸に太さの異なる糸をミックスして、ヴィンテージ感のある縦落ちが表れるデニムに。牛革のパッチにビッグEのレッドタブなど、ヴィンテージ感のある仕様。ワンウォッシュの濃いインディゴブルーは、アメカジから旬のトラッドMIXまでハマる。

サーキュラー501®が登場

ジーンズ(リーバイス®)¥17,600/リーバイ・ストライス ジャパン
サーキュラー501®
▲ジーンズ(リーバイス®)¥17,600/リーバイ・ストラウス ジャパン

2022年春夏から環境にやさしい循環型501®が新たに登場。スウェーデンのリサイクル企業が生み出したサーキュロース(リサイクルデニムを一部使用した持続可能な資源のビスコース)と、オーガニックコットンをミックスして使用。通常は化学繊維が使われるパッチやステッチ糸なども、綿100%の代替品に置き換えた。

MADE IN THE USA 501®

ジーンズ(リーバイス®)¥22,000/リーバイ・ストライス ジャパン
MADE IN THE USA 501®
▲ジーンズ(リーバイス®)¥22,000/リーバイ・ストラウス ジャパン

レッドラインのセルビッジデニム(赤ミミ)を使用して、アメリカにて生産される希少モデル。セルビッジは耐久性を高めるためにほつれ止めを施した生地の端。デニムブランドが続々登場した1930年代に、差別化のためリーバイス®のブランドカラーである赤い糸を織り込んだのが赤ミミの由来だ。裾を折り返してはくスタイルもサマになる。

問い合わせ先

リーバイ・ストラウス ジャパン
TEL:0120-099-501


みんなのリーバイス®501®コーディネート

久保正之さん/ショップスタッフ/MNFC

久保正之さん/ショップスタッフ/MNFC

「リーバイス®501®はジーンズの元祖。どのブランドもリーバイスをベースにしていますよね。リーバイス®は501®に代表されるストレートデニムのイメージが強く、この形が一番好きなので、古着、新品ともに持っているデニムの8割は501®です。今日はザ・ノース・フェイスのダウンジャケットとシンヤコヅカ×ラングラーのシャツでコーディネート」

久保正之さん/ショップスタッフ/MNFC

「ジーンズはカジュアル感の強いアイテムだから、足もとはスポーティ&リッチコラボのワラビーできれいにまとめました。カリフォルニア出身のデザイナーが手がけるクレッシオーニのハンドメイドネックレスでアクセントを添えています。リーバイス®501®の流行り廃りがなく飽きずにはけるシルエットは、まさに永久定番だと思います」


副島卓己さん/Silly美容師

副島卓己さんSilly美容師

「501®はいろいろ持っています。今日のは去年のリーバイス®501®デーに発売されたウェイステッド ユースとのコラボ。プラダのMA-1とザ・イノウエブラザーズのカーディガン、ドクターマーチン×ステューシーのブーツでUK感のあるコーディネートにしてみました。501®は薄いブルーしかはかなかったんですが、これはプレゼントでいただいて。パンツは引き続き太めが気分なのですが、細身も新鮮だなと思って楽しんでいます」

副島卓己さん/Silly美容師


古江優生さん/ビデオグラファー

古江優生さんビデオグラファー

「リーバイス®501®は白いご飯のように、毎日着ても飽きがこない。当たり前にあるけれど、絶対なくてはならないもの。今日はいているのは、色落ち具合とレングスがちょうどよくて買った古着の501®です。コモリのフリースジャケットとシャツにバトナーのカーディガン、ジャケットがショート丈なのでメルトのストールを垂らしてバランスをとりました」

古江優生さん/ビデオグラファー

「全体的にベーシックな色合いなので、エアウォークのスニーカーで色を差しました。コモリのようなブランドは古着とMIXするのがちょうどいいと思っていて、きれいにキメすぎない着こなしを意識しています。これからはリーバイス®501®のような定番を、もっと身につけたい」


Photos:Erina Takahashi(still) Stylist:Takumi Urisaka Composition & Text:Hisami Kotakemori

▲ WPの本文 ▲

僕らの永久定番名品ファイル

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 定番服
  • 【僕らの永久定番名品ファイル】愛用するジーンズの原型はリーバイス®501®が作った!

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼