▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

この秋何買う?おしゃれ好きのWISH LIST大公開![BAL、ロトルetc…]

この秋何買う?おしゃれ好きのWISH LIST大公開![BAL、ロトルetc…]

▼ WPの本文 ▼

スタイリスト、プレス、モデルの“コレ着たい!”を刺激したアイテムを、それぞれが私服とミックスしたスタイリングで紹介。スタイルがあって流行にも敏感な人たちは、新しい季節、最初に何を買う!?

ROTOLのオールインワン
———

白に近いグレーは、暗い色の増える秋冬に抜け感をプラスしてくれる。ディセンダントのアウターとクラークスというベーシックなコンビとももちろん好相性。オールインワン¥62,700/ロトル ショールーム その他/本人私物
スウェットのプルオーバーとパンツをドッキングさせ、背面にジップをつけた着ぐるみのような構造がなんともユニーク。肉厚でやわらかなコットン地で、着ていてとにかくストレスフリー!

フォトグラファー・伊達直人さん
〝スウェットはセットアップで着たいよね〟という思いを反映して、潔くくっつけちゃった感じがイイ。ロトルっぽさが出ていると感じました。グレーじゃなくてアッシュという色もいいし、着ぐるみっぽくてかわいげもあるし。それと個人的なこだわりとして、パンツの裾は絶対にリブやゴムがあるものと決めていて。靴と靴下とボトムの裾、のバランスを迷わなくていいから、そこも頼もしいんです。


BALのオーバーオール
———

黒いオーバーオール×ネイビーのスウェットの配色も、カジュアルなスタイルを都会的に見せるカギ。また、インナーのスウェットはジャストサイズを選んで、シルエットにメリハリを出したところもうまい。オーバーオール¥35,200/バル その他/本人私物

ワッシャーナイロン素材のオーバーオールはチェストポケットをはじめ、機能性を備えたジップ使いが見事。ベルトループやキーフックも付属していて、アウトドアシーンでも心強い!

モデル・安永創大郎さん
BALは友達づてに知ったブランド。いなたさとソリッドさのバランスが気に入りました。実はオーバーオールって普段あまり着ないんですけど、これは素材がソリッドなのでほっこりしすぎず着られそうだなって。今釣りにハマっているので、アウトドアのシーンはもちろんOKだし、この素材感なら街中でもシャレた感じにキマりそうですよね。服は〝テキトーに選んだけどカッコいい〟くらいがいいと思っているので、こんなノリでシンプルに、スウェットやロンTと楽しみたいです。

GR10Kのワークジャケット
———

[右]黒と白とグレーという無彩色なコーディネートだからこそ、ワークな合わせがほっこりせずモダンに。やや短めのジャケットと、太いパンツのメリハリもしゃれている。ジャケット(GR10K)¥61,600/ランチキ セントリューム トーキョー その他/本人私物

クラシックなスイングジャケットを、今年らしい解釈で。吸水と速乾性に優れたマイクロファイバーと伸縮性のあるエラスティンを貼り合わせたボンデッド素材は、着る人の動きに合わせてフィットする。袖のボタンはマグネット仕様で、極限まで凹凸のない、スマートな佇まいを実現させた。

スタイリスト・泉 敦夫さん
とにかくワーク好きなもので……今シーズンはこのジャケットが刺さりました。ボタンレスのミニマルさは、いろんなトップスと合わせられそう。黒しか作っていないというブランドのこだわりもいいし、ボンディングの独特な生地感も秋冬に新鮮な感じがします。




Photos:Jun OkadabNm/Yoshio Kato Hair & Make-up:Yosuke Akizuki Masaki Takahashi Narumi Tsukuba Stylist:Atsuo Izumi Text:Kanta Hisajima(for Hayashi, BUNA, Oikawa, Yonemoto)

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼