▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【朝の連続“氷魚”食堂vol.1】ソーキそばはだしが決め手!

【朝の連続“氷魚”食堂vol.1】ソーキそばはだしが決め手!

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

沖縄と東京を舞台とした現在放送中のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』で物語のキーパーソン・青柳和彦を演じる宮沢氷魚。劇中のいたるところで登場し、視聴者の喉をゴクリと鳴らす沖縄料理を、メンズノンノウェブで氷魚が食べ尽くす!

今日のメニューは“ソーキそば”!

誰からも愛される沖縄を代表する郷土料理。そばという名前だが、そば粉を使っておらず、かん水で練った小麦粉100%の麺で独特な食感に。


沖縄料理といえば、真っ先に思い浮かぶのがソーキそば。『ちむどんどん』のロケで沖縄へ行ったときも、到着してすぐに食べました。豚肉のうま味に昆布が合わさっただしと、コシのある太い麺の相性は抜群。そばにのっているソーキもやわらかくてジューシーすぎる。幸せが詰まった一杯です。

How to cook

作り方(作りやすい分量・4人分)

鍋に豚スペアリブ8本(約700g)、昆布1枚(10×15㎝)、水8カップ(1カップ=180mL)を入れて中火にかける。煮立ったら火を弱め、アクを取る。その途中水が減ってきたら、かぶるくらいまで足しながら豚肉に竹串が通るまで1時間ゆでる。豚肉を取り出し、ゆで汁はざるでこす。

①で下ゆでした豚スペアリブ、①のゆで汁2カップ、泡盛1/2カップを鍋に入れ、そこにかぶるくらいの水を加えて中火にかける。沸騰したら火を弱め、黒糖大さじ3を入れて15分煮る。塩小さじ1、しょうゆ大さじ1を加え、落としぶたをして30分煮、さらにしょうゆ大さじ1を加えて30分煮る。

別の鍋に①のゆで汁6カップ(足りなければ水を足す)を入れて中火にかける。沸騰したらかつお節30gを入れて10分煮て火からおろす。かつお節が沈んだらざるでこす。塩大さじ1/2、しょうゆ小さじ1で調味する。

市販の沖縄そばを袋の表示どおりゆで、丼に盛る。スープを張り、豚スペアリブ(ソーキ)、小口切りの万能ねぎ、紅しょうが、丸かまぼこをのせる。

シャツ¥8,900/COS 銀座店[TEL:03-3538-3360] 中に着たタンクトップ/スタイリスト私物

Cooking & Coordination:Kana Yagi Photos:Yuhki Yamamoto Hair & Make-up:Narumi Tsukuba Stylist:Masashi Sho Text:Kanta Hisajima

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

最終更新日 :

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : common-footer-under-popin-recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : common-footer-under-cxense-recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-feature ▼

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-movie ▼

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-special ▼

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼