▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【53連発】23年夏の「名品サンダル」傑作選!服好き愛用のスポーツサンダルやレザーサンダルからトレンドアイテムまとめまで!

【53連発】23年夏の「名品サンダル」傑作選!服好き愛用のスポーツサンダルやレザーサンダルからトレンドアイテムまとめまで!

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

人気セレクトショップの名物スタッフやスタイリストなどオシャレな人たちの愛用サンダルから、23年夏のトレンドまで総まとめ!買いそびれている人も、もう1足欲しい人もぜひチェックして!

目次

 1|オシャレな人愛用のスポーツ&アウトドアサンダル15選

 2|オシャレな人愛用のレザーサンダル18選

 3|黒、厚底、リカバリー…トレンドサンダル20選

 

 

1|オシャレな人愛用のスポーツ&アウトドアサンダル15選

1.MERRELLのMOAB FLIGHT SIEVE

サンダル¥15,400/ジャーナル スタンダード

「サンダルとスニーカーの中間のような、夏場にも着用しやすいシューズ。足首周りのホールド感もしっかりとあり、アクティブな場面にも役立つ一足。さらに水に強いシンセティックレザーや速乾性に優れたメッシュ素材を採用し、ウォーターアクティビティまで対応可能に。泥や水場など、フェスで遭遇しがちなトラブルもこれがあれば安心!」

ティラックのシェルジャケットのおしゃれな着こなし 3

JOURNAL STANDARD プレス

木下 羅生 さん

ジャーナルスタンダードの中でも、アウトドアな着こなしが得意。一家そろって山登り好きというアクティブな一面も!

  


2.SHAKA×URBAN RESEARCHのサンダル

SHAKA×URBAN RESEARCHのサンダル
サンダル ¥12.100/アーバンリサーチ オンラインストア

「ストラップを搭載した2WAY仕様タイプ。シーンに合わせてマルチに活躍するサンダルです。フェスでは、ストラップをつけて、カラーソックスで合わせたい!モダンな印象を与えるグログランは表情がキレイなテープに変更し、ブランドネームもスマートな同色にカスタム。スポーツサンダルの垣根を超えたスタイリングが可能に。アッパーがナイロン素材で汚れも気にならず、ソールの強度も高いクッション性を搭載しているので、フェスのみならずキャンプや旅行にも履けます。」

アーバンリサーチ PR

西村滋紀 さん

北海道出身の道産子プレス。2023年6月で、プレス歴4年になる。アーバンリサーチで展開する全メンズブランドを担当。今シーズン気になっているのは、テック系のアイテム。

   

3.ボリュームソールテープサンダル

ジーユーのボリュームソールテープサンダル
サンダル ¥2,990 / ジーユー

「毎年人気のテープベルトタイプのサンダルです。今年は、片足重量300g以下の軽量シューズになっており、長時間立ちっぱなしのフェスにはありがたい軽さ。ボリュームのあるソールなので、身長を盛ることもでき、フェスではかなり嬉しい。カラフルなソックスをあわせてコーディネートするのもオススメです。都市型フェスに参加する方にはGUで展開している、リアルレザーサンダルにするとまた違った雰囲気を楽しめます!」

ジーユー PR

鎌田ちひろ さん

今年の夏は久しぶりにフェスや旅行に行きたいと思っています。子どもと一緒にウルトラマン&プリキュアにはまっています。

   


4.MERRELLのHYDRO MOC

メレルのサンダル
サンダル(メレル)¥7,700/ビームス 原宿

「フェスではかかとがある靴はマストですが、紐靴はテントの出入りの際に面倒…そこでおすすめなのがメレルのハイドロモック。中間的な立ち位置で、かかとはあるけど着脱はラク、さらには通気性や水抜けに優れています。近年認知度を高めているこの水陸両用のシューズサンダルですが、2022年にアップデート。サステナブルな素材と成型技術を採用するようになり、トレンドを押さえています」。

BEMAS プレス 丸海都

BEAMS プレス

丸 海都 さん

BEAMSのPRとしてメンズノンノでもお馴染み。メンズノンノ世代と年齢も近く、コーディネートも参考にしやすいため読者からの支持も高い。

  

5.NIKE / ISPA ユニバーサル

ナイキのサンダルのISPA ユニバーサル

「この夏は足元を重点的に強化していきたいと思っていたところ、近未来感のある見た目のこちらを発見。ロゴが踵に控えめに入っているだけの、その匿名性も気に入っています。ステューシーのビーチパンツと合わせたり、涼しげなコットンのパンツと合わせたり。事務所履きにするのもいいかも」

1LDK 商品企画

歌代 祐太郎 さん

1991年生まれ。1LDKにてハウスブランドの商品企画を担当。サイクリングとピンバッヂ蒐集が趣味。ピンバッヂは、カーハートなどのストリートブランドのものから、ジブリやピクサーといったアニメ映画にいたるまで幅広くあつめる。

  


6.asics

アシックスのサンダル

「抜群のサポート力と軽い履き心地はさすがアシックス。決してだらしなくは見えないデザインで、屋外で遊ぶ機会が増える夏にヘビロテ間違いナシです。Tシャツにショーツを合わせたスポーティなスタイルにはもちろん、モダンなモノトーンのスタイルにも取り入れたい」。

スタジオファブワーク・エンケル PR

西澤祐哉 さん

スタシオファブワーク・エンケルの若き名物PR。今のストリートの感性に、温もり感のあるアイテムをミックスするのが得意。私服スタイリングにもファンが多数。

  

7.MERRELL / HUT ULTRA WRAP

メレルのサンダルのHUT ULTRA WRAP

「数々のフットウェアを独自の最新テクノロジーで改良し続けるブランドですが、こちらも例に漏れず、多くの技術が注ぎ込まれているのが窺い知れます。アウトドアでも快適に過ごせそうですし、そのままリカバリーサンダルとして都会へ戻ってもいい。とくに相性がよさそうな軍パンを履いて、シャツを合わせてバランスを取りたいです」

スタイリスト

佐藤弘樹 さん

2022年よりスタイリストとしてのキャリアをスタート。主に雑誌やブランドのルック撮影など、ファッション媒体で活動。アシスタント時代にヴィンテージ沼にハマり、いまではワードローブの半分以上が古着。70年代の雰囲気、トラッドなテイストが好み。たまの休みにキャンプへ出かける。

  


8.NIKE ACG / ウォーターキャット+

ナイキ ACGのサンダルのウォーターキャット+

「テックなんだけど、クラフトも感じられる独特なデザインは、なにかと信頼を置けるACGならでは。スタイリングを考えるときにも汲み取れるデザイン性と、一方、ノリでも履けるアクティブさ。その塩梅が、いまの自分のライフスタイルにもハマります。ナイトクラブにも履いて行きたいです」

会社員

小島 龍 さん

1996年、神奈川県生まれ。服飾学校卒業後、セレクトショップに入社。一時ヨーロッパへ行くもコロナで帰国し、再びファッション業界へ。趣味はレコード収集。たまにDJもしており、最近はグライム、ハウス、ドラムンベースなどを流すことが多い。好きな食べ物はネギタン塩とビール。

 

9.SHAKA / TABLE mountain AT

シャカの TABLE mountain AT

「グリップ力の高い厚底ソールもポイント。足運びがよく長時間吐いても疲れません。スニーカーとストラップサンダルのハイブリッド型が新鮮で差をつけられますね。インソールには高い抗菌・防臭効果、通気性、クッション性に優れた『SHAKA IN-FOAM』を採用していて、快適な履き心地です」

スタイリスト

深澤勇太 さん

スタイリスト歴15年。『メンズノンノウェブ』を始め、男性ファッションメディアで活躍。確かなリサーチ力で「お買い得」アイテムを提案する。アウトドアウェアやグッズにも精通。犬好き。

  


10.SALOMON / RX SLIDE 3.0

サロモンのサンダルのRX SLIDE 3.0

「最近、サロモンばかり履いています。とにかく履きやすすぎて……。なかでも、ものすごく綺麗な配色に惹かれて選んだのがこちら。夏のレジャーから街履きまで、幅広く使えそう。リネンやコーデュロイのショーツと軽快に合わせたいです!」

ユナイテッドアローズ&サンズ SALES MASTER

吉岡玲欧 さん

1993年生まれ。東京都出身。2015年ユナイテッドアローズ入社。ユナイテッドアローズ 原宿本店に配属後、20年にセールスマスターに就任。22年にはユナイテッドアローズ&サンズ バイヤーに就任。

   

11.MERRELL / HYDRO MOC

メレルのサンダルのHYDRO MOC

「真夏のアウトドアシーンで、いままさに使いたいサンダル。独特の形状をはじめ、メレルにしかないデザインに惹かれました。水陸両用なので、海に、川に、あちこちへ履いて行きたいです!」

キオスク シーシー BUYER

田村拓也 さん

大阪から上京後、goffaxに入社。現在は、2023年2月オープンのKIOSQUE CCにて、ショップスタッフ兼バイイングを担当する。

 


12.HOKA / HOPARA

ホカのオールホワイトのホパラ

「夏レジャーにむけ、厚底のスニーカーサンダルを探していたところ、去年から狙っていたホカの『HOPARA』に新色のオールホワイトが出たことを知り、飛びつきました。抜群のクッション性はもちろんですが、個人的には切り込みがポイント。普段は涼しく、水遊びのときには水捌けがよく快適です」

メンズノンノ 楊井

メンズノンノウェブ副編集長

編集Y

メンズノンノ編集部に15年以上在籍。「お買い得」アイテムが大好きで、通販サイトなどで毎日のように物色しては、トライ&エラーを繰り返している。休日は意外とアウトドア派で汗をかくのが好き。

  

13.TRIOP×EKAL

トリオープとエカルのサンダル

「今までに履いたことがないデザインとグレーとブラックのカラーリングにひと目惚れして購入。トライアングルシルエットのアッパーで、履いたときのシルエットがユニークです。アッパーをフィットさせるためのベルクロや、ほどよい硬さのオリジナルソールなどのディテールで歩きやすい仕様に」

アーバンリサーチ PR

西村滋紀 さん

北海道出身の道産子プレス。2023年6月で、プレス歴4年になる。アーバンリサーチで展開する全メンズブランドを担当。今シーズン気になっているのは、テック系のアイテム。

  


14.TRIOP

TRIOPのサンダル

「トライアングルシルエットのアッパーのサンダルは初めてですが、フィット感も良く、ブランドオリジナルのフッドヘットは程よい硬さもあって快適な履き心地です。Bshopは様々なコーデに合うベージュ×ブラックで配色別注をしているので、この夏の本命サンダルになる予感!」                                                                

Bshop PR

黒須将大 さん

Bshopの若手、名物PR。小物やカラーアイテムをさりげなく効かせたスタイリングが若者たちから人気を集めている。

  

15.シャカ / campbay bf

シャカの黒いトングサンダル

 「今流行りのBAREFEET(裸足)の意味だというbfというモデル名に惹かれました。甲ストラップでフィット性を高めているのでトングでもホールド力が高いのがいいですね。 高反発EVAミッドソールを組み合わせたBF SOLEは、薄型ながらクッション性抜群!」

メンズノンノモデル

樋之津琳太郎

メンズノンノモデルの中でもトップクラスの服好き。コスパアイテムから人気ブランドの新作まで幅広く着比べるウェブ連載「樋之津琳太郎の孤独の試着会」での等身大なコメントにも注目!

 

 


2|オシャレな人愛用のレザーサンダル18選

16.フラテッリ ジャコメッティ

フラテッリ ジャコメッティのレザーサンダル

「夏のマイ定番サンダル。毎年かなり重宝しています。デニムやスラックス、ショーツに合わせてもよし、ソックスと合わせてもよしな名品。レザー、ブレイク製法でソールの返りが抜群にいいです」                                                        

井上直哉 トゥモローランド プレス

トゥモローランド プレス

井上 直哉 さん

スーパーエーマーケット、ランドオブトゥモロー、エディション、キャバンといった、トゥモローランドで展開するセレクト業態のプレスを担当。

   

17.Maison Margiela

「マルジェラが作るシャワーサンダルは上品で、抜け感もあるところが気に入りました。アッパーはレザー、ソール部分はラバーで構成されており、履き心地も良いです」

1万円台以下のユニバーサルプロダクツのシャツ

1LDK プレス

吉池 優 さん

1LDKのプレス業務に加え、ビジュアルなどの制作を担当。

 


18.BIRKENSTOCK

オシャレな人愛用のビルケンシュトックのボストン

本人私物

福井さんがセレクトしたのは定番モデルのボストン。大人っぽいスエード素材がショーツスタイルを格上げしてくれる。ユニバーサルプロダクツの肉厚なアンクルソックスと合わせるのが、この夏の気分なのだとか。

1LDK ショップスタッフ

福井陽太 さん

人気セレクトショップ「1LDK」の看板スタッフ。スタンダードだけど今っぽい、等身大のスタイルを提案してくれる。

19.Lo Spago

「シップスのエクスクルーシブブランド、ロスパーゴのサンダル。実はオーダーしたアイテムで、華奢な足元が気分だったので女性が履いているようなクロスサンダルをベースに、素材はクロコの型押しレザーを使用。バックルは高級感を演出するためにゴールドに仕上げています。世界に一つだけのサンダルという点もテンションが上がります!」

シップス プレス 蒲生 龍之介さん

シップス プレス

蒲生 龍之介 さん

関西で販売員として勤務。今年4月よりプレスとして活動。

  


20.JUTTA NEUMANN for EDIFICE

夏のマイ定番 エディフィス サンダル

「夏場はよくグルカサンダルか、ビーサンのように思い切りラフなサンダルを選ぶことが多いです。このユッタニューマンのサムは全てのいいとこ取りのようなデザインで、革靴未満、サンダル以上の存在感!ほとんどスタイリングを選ばずに合わせられます。スクエアトゥの感じも今っぽい。別注の仕様で、インラインのものより上品な印象のカーフレザーに変更されているのもポイント。より品よく、かつ柔らかいレザーなのでなじみやすい一足です」

EDIFICE PR

桂大地 さん

ドレス、モード、ヴィンテージと垣根なく様々なファッションを好むエディフィスのPR。最近はまっていることは、激辛料理を食べ回ること。四川麻婆豆腐が特に好き。

   

21.PARABOOT

パラブーツのサンダル

「ありそうでなかった、渋みのあるレザーサンダル。別注アイテムの素材には、インラインのツヤッとした印象とは異なるマットな質感のクロムエクセルレザーを使用。上品さを兼ね備えながらもブランドらしい無骨さも併せ持ったところに惹かれます。これ1足でラフになりがちな夏のスタイリングも格上げできます」

ティラックのシェルジャケットのおしゃれな着こなし 3

JOURNAL STANDARD プレス

木下 羅生 さん

ジャーナル スタンダードの中でも、アウトドアな着こなしが得意。一家そろって山登り好きというアクティブな一面も!

  


22.Jutta Neumann × L’ECHOPPE

サンダル(ユッタニューマン フォー レショップ)¥71,500/レショップ 青山店

「数年ぶりの別注となったユッタニューマンのサンダル。頑固なおばあちゃんが手づくりで作っていて、型から別注をさせてもらうのは珍しいことなんです。スラックスに合わせたときの抜け感やクラフト感、デニムなどカジュアルなパンツと合わせたときの品の良さ、しっかり二面性があるところが気に入っています。履き心地も最高です」。

レショッププレス&ストアマネージャー

渡邉 浩貴 さん

レショップのPR・青山店 店長。アイテムへの目利きの鋭さと、こだわりはピカイチ! 

   

23.CAMINANDO×UNITED ARROWS

「カジュアルエレガントな革サンダルを探しておりまして。とくにサンダルタイプやスエード素材の靴は、この時期無性に履きたくなります。この靴は、スエードの色味、ゴールドバックル、シャープなワイズ……すべてがバランスよく調和していて、気に入っています。デニムのフレアパンツに白Tを合わせて、首にはスカーフを巻いちゃったりなんかしたいですネ」

ユナイテッドアローズ&サンズ SALES MASTER

吉岡玲欧 さん

1993年生まれ。東京都出身。2015年ユナイテッドアローズ入社。ユナイテッドアローズ 原宿本店に配属後、20年にセールスマスターに就任。22年にはユナイテッドアローズ&サンズ バイヤーに就任。

  


24.YOAK

「革靴派の僕にとって、夏の足元といえばレザーサンダル。でも、最近はグルカサンダル一辺倒で、マンネリを感じていたところ。このサンダルは、柔らかなピッグスキンを採用していて履き心地もよさそうですし、なによりヨークらしい異素材の組み合わせにワクワクします。キレイめなグルカでは合わせづらかったスウェットパンツなどを合わせたいと思います」

ムロフィス プレス

相原涼介 さん

1994年生まれ。福岡県出身。地元で7年間ショップスタッフとして勤務し、2022年にムロフィスへ入社。無類の映画好き。

 

25.Paraboot

パラブーツのスポーツサンダル

「パラブーツの中でも不動の人気を誇るグルカサンダルの“パシフィック”。デザイン、機能性ともに気に入っていて、ずっと前からヘビロテしているアイテム。古くなってきたので同じものを買い足しました。夏はカジュアルなスタイリングになるので、この一足をプラスして足元を上品に格上げしたいですね」

ビームスPR

百々南 さん

若い世代から支持を集めるビームスの看板PR。スポーツアイテムを軸にトレンドの要素をミックスさせたスタイリングが得意。rn

   


26.TOGA VIRILIS SHOE

「暑さが増してくるとブーツや革靴は履きにくくなってきますが、サンダルタイプであれば、革靴感覚を楽しみながら、涼しげに、そして快適に履くことができます。アッパーのクロスデザインが効いているトーガ ビリリースの新作なら、しっかり重厚感も効かせられます。カラーソックスを合わせてもいいですが、スラックスに素足で履いてもサマになりそう」

スタイリスト

佐藤弘樹 さん

2022年よりスタイリストとしてのキャリアをスタート。主に雑誌やブランドのルック撮影など、ファッション媒体で活動。アシスタント時代にヴィンテージ沼にハマり、いまではワードローブの半分以上が古着。70年代の雰囲気、トラッドなテイストが好み。たまの休みにキャンプへ出かける。

 

27.SANDERS

サンダースの黒サンダル

「Tストラップに存在感のあるレザーサンダルは艶やかな表地とミニマルなデザインが上品。ショーツ合わせでもカジュアルになりすぎず、エレガントさを保ってくれるのも嬉しいですね。グルカパンツにさらっとシャツを羽織ったいなたいスタイルも気分。インソールに採用されたPORON®素材はフィット感が抜群で衝撃を吸収してくれて、疲れにくい履き心地もポイントです」

グラストンベリー セールス

中本仁孝 さん

スタイリストをはじめするファッション業界人たちから信頼を集める。ファッションのみならずキャンプやアウトドアへの知識も深い。

   


28.OUR LEGACY

「無骨なワークブーツをクリーンなミュールデザインに昇華した、アワーレガシーらしい一足。手染め加工がほどこされていて、風合いに個体差があるのも魅力です。夏は足元の通気性も気になりますが、これなら足のムレも気にせずいられ、コーディネートも上品にまとめてくれそう。カジュアルなショーツに合わせたいです」

スタジオファブワーク・エンケル PR

西澤祐哉 さん

大学卒業後、アタッシュドプレスに入社。アパレルだけでなく、家具、インテリア小物、作家作品などもPR・販売している。ファッション、インテリア、アートが好き。

   

29.CAMPER

CAMPERの革サンダル
サンダル¥25,300/カンペールジャパン[TEL:03-5412-1844]

「革サンダルには珍しいカラーリングに惹かれました。でも、ただ珍しいだけでなく、ちゃんとファッション性の高さも感じられますよね。洋服で色モノを取り入れることがほとんどないので、色を効かせるなら足元。なんでもないときの普段履きとして、しっかり履き込みたいです!」

キオスク シーシー BUYER

田村拓也 さん

大阪から上京後、goffaxに入社。現在は、2023年2月オープンのKIOSQUE CCにて、ショップスタッフ兼バイイングを担当する。

 


30.BIRKENSTOCK × BEAMS

サンダル(ビルケンシュトック × ビームス)¥23,100/ビームス 原宿

「2019年春夏シーズンに発売も、即完したビルケンシュトック×ビームスのチューリッヒです。人気なトープカラーでどんなコーディネートにハマるのが魅力なポイントです。ソックスを合わせれば冬でも履けるのでコスパもいいアイテムだと思います! なんと2023年6月下旬に再登場するので、前回手に入れられなかった方や気になっている方は予約必須です!」

BEAMSプレス 丸 海都

BEAMS プレス

丸 海都 さん

BEAMSのPRとしてメンズノンノでもお馴染み。メンズノンノ世代と年齢も近く、コーディネートも参考にしやすいため読者からの支持も高い。

   

31.BOSABO×TOMORROWLAND

「ボサボの『ボストン』は、夏の個人的マストアイテムのひとつ。スタイリングのしやすさ、歩きやすさに、名品と呼ばれる所以を感じています。昨年はリネンパンツを合わせることが多かったですが、今季はデニムや古着のリンガーTなどと合わせてみたい。ソックスは、ブレッシアーニのタイダイ柄で。グルカの隙間から覗かせると、きっと可愛いです」

井上直哉 トゥモローランド プレス

トゥモローランド PR

井上直哉 さん

スーパーエーマーケット、ランドオブトゥモロー、エディション、キャバンといった、トゥモローランドで展開するセレクト業態のプレスを担当。

  


32.F.LLI GIACOMETTI

「完全に一目惚れです! 革サンダルは好きなので、毎年一足はなにかしら買っていますが、エキゾチックレザーのものが欲しい気分だったところ。艶っぽいスラックスやショーツと合わせて、肩肘張らず、ラフに街履きしたいです。正統派で目付の軽いフランスのスラックスメーカー・ベルナール ザンスなんかとも、相性が良さそう」

会社員

小島 龍 さん

1996年、神奈川県生まれ。服飾学校卒業後、セレクトショップに入社。一時ヨーロッパへ行くもコロナで帰国し、再びファッション業界へ。趣味はレコード収集。たまにDJもしており、最近はグライム、ハウス、ドラムンベースなどを流すことが多い。好きな食べ物はネギタン塩とビール。

 

33.Birkenstock×Fear of God

「大人っぽい印象のスエードサンダルですが、トゥがない分、ボストン型などより軽い印象で、夏に似合います。ニュートラルなカラーリングも、圧倒的な自然派スタイルのコレクションビジュアルも最高。アウトドアレジャーにも履いて行きたいと思います。靴下は、愛用中のSOCKSSSのお花柄ソックスで決まり!」

1LDK 商品企画

歌代 祐太郎 さん

1991年生まれ。1LDKにてハウスブランドの商品企画を担当。サイクリングとピンバッヂ蒐集が趣味。ピンバッヂは、カーハートなどのストリートブランドのものから、ジブリやピクサーといったアニメ映画にいたるまで幅広くあつめる。

 

 


3|黒、厚底、リカバリー…トレンドサンダル20選

34.ISLAND SLIPPER × BEAUTY&YOUTH

ISLAND SLIPPER × BEAUTY&YOUTHのサンダル

「アイランドスリッパの代名詞でもあるレザートングサンダルのカラー別注。何より色味が気に入っているポイントです。ISLAND SLIPPERらしいブラックやブラウンにはないどこかクリーンな印象に仕上げてくれるグレーが少しきれいめなスタイルとも相性抜群。この夏のスタメン入りです!」                                                                

ビューティ&ユース 横山さん

ビューティu0026ユース プレス

横山 翔一 さん

スナップ企画などにも多数出演している、おなじみのおしゃれプレス。上品なアイテムをこよなく愛し、シンプルでクリーンなスタイルが得意。

   

35.crocs

クロックスのサンダルのDYLAN CLOG

「『このブランドからこんなサンダル出てるの⁉︎』ってところが好きです。いい意味でクロックス感がない。ポップすぎず、高級感すらありますよね。一見インドアっぽい雰囲気で機能性はなさそうですが、ソールにはクッション材が使用されていてサポート力も耐久性もある。キャンプのときや、海や川に出かけるときにもオシャレできそうです」

スタジオファブワーク・エンケル PR

西澤祐哉 さん

大学卒業後、アタッシュドプレスに入社。アパレルだけでなく、家具、インテリア小物、作家作品などもPR・販売している。ファッション、インテリア、アートが好き。

 


36.Patricia Urquiola×CABaN

キャバン × パトリシア ウルキオラのサンダル

「世界的インテリアデザイナー・パトリシア ウルキオラ氏とキャバンのシグネチャーコレクションは、目をひくフォルムやモダンな素材づかいが特徴です。なかでも個人的なイチオシは、このレザーサンダル。適度にボリュームがあって足元のワンポイントになるし、ソックスとの相性も良くて、幅広いコーディネートに合わせられそうです」

井上直哉 トゥモローランド プレス

トゥモローランド PR

井上直哉 さん

スーパーエーマーケット、ランドオブトゥモロー、エディション、キャバンといった、トゥモローランドで展開するセレクト業態のプレスを担当。

   

37.ウーフォス

ウーフォスのリカバリーサンダル 春の旅に持っていくべき便利服

「ウーフォスのリカバリーサンダルは夏の旅にぜひ持って行きたいアイテム。飛行機の中、ホテル、ちょっとした外履きとしてなど用途は様々。トングではなくホールドタイプだからカジュアルすぎず、ソックスをあわせてオシャレも楽しめます。そして何よりクッション性が抜群で、疲れないのがいい。旅先のリラックスタイムがより充実すると思います」

スタイリスト

深澤勇太 さん

スタイリスト歴15年。『メンズノンノウェブ』を始め、男性ファッションメディアで活躍。確かなリサーチ力で「お買い得」アイテムを提案する。犬好き。アシスタント募集中。

    


38.AIGLE

エーグルのサンダル

「ビルケンが大流行中ですが、天邪鬼ゴコロでこちらをチョイスしました。アーニーパロの美しいシルエットのシャツなんかとハーフパンツを合わせて履きたいです。最近買った愛車・マツダのルーチェから降りる姿もクラシカルでいいのでは……と妄想中。裸足で履いてフェスに参戦するのもいいですね」

宮崎翔太

PR01. DIRECTOR

宮崎翔太 さん

1993年生まれ。熊本県出身。国内外のブランドのPRほか、クラークス オリジナルズをはじめさまざまなブランドのディレクション、また空間ディレクションなども担当する。

  

39.ADAM ET ROPÉ

「サンダルを買う上で重要視しているのがクッション性と履き心地で、このアイテムも足を入れた際のフィット感に惹かれて購入を決意。厚みと凹凸のある適度なボリューム感、柔らかな履き心地、汎用性の高いカラーリングが特徴です。ボリュームサンダルは選んだことがなかったのですが、夏場はもちろん、春や秋にもソックスを合わせた新鮮なスタイリングを楽しめると思っています」。

アダム エ ロペ プレス 田夛英照 さん

アダムエロペ プレス 

田夛 英照 さん

趣味はサウナ。休みの日は銭湯に行くことが多い。好きなアーティストはカネコアヤノ。ライブにもよく行く。

 


40.ザ・ノース・フェイス

1本のメインストラップとオリジナルの可動式バックルで作られたサンダルは、ミニマルなデザインがポイント。ソール部分には反発力と安定性に優れたFASTFOAMテクノロジーを採用。加えて、足の着地時にもかかとのブレを抑えるクレイドルテクノロジーをミッドソールに内蔵するなど、ねじれに強く快適に履き続けられるギミックが満載だ。

  

41.ザ・ノース・フェイス

re-activ flip サンダル(ザ・ノース・フェイス)¥9,900/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター

足の裏が触れるトップレイヤーにはクッション性の高い素材を採用。地面に接するアウトソールには安定性を追求したソールユニットで、はき心地抜群のサンダル。普段使いはもちろん、登山やトレイルランニング後の疲れた足でも楽に歩ける構造に。色鮮やかなプリントで、足元にアクセントをプラスして。

 


42.モンベル

モンベルのスリップオンサンダル

ユニークな構造の鼻緒が足の甲をしっかりとホールド。トングサンダル特有のかかとの浮き上がりが軽減されるため、歩きやすくて疲れにくいのが特徴。甲に直接当たる鼻緒には、肌当たりがやさしい素材を使用している。

 

43.モンベル

モンベルの黒いロックオンサンダル

柔らかく、丸みがある鼻緒がアイコニックなサンダル。靴下を履いたままでも履ける「ソックオンサンダル」に、バックストラップを取り付けることでホールド感をアップ。より運動性が高まり、幅広いシーンで重宝する。

 


44.シャカ

シャカの黒いトングサンダル

 草履の鼻緒のようなデザインと甲ストラップでフィット性を高めている。鼻緒にダブルメッシュを使用し、甲部にワンストラップを配すことでトングサンダルの弱点であるホールド性を克服! 高反発EVAミッドソールを組み合わせたBF SOLEは、薄型ながらクッション性抜群だ。

  

45.Teva®

テバのoutflow ct

スニーカー(テバ)¥16,500/デッカーズジャパン

接地面が多く快適な足運びを実現するスパイダーラバーのアウトソールはクッション性とグリップ力が抜群。速乾性も高く、水辺でのアクティビティにも使える優秀デザインだ。アウトドアライクなレースも今の気分にぴったり! 


46.SKECHERS

スケッチャーズのdlux trekker sandal umbago

スニーカー(スケッチャーズ)¥9,900/スケッチャーズ ジャパンお客様コールセンター

クッション性の高さで快適な履き心地を実現するボリュームソールに注目。撥水加工を施したフック&ループで足全体をホールドするアッパーに、メモリーフォームインソール、サポート力のあるミッドソールを搭載している。

   

47.HOKA®

ホカのリカバリーサンダル

ホカのリカバリーサンダル

ホカおなじみのボリュームソールが抜群のクッション性と快適性を実現。長時間酷使した足を休息させてくれる。4か所のエアフローベンチレーションにより、通気性にも優れた1足だ。

 

48.テリック

テリックの黒いトングサンダル

リカバリーサンダルで有名なテリックから厚底のトングサンダルが登場。アウトソールに防滑ソール「ALLROADS」を採用した機能性の高さにも注目だ。指の間のあたりを軽減するために柔らかいレースを使用し、履き心地も追及している。

 


49.OOFOS

ウーフォスのリカバリーサンダルの新色

火つけ役の軽やかな履き心地にファン多数。マーズレッドはアクセントに最適。

  

50.メレル

メレルの黒いトングサンダル

メレル初のリカバリーサンダルとして注目を集めるモデル。ソールには最高レベルのクッション性とサポート性を実現させた「FloatMax™」を搭載している。フットベッドには汚れや臭いからシューズを守る抗菌防臭の「NXT加工」が採用されている。

   


51.TELIC

テリックのリカバリーサンダル

シャークソールは計算された末広がりの設計で、安定感が高い。甲部分のボリュームも今旬! 

 

52.大和工房×MIZUNO

大和工房×MIZUNOのサンダル

「雪駄、なのにアクティブ。それを叶えるのがミズノのすごさです。ミズノは自社で弓道具なども作っており、突拍子もないコラボでもありません。じつは高校時代に弓道をしていて、ミズノの矢を使っていました。そうした経緯も含め、このコラボにはひときわ心惹かれています。学生時代に使っていたものを大人になってファッションとして取り入れる。なんとも言えない満足感があります」

ムロフィス プレス

相原涼介 さん

1994年生まれ。福岡県出身。地元で7年間ショップスタッフとして勤務し、2022年にムロフィスへ入社。無類の映画好き。

  


53.SUICOKE×TOMORROWLAND

「猛暑の時期に、快適かつカジュアルに履けるサンダルを探していました。スイコックに別注したこちらは、クッション性が高く、デザイン性もバッチリ。ラフになりすぎないようにカラーソックスを合わせて、コーディネートのハズしに使いたいです」

井上直哉 トゥモローランド プレス

トゥモローランド PR

井上直哉 さん

スーパーエーマーケット、ランドオブトゥモロー、エディション、キャバンといった、トゥモローランドで展開するセレクト業態のプレスを担当。

Photos:Yoshio Kato Yuichi Sugita

 

楊井

楊井

メンズノンノウェブ編集

メンズノンノウェブ副編集長。メンズノンノ編集部に15年以上在籍し、ファッション、タレント取材など幅広く記事を担当。休日は意外とアウトドア派で汗をかくことが好き。

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 最新ファッション
  • 【53連発】23年夏の「名品サンダル」傑作選!服好き愛用のスポーツサンダルやレザーサンダルからトレンドアイテムまとめまで!

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-cxense-recommend ( trigs ) ▼

FEATURE

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-feature ▼

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-popin-recommend ▼

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-movie ▼

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-special ▼

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼