▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

板垣瑞生インタビュー、女性の心情がわかる映画『胸が鳴るのは君のせい』

板垣瑞生インタビュー、女性の心情がわかる映画『胸が鳴るのは君のせい』

▼ WPの本文 ▼

MOVIE

MIZUKI ITAGAKI

板垣瑞生

2000年10月25日生まれ、東京都出身。2014年に映画デビュー。映画『ソロモンの偽証』『初恋ロスタイム』、NHK連続テレビ小説『エール』、大河ドラマ『麒麟がくる』、『社内マリッジハニー』などに出演。

「少女マンガ原作は、男だって楽しめる」

フラれても一途(いちず)に片思いを貫く女子高生を描いた映画『胸が鳴るのは君のせい』は、人気の少女マンガを実写化したもの。ヒロインの同級生・長谷部役を演じた板垣瑞生さんは、その世界観を「男の人にはハードルが高いかも」と前置きしつつ、違う見方を提案する。

「僕もたまに少女マンガ原作の映画を観るんですけど、女性にしかわからない心情だったり生き方だったり、異性を理解するうえで面白い材料になるんです。この映画は丁寧に登場人物の日常が描かれているので、人間を描いたひとつの作品として観てほしいです」

プライベートではオリジナルのデニムを作りに行くほどのファッション好き。当然、役の衣装にもこだわった。

「人間の心って洋服にも出るじゃないですか。一個の表現として、長谷部が着る洋服の色も緑を中心にしてもらいました。ちょっとチャラくて嫌な男に見えるかもしれないけど、視覚的には優しい印象を与えたかったんです」

現在20歳。映画やファッションなど多くの趣味を持つ彼が今、特にハマって集めているのが、レコード。

「ヒップホップが好きで、最近はPSGのトラックをかけてフリースタイルでラップする遊びをしています。新しいフロウを開発したときは、うえーいみたいな(笑)。めっちゃ楽しいです」

 


『胸が鳴るのは君のせい』



高校生のつかさ(白石聖)は、転校生の有馬(浮所飛貴〈美 少年/ジャニーズJr.〉)にフラれながらも片思い続行を宣言。同じクラスの長谷部(板垣瑞生)は、そんなつかさに興味を抱く。
●6月4日より、全国公開
©R.K,S/HBFP

ジャケット¥48,400/エンジニアド ガーメンツ シャツ(エーアイイー)¥25,300/ネペンテス

Photo:Kanta Matsubayashi Hair & Make-up:Shinji Okuyama[barrel] Stylist:Shuichi Ishibashi Text:Kozue Matsuyama

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼