▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

メンズノンノからのラブコールに応えて、ソウルからあの人気者が登場! パク・ソジュンの、 これからの話。

メンズノンノからのラブコールに応えて、ソウルからあの人気者が登場! パク・ソジュンの、 これからの話。

▼ WPの本文 ▼

日本でも大ヒットした、韓国ドラマ『梨泰院クラス』の主人公パク・セロイを演じ、トレードマークであるベリーショートまで人気になるなど、間違いなく2020年の顔であるパク・ソジュンさん。メンズノンノモデルやスタッフ、読者にもファンが多い彼への、独占インタビューに成功! 冬ファッションを纏った撮り下ろし写真とともにお届けする。

Park Seo Jun


プレッピーな冬の着こなしをカラーで楽しむ
ネイビーのロングコートに鮮やかなニットとシャツを合わせたプレッピーな着こなし。ゆったりしたシルエットが今っぽい。コート(POTTERY)・ニット(HOWLIN’)・パンツ(キャプテン サンシャイン)/maniac mansion 靴/Padmore & Barnes シャツ/スタイリスト私物

※この特集内に掲載した商品はすべて韓国でリースされたもので、日本国内のお問い合わせ窓口はありません。

個性的なセットアップをジェンツに着こなして
武骨なワーク感のあるグレーのセットアップのインに、品のいいシャツを着てタイドアップ! 足もとも革靴にして、あえてジェンツな要素と組み合わせた。役によりいろいろな魅力を演じ分けるソジュンさんにぴったりの、余裕を感じるミックス感。ジャケット・パンツ(ともにJacquemus)/G.STREET 494 HOMME シャツ/アダー エラー 靴/パラブーツ ネクタイ/スタイリスト私物


メンズノンノは20代の頃から
知っていました! 
僕もファッションが好きで、
人の内面を表現するような
着こなしがカッコいいなと思います

MEN’S NON-NO Exclusive

Special Interview!!!

ドラマ『梨泰院クラス』のパク・セロイ役から〝男が憧れる男〟としてイメージを一新した俳優パク・ソジュン。本人も予想外だったという日本での人気や、俳優としてのこれから、ファッションにいたるまで、率直に語ってもらった。


また世界を自由に行き来できる日が来たら、
皆さんに会いに行きます

パク・ソジュンが考える2020年、
現在、これから

 2020年はたくさんの方に『梨泰院クラス』を愛していただき、とても感謝すべき年になりました。ただ、いまだに日本で人気があるという実感がわかないんですよ。もちろん日本のお笑いの方などいろんな人たちがパク・セロイの髪型をマネしてくださっているのは知っています。その話をスタッフやファンの皆さんから教えてもらって、日本でもそんなに人気になるなんて想像もしていなかったので、とても不思議でした。僕個人としては髪型までマネしなくてもいいんじゃないかと思っています…手入れも結構大変なんで(笑)。コロナ禍の影響がなかったら、きっと日本に行ってたくさんの方にお会いできていたと思うので、それがとても残念です。
 『梨泰院クラス』は日本の男性たちからも多くの共感をいただけたようですが、韓国と同じく、日本でも決して楽ではない生活を送っている青年はいると聞いています。だからこそ、どん底から這い上がり成功するパク・セロイの姿に共感してもらえたんだと思います。またセロイを見ながら、頑張ることを諦めてしまった自分を、もう一度奮い立たせようという気持ちも引き出せたのかなと。セロイのように、一度立てた目標を達成するまで努力する人はとても強い人ですよね。どんなに目標に向かって走り続けていても、現実にぶつかって妥協をしてしまい、夢を諦めてしまうこともあるじゃないですか。でも、そういうのに打ち勝つ精神力、自分の怠惰に勝てる人はとても強い人だと思います。僕もいつも自分と闘っているような気がします。
 俳優として演技力を磨くことは、僕個人が当然、努力すべきことですが、仕事をするうえで、それ以上に大切だと考えているのは一緒に仕事をする人たちとの信頼関係です。共演者や、現場のスタッフなど、その場に関わる方たちと、まずは人間関係を築き上げることから始めます。例えば新しい作品に取りかかるとき、その役にどんな衣装が合うのか、スタイリストチームとたくさん話をしながら、キャラクターのイメージを絞ります。『梨泰院クラス』の場合は、パク・セロイはマグロ漁船に乗っていました。きっと実際に着る服も作業しやすい実用的な服を選ぶと思ったので、あのようなワークスタイルになりました。そうやって現場でたくさん意見を交わしながら、みんなが一丸となって作品を作り上げていくことが、とても重要だと思っています。
 俳優としての今後の目標は、パク・ソジュンのフィルモグラフィをどう埋めていくかということ。デビュー当時は今のようにいろいろな作品に出演するのが夢でしたが、今はどんな作品に出演するかが大事な時期だなと。作品選びの基準は特になくて、その時々の状況や考えで少しずつ変わるんですが、そんな変化をしっかりととらえながら作品に出演するのが今の目標です。あとから振り返ったときに後悔のないように。プライベートでの目標は特にないんですが、何かハマれる趣味を探しています。最近、映画を撮り終えて時間の余裕が少しできたのに、何をしたらいいかわからなくて(笑)。オフのときはいつも友人たちと会うことが多く、趣味を見つけるほど休みも長くなかったので、これから何か見つかるといいですね。


冬に温かみと彩りを与える
心地いいカラーニット
寒い朝だって、気持ちが明るくなるようなビビッドカラーのニットがあれば、ごきげんで出かけられそう。アウターからのぞかせてアクセントに、アウターを脱げばパッと目を引く存在感が。[上]ニット(HOWLIN’)/maniac mansion

時と経験を重ねて変化した
ファッション観

 メンズノンノはもちろん知っていました。雑誌は創刊して何年くらいになるんですか? 僕は20代前半の頃から知っていましたけど、たぶんもっと歴史がありますよね? 雑誌ってそのときのトレンドが反映されるじゃないですか。しかも海外のファッション誌の撮影をする機会はあまりなかったので、今回、こうやって誌面に登場することができてとてもうれしいです。
 僕自身もファッションは好きなんです。昔はきっちりと全身コーディネートをするのが好みだったんですが、最近は抜け感や楽さを追求している気がします。またシチュエーションに合わせてどんな服を着るのか、どうやってマッチするのかも考えます。でも一番重要なのは着ている人の内面を表現できているかどうか。どんな着こなしであろうと、内面からにじみ出る人間性が感じられたら、そのコーディネートはとてもカッコいいですよね。20代のときはとにかく服の組み合わせやスタイルにばかりこだわっていたけど、今は楽な着こなしだけど自分を最もよく見せられるのはなんだろうか? と思いながら服を選ぶことが多いですね。具体的には、ストリートとダンディをミックスしたスタイルが好きです。あと、年を重ねるにつれてTPOを強く意識するようになりました。なので海外旅行の際は、必ずスーツ1着とフォーマルな靴を用意します。たとえそれを着る機会がなかったとしてもです。
 今日の私服のファッションポイントですか? 今日は撮影で着替えるので、楽な格好で来ました(笑)。

韓国に来られるようになったら
こんな体験をしてほしい

 僕も海外を訪れたら、たとえ現地の人から見たらベタな行き先だとしても、まずは有名な観光地に行ってみます。その国の文化を真っ先に体験できる場所だと思うので。だから韓国でおすすめの場所というとやっぱり明洞ですかね。位置もソウルの中心ですし、旅の拠点にするにはちょうどいいと思います。あとは、韓国の市場にもぜひ行ってほしい。僕もソウルだけでなく地方のロケがあるとき、時間があれば昔ながらの市場に行くんですが、そこでホットクやクァべギ(揚げドーナツ)を食べると、幼い頃の記憶が蘇ってとても楽しいんです。実際に皆さんにも市場のおやつやごはんを食べるという体験をしてもらえれば、韓国の文化をより知ってもらえるんじゃないかなと思います。
 あとメンズノンノ読者におすすめしたいのが、ソウルファッションウイーク開催時のDDP(東大門デザインプラザ)。例年は春と秋に開催されますが、ファッション関係者が集まるのでソウルのトレンドがわかりますし、その時期は屋台でいろんなものも食べられるので楽しい経験になると思います。あとは買い物やお酒を楽しむならカロスギルかな。20代のおしゃれな若者が集まる江南エリアは楽しいはずです。そして梨泰院は言うまでもないですよね。ドラマに何度も登場した南山にもぜひ足を運んでほしいです。まずは早く、コロナ禍が落ち着くことを願います。

会えない今だからこそ
伝えたいメッセージ

 今回、誌面を通じて皆さんにお会いできる機会をいただけてとても感謝しています。実は僕のスタイリストも熱烈なメンズノンノのファンなんですが、今日の撮影でソンドク(ファンとして成功する)できたと喜んでいました。それくらい韓国でも好きな人が多い有名誌に登場できてとても光栄です。そしてこれを機に様々な場所で、皆さんにたくさんお会いできればと思います。今は全世界が大変な時期だと思いますが、いつかまた日本と韓国が自由に行き来できるようになったら、直接皆さんにお会いしたいです。これからも俳優としてどんな活躍を続けていくのか、ぜひ期待して見守ってください。ありがとうございました。


Profile

パク・ソジュン
1988年12月16日生まれ、ソウル特別市出身。数々のドラマや映画などに出演し、世界中にファンを持つ。主演を務めたドラマ『梨泰院クラス』が大ヒットした。今後の活躍に期待が高まる。

Model:Park Seo Jun Photos:Jawook Park Hair:Jungmi Eom[PRANCE] Make-up:Dallae Jeon[PRANCE] Stylist:Hyerim Im Coordination:Shinhae Song[TANO International] Interview & Text:Asaki Kan

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼