▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

地獄の新日本プロレス式筋肉修行①! 伝統のトレーニングを棚橋弘至が熱血指導![腕立て伏せ編]

地獄の新日本プロレス式筋肉修行①! 伝統のトレーニングを棚橋弘至が熱血指導![腕立て伏せ編]

▼ WPの本文 ▼

筋トレ系ユーチューバーも人気だけど、筋トレといえばやはり元祖はプロレスラーだ!そこで今回は、新日本プロレスのエース、棚橋弘至が伝統のトレーニングを熱血指導!常識破りのトレーニングはマジ過酷だけど、そのぶんちゃんと効きマッスル!

棚橋弘至さん
1976年生まれ。99年に新日本プロレス入門。鍛えあげられた美しい肉体と天性のプロレスセンスですぐに頭角を現し、絶対的なエースとして現在のプロレスブームを牽けん引いんする。キャッチフレーズは「100年に一人の逸材」。

腕立て伏せ

胸や腕、肩などのいわゆる"見せる筋肉"を鍛えることができるので、わかりやすく目立つ部分を引き締めたい人におすすめのトレーニング。

可動域を広くとれるため、効果がさらに期待できるバーは、通販などでも簡単に手に入る!

 


ライオンプッシュアップ

新日本プロレスの代名詞ともいえる伝統のトレーニング。上半身、下半身の筋力はもちろん、肩関節の柔軟性もアップ!

両脚を腰幅の2倍ぐらいの位置に大きく広げて、手の指先はまっすぐ正面に。お尻を天井に向けて突き上げるイメージで。

ひじを床スレスレまで曲げてカラダを沈める。


顔と胸を床スレスレまで近づけながら、カラダを前方にスライドさせる。このときできるだけカラダのラインはまっすぐに。

両手で床を押して上体をしっかりと反らし、顔を大きく上げたら最初の位置に戻る。キツイけど、ほら、大胸筋が喜んでる!

 


首入れプッシュアップ

プッシュアップにひねり系の動きを加えることで、首と肩関節と脇腹にも効いてくる。

両脚を肩幅ぐらいに開き、ひじを曲げ、顔や胸が床スレスレになった状態からスタート。

カラダを持ち上げると同時に、上体をひねり、首を脇の下にぐっと入れる。


1.の体勢に戻し、今度は反対の脇の下に首をぐっと入れる。肩甲骨を引き寄せる感じで、深く入れれば入れるほど効き目もアップ!

怒涛の1日を動画でもレポート!

撮影協力/ゴールドジム サウス東京ANNEX

Photos:Kanta Matsubayashi  Hair & Make-up:Mizuki Yamada  Models:Daisuke Nakagawa Kotaro Inai [Both are MEN’S NON-NO models]  Illustrations:Akatsuki  Text:Masayuki Sawada

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • BEAUTY
  • ボディ
  • 地獄の新日本プロレス式筋肉修行①! 伝統のトレーニングを棚橋弘至が熱血指導![腕立て伏せ編]

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼