▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【まとめ】ユニクロのアイテムを使った、春コーデ厳選10

【まとめ】ユニクロのアイテムを使った、春コーデ厳選10

▼ WPの本文 ▼

たくさんあるユニクロの中から、服好きはいったい何を買うのか──。今回は「ユニクロ」のアイテムを使った、リーズナブル&今から春まで活躍するコーディネートを、過去の記事からピックアップして紹介します!

ユニクロ ユーの
「モックネックプルオーバー」

大人っぽいグレースラックスに
インしてクール&シックに

首にきれいに沿って立つネックがスタイルのポイントになるモックネックプルオーバー。これからの季節に、一枚でもインナーでも使える万能アイテムだ。肌触りはソフトで心地よくハリがあって、今っぽいゆったりしたシルエットを品よくキープ する。ネックは首に合わせてサイズを選んでスマートな印象をつくりながら、ボディは少し余裕があるように見せることでこなれた雰囲気に。テーパードした大人っぽいグレースラックスにインして、クール&シックなモノトーンルックに仕上げよう。

ロンT¥1,990・パンツ¥2,990/UNIQLO[TEL:0120-170-296] その他/スタイリスト私物

Photos:Yuhki Yamamoto Hair & Make-up:Eriko Yamaguchi Stylist:Masaaki Ida Model:Shota Inoue[MEN’S NON-NO Model] Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

  

「EZYアンクルパンツ」
(ウルトラストレッチドライEX)

ラガーシャツ風Tシャツと合わせて
カジュアルで品のあるスタイルに

ちょっとアクティブに過ごしただけで、パンツの中で汗をかいて動きづらい。そんなときの解決方法がこの1本。全方向に自由に伸びるウルトラストレッチ素材で、歩くことはもちろん、膝を曲げたり跳んだりするのも楽。また、汗を吸収して肌をサラサラにキープするドライEX機能でつねに街歩きを快適な状態にする。テイパードシルエットが脚をきれいに見せてくれるのも魅力だ。スラックスに見える上品な顔立ちは、カジュアルなスタイルを適度に格上げ。ラガーシャツ風のスタンドカラーTに合わせて、“カジュアルな遊びを感じるけど品がいい”といったスタイルにも使える。

パンツ¥2,990・Tシャツ¥1,990/UNIQLO[TEL:0120-170-296]  靴¥24,000/クラークスジャパン[TEL: 03-5411-3055] ソックス/スタイリスト私物

Photos:Yuhki Yamamoto Hair & Make-up:Eriko Yamaguchi Stylist:Masaaki Ida Model:Shota Inoue[MEN’S NON-NO Model] Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

  


ユニクロユーの
「スウェットパーカ」

ベストとのレイヤードで
奥行きのあるワントーンに

シンプルなパーカを今っぽく着こなすために、同色のベストをレイヤードしてもいい。異なる素材感で立体感が生まれ、奥行きのあるワントーンスタイルに仕上がる。これだけで簡単にこなれた雰囲気になれるのが嬉しいところ。さらにボトムスがセンタープレス入りのスラックスなら、スポーティーに寄り過ぎず、都会的な上品さを保つことも可能だ。キャップやスニーカーを足したりフードを被ったり、ストリート感の調整はお好みで。

べスト(ダイワ)¥19,500/グローブライド[TEL:0120-506-204] パンツ(ワーダー)¥18,000/デザインワークス イチキュウロクゴ トウキョウ[TEL:03-3406-7669] スニーカー¥28,000/ニューバランス ジャパン お客様相談室[TEL:0120-85-0997] 帽子¥4,727/ルルレモン[TEL:080-0080-4090]

Photos: Shinsaku Yasujima  Stylist: Masashi Sho Hair: MIHO EMORI Model: Keisuke Nakata[MEN’S NON-NO model] Composition&Text:Takako Nagai

  

「スウェットパーカ」

パーカにルームパンツを合わせて
家でも外でもシンプル&リラックス!

清潔感のあるオフホワイトのスウェットパーカは、ワンマイルウェアに不可欠な万能アイテム。ボリュームのあるトップスに対して、ボトムスは軽やかさのある、すっきりした印象のアンクル丈のパンツでメリハリをきかせて。パーカは、ふくらみを感じるゆったりしたシルエットと肌当たりのいいフレンチテリー素材で、リラックス感たっぷり。パンツのウエストにはゴムが入っていて、しっかり体にフィットする。本来ホームウェアだけど、街着としても活躍!

パーカ¥2,990・カットソー¥1,500・パンツ¥1,990/UNIQLO[TEL:0120-170-296] スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター[TEL:0120-819-217]

Photos:Keisuke Kitamura Hair & Make-up:Aya Murakami Stylist:Masaaki Ida Model:Takuya Wakabayashi[MEN’S NON-NO Model] Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

  


ユニクロユーの「シャツジャケット」

ミニマルなワントーンに大人めブラウンをはおってメリハリをつける

軽やかな風合いをもつダークグレーのスタンドカラーシャツに、滑らかでリッチな質感の同色パンツを重ねることで、エレガントなワントーンルックをつくる。ミニマルな着こなしに、ブラウンのジャージー素材のシャツジャケットをはおって、適度な緩急を演出。しっとりとした印象のワンツーコーデに、適度に光沢のあるジャケットが高級感をプラスする。

シャツジャケット¥ 5,990・シャツ¥2,990・パンツ¥3,990(すべてユニクロ ユー)/UNIQLO[TEL:0120-170-296] 靴(アシックスランウォーク)¥27,000/アシックスジャパン お客様相談室[TEL:0120-068-806] その他/スタイリスト私物

Photos:Keisuke Kitamura Hair & Make-up:Aya Murakami Stylist:Masaaki Ida Model:Takuya Wakabayashi[MEN’S NON-NO Model] Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

  

「プレミアムラム
Vネックカーディガン」

スタイルにメリハリをつけながら、
適度なリラックス感を添える

体をふっくら包み込むような、しっかりした生地感と温かさが特徴のカーディガン。色は清潔感のあるナチュラルがおすすめ。柔らかい表情を生かすために、フランネルの白シャツを重ねて優しい印象にまとめる。かしこまりすぎないように、スタイリッシュなスタンドカラーに、マスタードカラーのモックネックカットソーを上品なアクセントとしてイン。ブラウンのテーパードパンツで、スタイルにメリハリをつけながら、適度なリラックス感を添える。

カーディガン¥3,990・シャツ¥1,990・カットソー¥1,000・パンツ¥2,990/UNIQLO[TEL:0120-170-296]  その他/スタイリスト私物

Photos:Arata Suzuki[go relax E more] Hair & Make-up:Miho Emori[KiKi] Stylist:Masaaki Ida Model:Rintaro Mizusawa[MEN’S NON-NO Model] Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

  


「ワイドパンツ」

ボリューミーなカーディガンには
ワイドパンツが相性抜群

『モヘアのカーディガンはボリューミーな感じが可愛くて買いました。パンツのシルエットとも相性がいいし、アウターの中にも着られて重宝しています。』(坂田 秀晃)

カーディガン:ハレ(HARE) トップス:ギルダン(GILDAN)パンツ:ユニクロ(UNIQLO)靴:ミスターオリーブ(MR.OLIVE)

  

「スマートアンクルパンツ」

ネイビースラックスは
ワントーンルックで組むのが正解

ネイビースラックスはクリーンな印象を出せるマストなパンツだ。テーパード&アンクル丈がすっきりした印象を与え、履くだけでちゃんと今っぽいファッションになるのだ。ここは、奇をてらわずに、スポーティなアウターと差し色になるスニーカーを使って、安定感のあるワントーンルックを組むのが正解。白いモックネックやソックスなど、ちらっと見えるパーツで遊びを入れるのもおすすめ!

パンツ¥2,990・ダウンコート¥9,990・ニット¥2,990・カットソー¥1,000/UNIQLO[TEL:0120-170-296]  その他/スタイリスト私物

  


「ヴィンテージ
レギュラーフィットチノ」

ダークオレンジのフリースと
合わせて温かみを演出!

ヴィンテージ風にアレンジしたチノは、それだけでこなれ感がある。ちょっと男くささがあるから、柔らかい印象をもつ定番のフリースとジャストフィット! ダークオレンジのフリースにブラウンタートルネックを重ねて温かみのある表情を演出しながら、白スニーカーで軽快に。ベーシックなパンツだからこそ、少しの重ね着やクリーンな装いをつくることができる!

パンツ¥2,990・フリース¥1,990・カットソー¥1,000/UNIQLO[TEL:0120-170-296]  その他/スタイリスト私物

Photos:Arata Suzuki[go relax E more] Hair & Make-up:Miho Emori[KiKi] Stylist:Masaaki Ida Model:Rintaro Mizusawa[MEN’S NON-NO Model] Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

  

「チノパン」

華やかな柄も余裕でこなす、
包容力のある1本

「1枚で即効性のある、カラフルなチェックシャツ。そこに、くだけたチノを合わせることで、肩の力の抜けた着こなしに。ユニクロが独自で開発した生地は、シワになりにくいのに柔らかな肌当たり。ほどよくハリのあるパンツは、ラフなコーデをきれいめに着地させるのにうってつけ。」

パンツ¥2,990/UNIQLO シャツ¥55,000/エイチ ビューティ&ユース スウェット(N.ハリウッド)¥26,000/ミスターハリウッド Tシャツ¥11,000/A.P.C. CUSTOMER SERVICE メガネ¥38,000/アヤメ

Photos:Kento Mori(model) Yuichi Sugita(still) Hair & Make-up:NOBUKIYO Stylist:Shun Katakai[tsuji management] Model:Keisuke Nakata[MEN’S NON-NO model] Illustrations:Peko Asano

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼