▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

withマスク時代の3つの肌トラブル。原因と対策を知ってケアしよう

withマスク時代の3つの肌トラブル。原因と対策を知ってケアしよう

▼ WPの本文 ▼

マスクをつけることによる肌トラブルは大きく分けて3つ。それぞれの原因と対策を見極めることが美肌への近道になるので、きちんと理解をして、正しいケアを実践していこう!

こすれ

しっかりケアすることでもダメージは防げるんだね

原因

マスクと肌がこすれることにより、肌荒れ、シミの原因にも

表情を動かすだけでも、マスクと肌の間には小さな摩擦が起こっている。そのダメージが蓄積されると、赤み、かゆみ、さらには色素沈着によりシミになってしまう可能性もあるので、油断大敵。マスク選びとスキンケアがキーになる。

対策

スキンケアアイテムをちゃんと塗って肌とマスクの間のクッションに

マスクはなるべく肌に優しい素材を選ぶに越したことはない。また、きちんとケアしバリア機能を保つことができると、物理的なダメージも軽減できる。肌の状態に合わせ、保湿をするなどスキンケアの見直しもしっかり意識しよう。

 

蒸れ

定期的にマスクを外して蒸気は逃がすよう意識!

原因

蒸気がこもると雑菌が繁殖しニキビができやすくなる!

ニキビや肌荒れなどの原因は、蒸れと乾燥の極端な湿度変化によるもの。マスクをつけて蒸れている状態は雑菌が繁殖しやすく、マスクを外すと急に乾燥に傾く。肌のバリア機能も低下し、ニキビなどができやすい肌環境に……。

対策

刺激の少ない敏感肌コスメで肌をいたわりながら丁寧にケアを

常にマスクを外しているわけにもいかないので、肌荒れを感じたら敏感肌対応のスキンケアラインに切り替えるのが得策。抗炎症の成分かつ肌に穏やかなアイテムにすれば、肌への負担を極力抑えながらケアしてくれるぞ。

 

日焼け

日焼け止めも毎日のルーティンにすれば安心

原因

マスクをしているからといって、日焼けをしないとは限らない!

マスクをしているからといって、日焼け止めをおろそかにしないように! UVケア効果のないマスクは紫外線を通してしまうので、目のまわりだけ日焼け止めを塗ってしまうと、日焼けによる色むらができてしまう可能性もあるのだ。

対策

マスクの下もちゃんと日焼け止めを塗って、部分焼けを防ぐ

日焼けむらを防ぐためにも、日焼け止めはマスクで隠れる部分にもきちんと塗ろう。顔の中でも日焼けしやすいTゾーンや、マスクと肌がこすれて日焼け止めが落ちやすい頬、フェイスラインは重ね塗りをするとさらに安心だ。

 

[白衣カット]すべてスタイリスト私物

Photos:Yuzo Touge(model,still) Naomi Ito(still) Hair & Make-up:NOBUKIYO Stylist:Masashi Sho Model:Rintaro Mizusawa Composition & Text:Shohei Yogi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼