▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

まさに飲むレインボー!  [映え飯  が食べたくて…#01「さぼうる」のクリームソーダ]

まさに飲むレインボー! [映え飯 が食べたくて…#01「さぼうる」のクリームソーダ]

▼ WPの本文 ▼

見ているだけでお腹いっぱいにしてくれたり、めちゃくちゃ食欲がそそられたり、彩りや盛り付けのセンスに癒されることもある。やっぱり、グルメっておいしいのはもちろんだけど、見た目が大事なんだよな。ペロリといただくその前に、パシャリと収めて友だちにシェアしたくなる「映え飯」リレー、第一回は神保町の名喫茶から。

 

「さぼうる」のクリームソーダ

ブルーは創業当初からの一番人気。最近はオレンジとむらさきが新色に追加。クリームソーダ¥750
 

連載1回目は、集英社がある神保町の名店「さぼうる」。メンズノンノ編集部員のチルアウトスポットでもある純喫茶だけど、コーヒーに負けない人気メニューがクリームソーダだ。創業当時(昭和30年!)は2色だったけど、マスターの思いつきで少しずつ増やして、現在は6色もメニューにある。店長の伊藤さん曰く「取引先のジュース会社と相談したり、自分のこどもやその友達に意見を聞いたり、かき氷店のカラフルなシロップも参考にして決めました。色によって味も微妙に変えているんです」だそうだ。「いまクリームソーダの絵本を作っていて、そこで新色をお披露目する予定なのでお楽しみに!」とのこと。青は最初からある人気の色。暑い夏にぴったりだ。

 

期待通りのピザトースト

カットされているから友だちとシェアできるけど、メンズなら一人でペロリだ。ピザトースト(大)¥750

厚切りの食パンにチーズと具材がたっぷり盛り付けられたピザトーストは純喫茶の定番メニュー。何度も味を更新しようと思ったらしいけど、王道に徹することに決めてピーマン、ベーコン、マッシュルーム、オニオンのトッピングを変えていないんだって。安定の味はモーニングで食べたい。

 

青春の味がするいちごジュース

氷がクラッシュされているから甘い割にみずみずしい。いちごジュース650円。

30年くらい前にマスターが銀座かどっかの喫茶店で見た、おいしそうな桃のジュースにインスパイアされて研究し、辿り着いたのがこのいちごジュース。果肉とシロップと牛乳とクラッシュされた氷がシェイクされていい具合に甘酸っぱい。青春の味、そんな曖昧な言葉がぴったりなんだけど、ジュースでいちごってなかなか珍しいかも。

 

さぼうる
住所:東京都千代田区神田神保町1-11
TEL:03-3291-8404
営業時間:9:00〜23:00 日休・祝日不定休
※緊急事態宣言中の営業時間はお店にお問い合わせください。

Photo_Yumi Yamazaki
Interview&Text_Masayuki Ozawa[MANUSKRIPT]

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼