▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

秋もバッグ要らず!? ダイワ ピア39の完売必至アイテムを最速試着してきた

秋もバッグ要らず!? ダイワ ピア39の完売必至アイテムを最速試着してきた

▼ WPの本文 ▼

旬ブランドの秋冬新作が気になる! という声に応え、まだ世に出ていないアイテムをメンズノンノモデルが試着してイチ早く紹介。第2回は釣り具メーカー・ダイワのアパレルライン「ダイワ ピア39」がターゲット!

 

釣りブームの追い風を受け、飛ぶ鳥を落とす勢いの「ダイワ ピア39」。ミリタリーアイテムからヒントを得たデザインが特徴で、フィッシングはもちろん街着にも使える機能やギミックを備えている。秋冬の新作の発売に先がけて、樋之津と稲井が試着してきた!

樋之津 去年、ダイワ ピア39がデビューしたときから注目してるんだよね。岡山から東京に新幹線で戻っているとき、静岡で途中下車して、お目当てのアイテムを買いに行ったことも。

稲井 すごい、そんなに好きなんだ! フィッシングメーカーのアパレルと聞いていたけど、いかにも“釣り”って感じがしないね。

樋之津 そうそう。機能が前面に出ていないから着やすいんだよね。

稲井 ポケットがたくさんついていたり、機能素材を使っていたりするところは釣り具ブランドっぽいけれど、シルエットや色使いがなんか都会的で今っぽい。

樋之津 デザイン性が強すぎず、かといって機能も本気すぎない。そんなバランスがツボ。

稲井 色はカーキやベージュなど、落ち着いた色合いが多いね。

樋之津 軍モノがデザインのベースになっているからかも。秋冬も着てみたいアイテムがたくさん!

 

樋之津が選んだお気に入りアイテム①
ダイワ ピア39のステンカラーコート


樋之津 このステンカラーコートが気になる!

稲井 大人っぽい雰囲気だね。

樋之津 え!? これ素材がポリエステルだって!

稲井 ウソ!? どう見てもツイードのウールじゃん。触った感じもウールだし。

樋之津 信じられない。だから、軽くてシワにもなりにくいメリットもあるのかな。しかも、ゴアテックスを使っているし。

稲井 雨風も防いでくれるんだね。

樋之津 それでいて上品だし、スーツを着たときのアウターにも使えるかも。

稲井 似合うね。僕も着てみたい!

コート(ダイワ ピア39)¥82,500/グローブライド[TEL:0120-506-204]※9月末発売予定

 

稲井が選んだお気に入りアイテム①
ダイワ ピア39のダウンベスト


稲井 このダウンベスト、軽くて暖かい。もちろんゴアテックスだし。しかも、ちょっと見て! ポケットが内に外にたくさんついてる。

樋之津 スマホや財布など、ちょっとした荷物ならバッグいらずだね。

稲井 ペットボトルも入るポケットもあるし。手ぶら派の自分にとっては最高!

樋之津 まさに“着られるバッグ”って感じ。

稲井 ハンドウォーマーポケットもついているし、機能性は本当に高い。これは欲しいなぁ。

ダウンベスト(ダイワ ピア39)¥46,200/グローブライド[TEL:0120-506-204]※9月末発売予定

 

樋之津が選んだお気に入りアイテム②
ダイワ ピア39のワークジャケット


樋之津 最近ショート丈で身幅にゆとりのあるアウターが気になってるんだよね。

稲井 どうして?

樋之津 ボトムもゆったりしたものをはくことが多いから、短丈だとバランスがとりやすくて。

稲井 なるほど。これはピッタリだね。

樋之津 そうなんだよね。ヴィンテージのワークジャケットをモチーフに作られていて、太めのワークパンツとも相性よさそう。

稲井 ポケットについているループは何だろう?

樋之津 メガネやサングラスをかけられるパーツみたい。細かいところまで行き届いているよね。

ジャケット(ダイワ ピア39)¥35,200/グローブライド[TEL:0120-506-204]※8月下旬発売予定

 

稲井が選んだお気に入りアイテム②
ダイワ ピア39のスウェットパンツ


稲井 僕はこのスウェットパンツが気になる。素材はコットンのようだけど…。これもポリエステルなんだって!

樋之津 まったくそんなふうに見えないね。

稲井 はき心地もコットンっぽい。いわゆるスウェットの杢(もく)グレーも完璧に再現しているし。

樋之津 素材の技術の進化おそるべし。

稲井 キュッと裾が絞られているのもいいな。革靴やジャケットなど、ドレッシーなアイテムのハズしに使いたい。

パンツ(ダイワ ピア39)¥13,200/グローブライド[TEL:0120-506-204]

 

樋之津が考えるベスト・コーディネート
ワイドシルエットで魅せる
クリーンモノトーン


樋之津がメインに選んだアウターはアメリカ軍のBDUジャケットがモチーフ。「やっぱり丈が短めで、ワイドなシルエットが気に入りました。生地にハリがあって、武骨な感じもいい。重くなりすぎないよう、ストライプのシャツや白のパンツで、メリハリをきかせています」

ジャケット¥28,600・シャツ¥15,400・ハット¥6,050(すべてダイワ ピア39)/グローブライド[TEL:0120-506-204] その他/本人私物

 

稲井が考えるベスト・コーディネート
機能派セットアップを
カジュアルに着くずす

「セットアップってハードルが高いイメージがあったけど、これなら気にせず着られる」と、稲井は同素材のジャケットとパンツをセレクト。雨をはじく撥水加工に、縦横に伸縮するストレッチもきいていて、着心地抜群。「モックネックのカットソーやスニーカーと合わせてラフな感じで着たい」

ジャケット¥31,900・ロンT¥12,100・パンツ¥23,100(すべてダイワ ピア39)・靴(ダイワ)¥19,140/グローブライド[TEL:0120-506-204]

 

Photos:Katsunori Suzuki Hair & Make-up:Yosuke Akizuki Models:Kotaro Inai Rintaro Hinotsu[Both are MEN’S NON-NO models] Composition & Text:Masato Nachi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼