▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【MY定番7選】ファッションプロ7人が今年買い足したTシャツ[オーラリー、アークテリクス…etc]

【MY定番7選】ファッションプロ7人が今年買い足したTシャツ[オーラリー、アークテリクス…etc]

▼ WPの本文 ▼

着心地を追求する者。背景にあるカルチャーを掘る者。そんな楽しみ方、選び方ができるのも、Tシャツならでは。

ファッションプロたちが買い足したそれぞれのMY定番には、自分だけの"Tシャツライフ"の楽しみ方が詰まっている!

シンプルな装いが基本だから、
このグラフィックが手放せない

エディター/力石恒元さん
「こんな"不気味かっこいい"Tシャツがそろうのは、ブレインデッドだけ。今季はカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリングとのコラボTを購入しましたが、毎回タッグを組む相手がユニーク。軽装な夏に、遊びを入れたいときにぴったり」。

Tシャツ/本人私物

この1枚のおかげで、
タックインが完璧に仕上がる

ヒヤーズ ディレクター/金山大成さん
「ジーンズにTシャツをイン! このスタイルを完璧にするのが、オーベット。コシのある生地のため、ウエストがもたつかず、タックインしてもシルエットは美しいまま。デニムとなじみのいい生成りで、こなれて見える」。

Tシャツ(オーベット)¥10,780/ラウムス


厚み、柔らかさ、シルエット…、
すべてにおいてほどよい

ヘア&メイク/吉田太郎さん
「コットンやシルク混のボディなど、いろいろ着てきたけど、それぞれによさがある。ただ、どんな着こなしにも合う究極の1枚を挙げるなら、オーラリー。ジーンズからスラックスまで合う、適度な厚み、ハリ、ゆったり感。半袖だけでなく長袖も2枚買い」。

Tシャツ¥13,200/オーラリー

ザッツ・アメリカンなボディは
年中、頼りになる

ヘアスタイリスト/SHOTAROさん
「ガシッと厚く太いバインダー、ゆとりのある身幅、とアメリカのボディメーカーらしいスペックを兼ね備えてるのが、プロ クラブ。全身ブラックでそろえたときに、モダンに見える黒のロングスリーブが、通年のユニフォームと化しています」。

Tシャツ/本人私物


ロゴで印象を変える、
まさに典型的な1枚です

スタイリスト/庄将司さん
「Tシャツは天然繊維しか着たくない。けど、ちょっとテックっぽさを出したい日もある。そんなときに、このコットンTを選んでいます。胸のワンポイントがあるだけで、同じ白Tでも着こなしのムードを変えられる」。

Tシャツ¥4,950/アークテリクス コールセンター

今季は、フレンチネイビーの
ボーダーを買い足し!

スタイリスト/小松嘉章さん
「Tシャツってカジュアルなイメージがある分、品を感じるかが重要。コモリのボーダーTは、無地のように細かいピッチで、ソフトなウール天竺のため、とっても大人っぽい。新色が出るたびに買い足しています」。

Tシャツ[左](コモリ)¥24,200/ワグ インク [右]本人私物


写真家のプリントを気軽に、
かつ日常で楽しむ

エディター/野村優歩さん
「無地TかフォトTか、ってくらい写真家のTシャツを持っていますが、着てサマになるのが、デザイナーの大北幸平さんが手がけるもの。裾のスリットやネックのユルさ、ここまでボディにこだわるのはすごい」。

Tシャツ[右]〈Janathan Rentschler〉¥6,600・[左]〈HAL〉¥6,050/SALT AND PEPPER



Photos:Koichi Tanoue Stylist:Takeshi Toyoshima Composition & Text:Keiichiro Miyata

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 【MY定番7選】ファッションプロ7人が今年買い足したTシャツ[オーラリー、アークテリクス…etc]

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼