シャツを敬遠していたスタイリストがひと目ぼれしたテックシャツ3選 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

シャツを敬遠していたスタイリストがひと目ぼれしたテックシャツ3選

ハイテク機能が搭載されたシャツに注目が集まる今春。スタイリスト泉さんの心をわしづかみにしたシャツとは?

shirt000

スタイリスト
泉 敦夫さん

片貝俊氏より2018年に独立した若手注目株。メンズノンノを中心にブランドのルックなどでも活躍中。

品よく快適に過ごすなら今季はテックシャツ!
アウトドアやスポーツで役立つハイテクな機能が搭載されたシャツが今季は台頭。ラフな着こなしを好み、シャツを敬遠していた泉さんもコレなら! とひと目ぼれ。清潔感と快適性を両立させたテックシャツは今が買い!
 
shirt111

1.コロンビアのフィッシングシャツ

「コロンビアのフィッシングラインからリリースされたシャツは、通気性を考慮したインナーメッシュや背面のベンチレーションなど、快適な着心地が魅力。普段の着こなしとも合わせやすそう」。
シャツ(コロンビア)¥7,900/コロンビアスポーツウェアジャパン

2.O-のダブルスリーブシャツ

「吸水速乾性を持つ機能素材を使用したシャツ。ジャケット感覚でもはおれるゆとりのあるサイジングがいいですよね。ドットボタンで袖を取り外して2通りの着回しを楽しめるし、光沢のある質感も上品な印象です」
シャツ(O-)¥26,000/オーバーリバー

3.オークリー スラム ジャム エクスクルーシヴのミリタリーシャツ

「イタリアの人気セレクトショップとの共作で、ミリタリーテイストな見た目に反してドレスシャツのようなきれいなシルエットが特徴。マチの深い胸ポケットもうれしいディテール!」。
シャツ(オークリー スラム ジャム エクスクルーシヴ)¥19,000/ディプトリクス
 
Photos:Yoshio Kato Composition & Text:Yuho Nomura

NEWS一覧へ戻る

  • キーワードで記事を検索

SPECIAL

PR ARTICLE