スーツ姿が「かっこいい!」と思われるための黄金ルール9 | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

NEWS

スーツ姿が「かっこいい!」と思われるための黄金ルール9

どんなに生地のいい高価なスーツを着ていてもフィッティングのバランスが崩れていては品良く見えない。スーツの着用で最も重要な正しいサイジングとルールを把握しよう。

ルール① シャツの衿
ジャケットから
約2cm見せる


上着の衿から程良くシャツが見えていると上品だ。汗や汚れがジャケットに付着するのを防ぐ実用的な効果も。

 

ルール② シャツの袖
ジャケットから
約1cm見せる


腕を垂らした際に、ジャケットの袖からシャツが1cm程度出ているバランスが理想。短すぎると貧相、長すぎるとラフな雰囲気が漂う。意外と目立つ箇所なので、スーツの購入時はシャツを着てジャケットを試着するのが正解。

 

ルール③ シャツの衿先
ラペルの内側に
隠れる


シャツの衿はジャケットの中に入れるもの、と覚えておこう。出ていると見た目の収まりが悪く、着こなしの常識もないと思われる。

 

ルール④ ジャケットのサイズ
肩のラインを
骨格に合わせる


スーツの着心地の良さ、そして見た目の美しさは「肩で決まる」と言われるほど。自分の骨格とジャケットの肩のラインをしっかりフィットさせることが重要。

 

ルール⑤ ジャケットの丈
ヒップが
ちょうど隠れる着丈


トレンドにもやや左右されるが、最適な着丈はヒップが隠れるくらいの長さ。ヒップが見えるとカジュアルな印象になる。ヒップ下のラインにジャケットの裾先を合わせるイメージでサイズを選んで。

NEWS一覧へ戻る

SPECIAL