▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

「経験は必ず人を豊かにする」タイのスター俳優、Up Poompat(アップ・プーンパット)さんスペシャルインタビュー[後編]

「経験は必ず人を豊かにする」タイのスター俳優、Up Poompat(アップ・プーンパット)さんスペシャルインタビュー[後編]

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

世界が注目する“タイ流ドラマ”のスター、アップことプーンパット・イアン=サマンのインタビュー後編では、デザイナー、モデル、歌手としても活躍する彼の多彩な才能を深堀り。

自ら立ち上げたブランドのコンセプトや、歌手デビューを決断した理由など、すべてにつながるモチベーションは自分の幸せと成長。自身の気持ちとまっすぐ向き合い続ける彼の生き様には、メンズノンノ世代が取り入れられる人生のヒントがぎっしり詰まっていた。

忙しい日々を送るなかで美しい肌を保つ秘訣や、幼い頃から何度も来日してきたという彼の日本愛溢れるエピソードの数々、タイのおすすめグルメも必読だ。

タイ 俳優 Up Poompat アップ BL Lovely Writer インタビュー メンズノンノ

   

ブランドを立ち上げた理由は
着たい服が売っていないから

——2020年に、ご友人と一緒にアパレルブランド『U.W.C Studios』をローンチ。ブランド立ち上げのきっかけを教えてください。

昔からファッションに興味があり、トレンドになる前からオーバーサイズの服が好きでした。でもタイではあまり売っておらず、わざわざ日本や韓国を訪れて買っていて。自分が着たい服を作ろう、と思い立ったのがきっかけです。

——自ら、広告モデルからデザインまでを担当しているとか。ブランドのコンセプトや、デザインする際のインスピレーション源について教えてください。

僕がモデルを務めたのは、経費削減のためです(笑)。コンセプトは、ミニマルかつシンプルで、どんなシーンでも着られる服。自分の好みを重視してデザインしたからとても気に入っていて、寝るときにも愛用しているほどです。

ありがたいことに、仕事でさまざまなファッションや文化に触れられるので、毎日の生活で受けた刺激がインスピレーションにつながっています。ただ、去年の冬以来、俳優の仕事が忙しくて新作を作れていないんですよ。落ち着いたら、また取り組みたいなと思っています。


——日本のファッションについて、どう思いますか?

めちゃめちゃかっこいい! お世辞抜きに大好きです。国によって好まれるファッションの傾向があるけど、日本はとにかくバラエティが豊富。人それぞれ自分の好きなテイストを着こなしているところが、すごく素敵です。

   

将来の選択肢が多すぎる今は
目標が見つからなくて当然

——今年6月には、1stシングル『Up to You』をリリースし歌手デビューも果たしましたね。昔から歌うことが得意でしたか?

いえ、全く(笑)。歌唱力に自信がないせいで、子どもの頃からずっと苦手意識がありました。ただ、この1〜2年でお仕事の一環として歌う機会がぐんと増えて。自分の殻を破り、苦手意識を克服しなければいけないと感じたんです。

どうしたらうまく歌えるようになるんだろう? と考えたときに、曲を出すとなれば努力せざるをえないな、と(笑)。シングルを出すと決めて、それに向けて歌のレッスンを受けました。

——学業しかり、お仕事しかり、あまりのバイタリティに圧倒されます。進路や将来に悩む読者に向けて、自分の得意なこと、やりたいことを見つけるためのヒントをいただきたいです。

近年はテクノロジーの発達とともに新しい職業が次々と生まれ、昔と比べて、将来の選択肢はかなり広がりましたよね。世界の情勢も刻一刻と変化するなかで、若者がやりたいことや目標を定められないのは仕方がないことだと思います。人生の早い段階でやりたいことに出会えた自分は特殊。人それぞれに合ったタイミングがあるから、他人と比べて心配する必要はないと思います。

好きなことや特技を見つけるためのアドバイスをするとしたら、何事も、とりあえず挑戦してみてほしい! やってみないと相性はわからないし、合わなければ、やめればいいだけ。たとえ仕事につながらなかったとしても、経験は必ず人生を豊かにしてくれますから

   

——新しいことに挑戦する際、失敗を恐れることはありますか?

もちろん、ありますよ! 僕が準備を入念に行う理由の一つは、できる限り失敗を防ぐため。日頃から努力して自信をつけておき、チャンスが巡ってきたときに最大限の力を発揮できるようにしているんです。


   

健やかな肌を保つ秘訣は
たっぷりの水分と睡眠

——今後は出演作3本が公開を控えるなど、ますます活躍の幅を広げているアップさん。休日のリラックス方法は?

美味しいコーヒーを飲みながら読書したり、音楽を聴いたりするだけで十分、幸せ。海が大好きで、長期の休みには海辺でのんびり過ごしています。タイの南部には美しいビーチリゾートがたくさんあるので、ぜひ訪れてみてください!

——タイで『NARS』のイメージキャラクターを務めるなど、コスメブランドからラブコールが絶えぬ美肌の持ち主としても有名ですね。多忙な毎日を送るなかで、美しい肌を保つ秘訣は?

水をたくさん飲み、たっぷり寝ること。スキンケアは模索している最中で、たまにお母さんの化粧品をこっそり借りて試しています(笑)。最近『NARS』の撮影でメイクのコツを教えてもらい、ファンデーションとパウダーの威力にびっくり。つけて現場にいくと必ず、肌を褒められます。

   

小さい頃は生モノが苦手で
汁物に浸けて食べてた(笑)

——大の親日家としても知られ、過去のインタビューでは、スタジオジブリと新海誠監督の作品の大ファンだともおっしゃっていました。

日本のアニメを見て育ったと言っても過言ではなく、ドラえもんやデジモン、ポケモンなど、数え切れないほどの作品を観てきました。日本のアニメの魅力は、ストーリーが面白いのはもちろんですが、作者は何からインスピレーションを得たんだろう? と想像力を掻き立てられるところ。実世界では起き得ないことを見事に表現し、視聴者を引き込むテクニックに圧倒されます。

大人になってからはアニメ以外の作品もたくさん観ていて、中でも『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』と『君の膵臓をたべたい』が好き。日本人のお芝居は、感情がストレートに伝わってくるから感動が増すんです。『世界から猫が消えたなら』も劇場で観て泣いちゃいました。

   

——幼い頃から何度も日本を訪れているそうですが、来日時に欠かさず訪れる店や場所はありますか?

初めて日本に来たのは、小さな子どものころ。お父さんとのふたり旅行でした。当時は生モノが食べられず、汁物に浸してみたりして、どうにか火を通そうと試行錯誤した記憶があります(笑)。

そんな僕も今ではお寿司が大好物! たくさんの店があるから毎回新しいところを訪れて、“おまかせ”を注文します。必ず行くのは、『牛かつ もと村』と……何て言うんだっけ……ひまつぶし? (スタッフから指摘を受けて)そうそう、ひつまぶし!(笑) 銀座の『ひつまぶし 備長』がお気に入りです。


——今後タイ旅行を計画する読者に向けて、食通なアップさんがおすすめする必食グルメは?

たくさんあるけど、一番のおすすめはシーフード。エビの網焼きや蒸したカニを、ハーブと唐辛子をブレンドした特製タレにつけて食べるのがタイ流。ちょっぴりスパイシーなタレがとにかく絶品なんです。日本とは一味違ったシーフードの美味しさを楽しんでもらえるはず!

PROFILE
プーンパット・イアン=サマン
●1994年12月4日生まれ、タイ・バンコク出身。アップの愛称で知られるタイの俳優。国内きっての名門チュラロンコン大学在学中、先輩から誘われて芸能活動をスタート。Eスポーツをテーマにしたドラマ『GGEZ』や、高校を舞台にしたミステリースリラードラマ『転校生ナノ』などを経て、2021年にBL小説を原作としたドラマ『Lovely Writer The Series』の主役・ジーンを演じブレイク。2020年に自らデザイン&モデルを手がけるアパレルブランド『U.W.C Studios』をローンチし、今年6月にはシングル『Up to You』で歌手デビューするなど、マルチに活躍中。今後の作品として『Step by Step』、『Start Up』などを控えている。 

Photos:Yukiko Sugawara Stylist:Syohei Fujinaga Make-up:Sutipat Pinchum Hair:Kongkiat Krissakree Translation:Miwa Takasugi Composition & Text:Ayano Nakanishi

ニット¥58,300/サカス ピーアール(ユウキハシモト) シャツ¥47,300/モールド(チノ) パンツ¥30,800/ドワグラフ(サスクワァッチファブリックス) 
ネックレス¥24,200(ミクシマイ)・リング¥35,200(フリカ ジェエリー)/ともにショールーム シャルメール シューズ¥29,700/エドストローム オフィス(エイティーズ)

【問い合わせ先】
エドストローム オフィス 03-6427-5901
サカス ピーアール 03-6447-2762
ショールーム シャルメール 03-6384-5182
ドワグラフ http://www.sasquatchfabrix.com
モールド 03-6805-1449

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : common-footer-under-popin-recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : common-footer-under-cxense-recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-feature ▼

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-movie ▼

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-special ▼

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼