▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

[アディダス、ホカ、スタジオ ニコルソン…] 2023年に押さえておくべき「トレンドカラー」スニーカー【エクリュ編】

[アディダス、ホカ、スタジオ ニコルソン…] 2023年に押さえておくべき「トレンドカラー」スニーカー【エクリュ編】

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

一過性のブームではなく、もはやファッションを語る上で欠かせないキーワードであるスニーカー。編集部が今もっとも気になるスニーカーを紹介する本連載、1月は2023年のトレンドカラーでもある「エクリュ」と「グリーン」の2カラーにフォーカス。まずはどんなスタイルにも馴染みやすい「エクリュ」のスニーカーを5足紹介する。

  

adidas for EDIFICE/IENA
「STAN SMITH
“PYTHON” Exclusiveモデル」

スニーカー(アディダス フォー エディフィス/イエナ)¥15,400/エディフィス新宿[TEL:03-5366-5481]

ファッションやストリートシーンで人気を博し、半世紀以上にわたって愛され続けるアディダスの「スタンスミス」。エディフェスイエナによる別注モデルは“The Standard White Shoes”をテーマに制作。色味に徹底的にこだわったというホワイトアッパーを基調に、シュータンとヒール部分にクロコパターンを採用し上品な一足に仕上げた。型押しのロゴもかわいい。真っ白じゃないからどんなパンツにも合わせられるのが魅力だ。

アディダス フォー エディフィス/イエナ adidas for EDIFICE/IENA「STAN SMITH “PYTHON” Exclusiveモデル」

  


STUDIO NICHOLSON
「SHARP」
「NUMBERS」

スニーカー¥63,800・¥71,500(スタジオ ニコルソン)/インコントロ[TEL:03-6805-1082]

スタジオ ニコルソンから、こだわりの詰まったローカットスニーカーとハイカットスニーカーが登場。特徴はファッションブランドならではの素材選びだ。高密度に織り上げた地厚キャンバス素材をベースに、何層にも重ねられた天然ゴムをアウトソールに採用。さらにインソールをレザーにすることで快適な履き心地を実現し、その見た目以上に履きつぶしたくなるスニーカーに。軽量性や機能性など日々変化するシューズトレンドとは一線を画したタイムレスな一足だ。

スタジオ ニコルソン STUDIO NICHOLSON「SHARP」「NUMBERS」

  


HOKA®︎
「CLIFTON L SUEDE」

スニーカー(ホカ®︎) ¥19,800/デッカーズジャパン[TEL:0120-710-844]

ホカ®︎からはリフレクションをテーマに安心感のある柔らかいカラーパレットで表現する「TRANQUILITY PACK」より、「CLIFTON L SUEDE」をピックアップ。アーカイブモデル「CLIFTON 3」をベースに、アッパーには足になじみやすいスエードを採用。まるで車輪がついているかのような軽やかな走り心地のソールは、デザインのアクセントにも一役買っている。今月発売されたサンドカラーの新色も注目だ。

ホカ®︎ HOKA®︎「CLIFTON L SUEDE」

  


FOOTINDUSTRY
「AUA301-004」

スニーカー(フットインダストリー)¥28,600/足下工業[TEL:03-6434-5763]

“アジア人の足に馴染む最適なハキモノを作り出す”というビジョンを掲げるシューズブランド、FOOT INDUSTRY。2022年秋冬は「COOL」、「STREET」、「WARM」をテーマにどんなコーディネートにも合う色合いとデザインのアイテムをリリースしている。このテーマの通り、ジャーマントレーナーをベースに、どんな場面でも使えるベーシックなベージュで制作。細身のボディはラムレザー、カーフレザーのコンビネーション。そこにオリジナルのガムソールやコルクのインソールにすることで、軍のトレーニングシューズをラグジュアリーに昇華した。

フットインダストリー FOOTINDUSTRY「AUA301-004」

  


Y-3
「MARATHON TR」

スニーカー(ワイスリー)¥48,400/adidas fashion group ショールーム[TEL:03-5547-6501]

クラシックなアディダスのマラソンシューズをY-3の視点を通して再構築した「Y-3 MARATHON TR」。アイステイ、ヒールタブ、ミッドソール、スリーストライプスの周りには日本の伝統工芸「刺し子」からインスパイアされた同系色のステッチを採用。あえて糸を自由奔放に垂らしたデザインが特徴だ。アディダスのトレフォイルロゴを重ねたラバーアウトソールも目を引く。Y-3の基盤そのものを再構築した、新時代の幕開けにふさわしいスニーカーが誕生。

Y-3「MARATHON TR」

  

Photos:Yoshio Kato  Stylist:Masashi Sho Text:Kazuki Ebina

▲ WPの本文 ▲

最新スニーカー連載

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 最新ファッション
  • [アディダス、ホカ、スタジオ ニコルソン…] 2023年に押さえておくべき「トレンドカラー」スニーカー【エクリュ編】

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-cxense-recommend ( trigs ) ▼

FEATURE

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-feature ▼

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-popin-recommend ▼

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-movie ▼

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : common-footer-under-special ▼

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼