聴けば感動する昔の音楽を、僕こだまたいちがレコメンド! | BLOG | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ
兒玉 太智

メンズノンノモデル

聴けば感動する昔の音楽を、僕こだまたいちがレコメンド!

やっほー! メンズノンノモデルの兒玉太智です。忘れられていませんように(笑)。

最近他のみんなのブログを見ていると、音楽の話題が多い気がします。好きな音楽とか、今の気分はこんな感じですとか。

正直、すごく勉強になっています。

バンドマンらしからぬ発言ですが、僕は流行に疎いのでしょうがない。しかし、お株を奪われてばかりの現状に黙っているわけにもいきません。

ということで新コーナー!

その名も!

“ 発掘! ソング・ホライズン
~名曲は時代を超えて~ ”

な、長い。

つまるところ、知っている人が少なそうだけど聴けば感動しちゃう昔の音楽を、兒玉の自己満の範囲内で紹介するコーナーです。記念すべき第1回の紹介曲はこちら。

kodama_170308_1

ブルースカイ / チューリップ

チューリップは、70年代にヒットチャートを席巻したグループ。今でいうところのSuchmosですね(無責任)。「心の旅」「青春の影」「サボテンの花」などが大ヒットしたので一度は耳にしたことがあるのではと思います。

この「ブルースカイ」という曲は、なんとなく退屈でなんとなく不幸せだった20歳くらいの僕の胸に突き刺さった曲なんです。「これだよ! このやりきれなさなんだよ! どうしてわかってくれたんだい…」と、部屋のカーテンの隙間から射す光を眺めながら涙ぐんだのを覚えています(ベッドに横たわりながら)。自分の悲しみとは余りにもかけ離れた空の青さに、行き場のない気持ちを抱いてしまう歌です(多分)。

歌詞のテーマは恋愛ですが、それよりも主人公の中に、己を置いて進みゆく社会と何でも与えられていた少年時代とのギャップに苦しむ心情があるような気がして、泣けるんですよね。大人と呼ばれはじめた少年のための歌だと僕は勝手に思っています(無責任)。

軽快なリズムワークと美しいメロディが、余計に感情を際立たせるんですよねえ…(ここまで読んでくれている稀有な方に語りかけています)。僕ら世代の曲に例えると、銀杏BOYZの「BABY BABY」くらいエモいと思うんです。一度聴いてみてほしい曲です。

以上、第1回「ソング・ホライズン」のコーナーでした! 疲れるなこれ… はあはあ…。

 
最後に、私事ですがYouTubeアカウントを開設しました!(最初から私事です)

このアカウントは、僕「こだまたいち」のフォークソング集になっています。ノートに溜まっていた曲たちに日の目を浴びさせてあげたいな、という軽率な気持ちで公開しました。

これを機に、弾き語りライヴの回数も増やす気でいます!

 こだまたいち弾き語りライヴ
 3/25(土)カフェ アンジェリーナ
 (世田谷駅付近)

 THE TOKYO ライヴ
 3/31(金)下北沢CAVE-BE

ぜひ聴きにきてください〜。

kodama_170308_2

シーユー。

BLOG 一覧に戻る

最新 BLOG

SPECIAL