▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

スタイリスト泉&庄の考える“価値あるバリュー服”論!【人気スタイリストが行く!バリュー服クエスト Vol.4】

スタイリスト泉&庄の考える“価値あるバリュー服”論!【人気スタイリストが行く!バリュー服クエスト Vol.4】

▼ WPの本文 ▼

本誌でも毎号活躍する、スタイリストの泉さんと庄さん。仲良しの2人が、メンズノンノ読者のみんなにオススメしたい“バリューな服”を探し求めて街へ。

買い物を終えて2人に聞いた、“本当に価値のある安い服”について。

  

バリューなSHOP情報は
どうやって手に入れるか

庄さん

もちろん職業柄、情報をGETしやすいけど、更新もしてます(笑)!僕は好きなアイテムの検索っていうのも多いかも。

泉さん

それ、僕もやる。

庄さん

WEBで気になるアイテムを検索すると、いろんなショップが出てくるから、そこからこれは!というショップを掘り下げていく。

泉さん

たとえば“Hanesワーク Tシャツ”とかね。

庄さん

インディペンデントなブランドを探すときはインスタが便利。でも、大きいメーカーの検索をするときはWEBだね。僕、“木材”とかで検索したことある(笑)。

泉さん

えっ!

庄さん

用途とかで検索するのもいい。釣りとか。そうするとガチなものがヒットして面白いんだって。

泉さん

面白そう!好きなテイストの専門ショップを探すのもいいよね。

庄さん

それもアリだよね。アメカジならアメカジ、そこから広げてアメリカアイテムの輸入ショップ。

泉さん

今回も、中田商店はミリタリーだし、スーパービバホームはワークだし。まあでも、スーパービバホームはなかなか行きつかない気も…。

庄さん

僕が発見したのは、撮影小道具の建材を探しに行ったついでに、靴のコーナーを覗いたのがきっかけなんだよね。

泉さん

すごい。24時間アンテナはってるね。

庄さん

そう言ってもらえると嬉しいけど(笑)。でも、本当に、ちょっとした買い物のついで、とかは自分だけのショップを発見するきっかけだね。

泉さん

商店街とかもいいよね。

庄さん

いいね。“自分の興味のあるものは置いてない”って決めつけずに、服が好きなら覗いてみる。当たりのお店じゃなくてもめげない。ホンモノってことにこだわる派にはスポーツショップとかもオススメです。

泉さん

みんなと違う店を少しでも持っておくと、みんなと違うファッションを楽しめるからね!

  

バリューな買い物の成功のカギは?

泉さん

僕はとにかく試着すること。ベルトとかも全部試着しました。

庄さん

靴も履いてたよね。バッグも持ったり掛けたりしてた。

泉さん

逆に、試着して“あ、全然ダメだった”もあるよ。ラックに展示されてたらアイキャッチだったステッチが、着てみるとうるさすぎるとか。

庄さん

細部大事だね。細部まで見よう。

泉さん

庄君は靴のソールとか、ポケットの中とか、買えば外しちゃうのにタグのデザインまで(笑)。とにかく細かいところを見てる。

庄さん

プロダクトとして面白いか、っていう目線もあると思う。小物は特に。

泉さん

庄君は○○産、にもこだわってるよね(笑)。

庄さん

よく見てるね(笑)。でもね、きちんとした理由がある。“安くてもホンモノ”“安いのにホンモノ”ってのがバリュー服では大切だと思ってて。例えばMade in USAは、頑丈で安い服を供給し続けてきたっていう歴史と信頼がある。国だけじゃなくて、それはショップでもいいと思う。

泉さん

そういうバックボーンは、バリュー服でこそ重要かも。

庄さん

“安かろう悪かろう”にならないようにするためにね。

  

誰かと掘りにいくのもオススメ!

泉&庄さん

大変にオススメです!

庄さん

今回本当に実感した!

泉さん

わかる!普段自分が行くショップに、庄君と行くことで新しい発見があった

庄さん

それはコッチのセリフだよ(笑)。スーパービバホーム豊洲店は行きつけなのに、服のコーナーをこんなに掘ったことなかった。

泉さん

人と買い物に行くことで、普段見ないコーナーを見たり、その人が店員さんと話してくれたことから新情報をGETできたり。

庄さん

いいことしかないよね。

泉さん

しかも、今回はさ、4つのお店のうち、3つは2人とも行きつけで。僕ら好みがそこまで離れている訳でもないのに、選ぶモノが全然違うのが面白いし勉強になった!

庄さん

だよね。好みが近い友達と一緒に、リアルにバリュークエストするのが良いと思う!

  

バリュー服のコーデのコツは?

庄さん

僕はね、“きちんとしたモノ”と混ぜてスタイリングする。

泉さん

例えば?

庄さん

例えば、靴が安いなら、パンツはきちんとしたスラックスを合わせるとか。反対に、パンツが安いなら足もとは革靴。Tシャツが安いなら時計を付ける。

泉さん

なるほど。それ、わかりやすいし真似しやすいかも。

庄さん

泉君はどうしてる?

泉さん

僕の場合は、正直、全身バリュー服でもいいと思っているところがあって。

庄さん

そういう考え方もあるよね。

泉さん

うん。でも、 “今日は全身バリュー服”な日は、小物を気持ち多めにつける。

庄さん

そうなんだ!?

泉さん

そうすることで、“ただ安いから着てる”じゃなくて、全身のファッション感がアップする。
メンズノンノの読者のみんなはまだまだ若いし、無理に“高い服を着てます”って見せなくていい日もあるよね。

庄さん

そうだね。

泉さん

だから、高い服は着ていなくても、小物を盛ることで“安っぽい人”じゃなく“おしゃれな人”に持っていこうという作戦。

庄さん

それも結構真似しやすそう!

  

バリュー服の楽しさってどこにある?

泉さん

もう安い時点で楽しい(笑)。

庄さん

だね。

泉さん

僕ら2人とも、バリュー服が好きだよね。

庄さん

安い以外にも好きなポイントがあるよね。やっぱり安いだけじゃダメってわかってるから、お店のリサーチにしても、アイテム選びにしても、考えるし調べるし工夫するじゃん。

泉さん

それが楽しいんだよね。感覚で“ビビッ”とくるモノってのももちろんあるけど、それだけに頼らないというか。

庄さん

だからこそ、僕は細部や○○産、にこだわったり、店員さんに聞いたりするし、泉君は試着しまくるわけだし。

泉さん

さっき話したみたいに、コーディネートを工夫しよう、って思えるのも良いところだと思う。工夫って自分ならではのものじゃん?ファッションが好きな人って、そういう工夫が好きなんだよね。

庄さん

そうそう。買って着て終了、じゃない。どの工程も楽しむ。というかどの工程も楽しい。

泉さん

だから“節約しなきゃ”でバリュー服を探すっていう動機とか理由はなんでもいい。ただ、せっかく探すなら、今日の僕らくらい楽しんで探して着てほしい!

庄さん

今日、楽しすぎたよね。またやりたい。

泉さん

またやりたいね。本当に、長い一日、ありがとうございました!

庄さん

ありがとうございました!!

2人の買い物の様子はこちらで!

Photos:Kanta Matsubayashi Stylist:Atsuo Izumi Masashi Sho Movie:Kota Tsukamoto

▲ WPの本文 ▲

バリュー服クエスト

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • FASHION
  • コスパ
  • スタイリスト泉&庄の考える“価値あるバリュー服”論!【人気スタイリストが行く!バリュー服クエスト Vol.4】

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼