▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

北村匠海も参加!ソヴァージュ リフィルの発売記念イベントをレポート

北村匠海も参加!ソヴァージュ リフィルの発売記念イベントをレポート

▼ WPの本文 ▼

メンズフレグランスで圧倒的な人気を誇るDIORの「ソヴァージュ」。代表作であるオードゥ トワレから、100%リサイクル可能な画期的な設計の「ソヴァージュ リフィル」が登場した。

  

ソヴァージュから始まる、
サステイナブルな取り組み

[左から]ソヴァージュ オードゥ トワレ 30㎖ (数量限定品)¥8,800、60㎖ ¥11,000、100㎖ ¥15,400、リフィル 300㎖ ¥29,700/ディオール

DIOR初のリフィルは、フレグランスの補充の際に、ボトルが満たされると自動的にストップする画期的な自動停止装置つき。1滴も無駄にすることなく、1分で補充が完了する。さらに、シンプルなデザインと、何度も再利用可能なアルミニウムの使用により、ボトルが軽量化され輸送時のエネルギー効率が改善。約60%のエネルギー減少、56%の温室ガス減少、35%の節水など、地球環境を守るための姿勢が現れている。また、持ち運びに便利な30mlのトラベルサイズも限定で登場した。

  

「ソヴァージュ リフィル」の
発売を記念したイベントが開催

早めの桜が咲いたこの春、都内で「ソヴァージュ リフィル」の発売記念イベントが開催された。

フランス語で“野性的”を意味する「ソヴァージュ」は力強くも上品さを持ち合わせた名香。会場はエキゾチックな空間で「ソヴァージュ」の世界観が表現されていた。

南イタリア産のベルガモットや山椒など、ディオール パフューマー クリエイターのフランソワ・ドゥマシーが厳選した「ソヴァージュ」の原料が展示されており、複雑に重なる香りの要素を、ひとつずつ楽しむことができた。

  

「なんでもない日常こそ、
香りで気分をあげたい」

イベントには北村匠海さんが参加。自身も3年ほど「ソヴァージュ」を愛用しているという。
『ガツンと力強い香りより、どちらかというと繊細で上品な香りであったり、性別を問わない香りが個人的には好きで、初めてつけたときからこれは自分にぴったりだと思いました。上品なんですけど背伸びしすぎないというか、上品さが若い自分にもマッチする感じもします。』

また、自分自身で今日という日に華を添えたい、そんなときに香りを楽しんでいると語った。
『フレグランスは、身支度の最後、でかける直前に決めるんですが、舞台挨拶だとこれ、友達と遊ぶときはちょっとこれくらいラフになど、ある種その日一日をどう楽しむか、みたいなところで香水を選んでいます。仕事や、友達と遊ぶってなんでもない日常だけど、だからこそ、香りで気分をあげたいときにソヴァージュをつけています。』

  

2019年のメンズノンノ美容大賞も受賞した「ソヴァージュ」。リフィルボトルという今の時代にフィットした新アイテムが加わり、これからもファッションや美容好きなおしゃれ男子の毎日をクラスアップしてくれるだろう。

問い合わせ先

パルファン・クリスチャン・ディオール
www.dior.com/
TEL:03-3239-0618

Model Photo:Akihito Igarashi [Siguno]
Venue Photo:Suguru Tanaka
Text :Kazuki Ebina

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼