▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

本当にモテるスニーカー4選×春コーデの正解は?[アディダス、ヴァンズ、ニューバランス、コンバース]

本当にモテるスニーカー4選×春コーデの正解は?[アディダス、ヴァンズ、ニューバランス、コンバース]

▼ 広告枠 : singular : article-top ▼

▼ WPの本文 ▼

オシャレな女の子たちは、洋服だけでなく足元まで瞬時にチェックして、オシャレかどうかのジャッジを下すもの。今回は普段使いしやすいスニーカーに絞ってご紹介。女子ウケするのはもちろんだけど、どんなコーディネートにも合わせやすい名作ばかりなので、今すぐゲットが鉄則!

adidasのSUPERSTAR

1969年に誕生した“スーパースター”は、クラシックスニーカーを代表する不朽の名作。レザーのスッキリとしたボディとぽってりとしたシェルトゥのコンビは、レトロだけど洗練されていて、カジュアルなのに大人っぽくも見える。定番のホワイトボディ×ブラックラインもいいけれど、ちょっとやんちゃに履くならシェルトゥの存在感が際立つブラックボディ×ホワイトラインがオススメ。フーディ×チノパンのストリートっぽい着こなしとの相性も最高!

靴(アディダス)¥14,000/アトモス 新宿店[TEL:03-6457-8755] フーディ¥6,360/フリークス ストア渋谷[TEL:03-6415-7728] カットソー(レセプション)¥11,000/シップス 渋谷店[TEL:03-3496-0481] パンツ(エムエフペン)¥33,000/1LDK apartments.[TEL:03-5728-7140] ソックス(タビオメン)¥1,100/タビオ[TEL:0120-315-924]

  


VANSのOLD SKOOL

スケートやストリートカルチャーと密接な繋がりを持つヴァンズの代名詞とも言うべきモデル“オールドスクール”もモテるスニーカーとして認定。こちらも歴史は古く、1977年に誕生。コーディネートにすっと馴染むシンプルなフォルムなのに、波のような美しい曲線“サーフライン”が存在感をしっかり主張するバランスが、カルチャー系女子のハートをロックオン。今回は王道の黒ではなく、エクリュの“オールドスクール”をチョイス。コーディネートもペールトーンでまとめて、ストリート感をキープしつつ柔和に仕上げたよ。

靴¥7,700/VANS JAPAN[TEL:03-3476-5624] ジャケット¥60,500/ネーム[TEL:03-6416-4860] シャツ¥23,100/アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店[TEL:050-2017-9272] カットソー¥11,000/スローン[TEL:03-6421-2603] パンツ¥11,000/アーバンリサーチ ドアーズ ルミネ新宿店[TEL:050-2017-9062] ソックス(タビオメン)¥1,100/タビオ[TEL:0120-315-924]

  


New Balanceの990v5

ランニングシューズなのにどこか知的な雰囲気が漂うニューバランスは、文化系男子なら絶対にチェックすべき。今回ピックアップした「990v5」は、1982年に初代が誕生してから定期的にアップデートを重ね続けている人気モデル。レトロとハイテクがうまくミックスされたルックスは、スウェットパンツですら上品に見せてしまうパワーを持っている。彼女とちょっといいレストランへディナーに行くときにだってこのスニーカーがあればカッコよくキマる。はき心地も極上なので、ちょっと高いけど間違いなく価値ある一足。

靴¥30,800/ニューバランス ジャパン[TEL:0120-85-0997] シャツ(スタジオ ニコルソン)¥47,300/キーロ[TEL:03-3710-9696] Tシャツ(サバイ)¥5,720/HEMT
PR[TEL:03-6721-0882] パンツ(チャンピオン × シップス)¥10,450/シップス 渋谷店[TEL:03-3496-0481] 帽子(グリッロ×ビームス)¥7,480/ビームス 原宿[TEL:03-3470-3947] ネックレス¥40,700/IVXLCDM 六本木ヒルズ[TEL:03-6455-5965] ソックス(タビオメン)¥1,100/タビオ[TEL:0120-315-924]


CONVERSEのALL STAR J HI

不動の人気を誇るコンバースのオールスターのハイカット! スッキリとしたシンプルなデザインだから、ワイド、ストレート、フレアなど、あらゆるシルエットのパンツに合わせられるので、お守りシューズとして持っておくと安心。濃色のボトムに合わせるなら黒、柔らかな色ならエクリュや白などを選ぶと足元のまとまり感がアップするので覚えておこう。ちなみに今回はメイドインジャパンモデルをピックアップしたのでちょっぴりお値段が高め。パッと見は定番の海外製のものと変わらないけれど、履き心地や耐久性が違うので好みで選んで。

靴¥13,200/コンバースインフォメーションセンター[TEL:0120-829-217] カーディガン¥12,100/ビームス 原宿[TEL:03-3470-3947] カットソー(オリジナル チャコール)¥19,800/チャコール トーキョー[TEL:03-6432-5267] パンツ(ラングラー)¥11,000/リー・ジャパン カスタマーサービス[TEL:0120-026-101] バッグ(スペース クラフト)¥5,500/HEMT PR[TEL:03-6721-0882] ソックス(タビオメン)¥1,100/タビオ[TEL:0120-315-924]

※価格は全て税込です。

Photos:Takahiro Idenoshita hair&Make-up:Eriko Yamaguchi Stylist:Asako Takano Model:Luke Kishimoto Composition&Text:Misato Kikuchi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ 広告枠 : singular : article-center ▼

  • HOME
  • UNCATEGORIZED
  • 本当にモテるスニーカー4選×春コーデの正解は?[アディダス、ヴァンズ、ニューバランス、コンバース]

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

REGULAR

連載一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼