▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

成田凌×清原果耶、映画『まともじゃないのは君も一緒』スペシャルインタビュー&ペアコーデで登場!

成田凌×清原果耶、映画『まともじゃないのは君も一緒』スペシャルインタビュー&ペアコーデで登場!

▼ WPの本文 ▼

映画『まともじゃないのは君も一緒』でW主演を務める成田凌と清原果耶。世の中の"普通"のはざまでもがく男女を圧倒的な演技力で演じた二人が、普通じゃないからこそおもしろい斬新なペアコーデを着こなす。さりげなくリンクしたのは服だけじゃなく、これまでにない物語と役柄にかける思いもだった!

ワイドなデニムパンツで、
ラフでタフな表情を注入!
━━━━━━━━━━━━

白ステッチが映えるデニムのセットアップは、ゆったりしたサイジングで武骨なワークルックを都会的にアレンジしてみる。タイドアップしたストライプシャツを差して、奥行きのあるミックスコーデを実現した。

シャツ¥27,500・パンツ¥25,300/グラフペーパー 中に着たシャツ(ソーイ)¥26,400/M.I.U. ネクタイ(アット ヴァンヌッチ)¥34,100/ビームス 六本木ヒルズ 靴(フット・ザ・コーチャー)¥48,400/ギャラリー・オブ・オーセンティック

グラフィックを載せた透け感のあるシャツジャケットをメインに、淡いベージュのブラウスを重ねて、春らしいモードライクな装いに。清涼感をアピールしながら、ハイウエストの生デニムのマニッシュな味つけで、メリハリをきかせて。

シャツ¥66,000・ブラウス¥29,700(ともにアカネ ウツノミヤ)・リング(マラミュート)¥10,780/ブランドニュース パンツ(チノ)¥27,500/モールド サンダル(ビューティフル シューズ×ハイク)¥72,600/ボウルズ


“普通じゃない”が当たり前
だから人は惹かれ合う
━━━━━━━━━━━━

[成田]オーバーオールにブレザーを重ねた、モダンなアイビールック。白シャツ&フーディーでクリーンにまとめた着こなしに添えたボーダー柄がワンアクセント。

肩にかけたニット¥20,900・オーバーオール¥35,200(ともにイズネス)/アルファ PR ジャケット(ローイング ブレザーズ)¥101,750/ビームス プラス 有楽町 パーカ¥24,200/インターナショナルギャラリー ビームス シャツ¥19,800/グラフペーパー 靴¥71,500/パラブーツ青山店 ソックス/スタイリスト私物

[清原]大人顔のノースリーブのオールインワンに、ピッチの細いボーダー柄を入れて軽快な印象を演出する。シックな表情はキープしたままに、柔らかい抜け感を入れて。

トップス¥20,900/th products オールインワン(ジードット)¥38,500/エム

━━━━━━━━━━━━

同じじゃないけど、ちょっと一緒。似ているけれど、ちょっと違う。そんな絶妙なバランスを表現する男女のリンクコーデを披露してくれたのは、人気、実力ともに現在注目を集める俳優の成田凌と清原果耶。似た柄、色、素材をお互いのスタイリングにちりばめた、ありそうでなかった新しいペアルックを、息をぴったり合わせながら着こなした。そんな二人は、W主演を務める最新映画で、「人とちょっと違うという点で同じ」という風変わりな共通項を持つ塾講師と教え子の女子高生を演じる。彼らが繰り広げる軽妙な掛け合いは、かみ合わないけど観ていて気持ちいい稀有な会話劇となっている。

成田 僕が演じる大野は、世の中の“普通”を教えてもらうために、つねに香住に引っ張っていってもらう役柄。二人のシーンでは、長い掛け合いや不意に入る相づちがすごく多いので、早く清原さんに会って一緒に台本を読みたかったんです。それから現場に入るまで、読み合わせやリハーサルの時間もしっかりあったので、役づくりのための密度の濃いコミュニケーションを取ることができました。

清原 確かに、最初に台本を読んだときの印象は「セリフが多い」でした(笑)。私はこれまで、思ったことをすぐ表に出してしまう毒舌キャラや、強気で大胆な行動を取る役をやったことがなかったので、香住を振り切って演じることは少し不安でしたが、成田さんとお互いにセリフを何度も読み合って、そして成田さんが話す大野先生のセリフを聞いていく中で、香住の演じ方に気づくこともありました。

成田 自分の中では大げさにやっているつもりでも、お芝居の流れの中では意外と普通だと気づくんです。

清原 私は前田(弘二)監督に、振り切って演じてと言われていたので、ストッパーを外して行けるところまで行こうと心に決めました。

成田 僕は、清原さんと本読みやリハーサルをした時点で「これは楽しくなりそう」という大きな手応えがありました。最初のシーンを撮り終わったときにはすでに、この撮影が終わりに向かっていっちゃうって、本当にさみしくなったくらい(笑)。

二人が演じる、普通がわからない青年と普通を知ったかぶる少女が“普通とは何か”を探り奔走する、新しい形のコメディに、観る人は不思議な心地よさを感じるだろう。「これは普通で、あれは普通じゃない」。私たちは、毎朝の服装を決めるときだって、観たい映画を選ぶときだって、“自分の中の普通って?”を意識している。この価値観やセンスのズレは一見ややこしいことだけど、人によって違うからこそ、世の中がおもしろくなっているという事実に、本作を観て気づくのだ。

清原 台本を読んでいるときから撮影している間もずっと、普通ってなんだろうって考えていました。誰かに評価されることで自分の普通が普通じゃなくなる今、完成した作品を観たら、むしろ「自分は普通」って思わなくてもいいんだと思ったんです。

成田 そうだよね。普通は人それぞれのもので、育ってきた環境や考え方でしかない。だから、僕から見た香住はすごくかわいかったです。自分が大人だと思っている子どものかわいらしさがありますね。大野に普通を教えてあげると言っても説得力があるほどに大人びていて、どこか背伸びしてる感じ。

清原 思わず叫んだり、酔っぱらいのフリをしちゃったりしてますけど…(笑)。私も大野先生とすごく仲よくなれる気がします。さすがにオクラは知っていてほしいですけど(劇中、大野はオクラを初めて食べる)、ある種ブレない自分を持っていますし、すごく純粋ですし、おもしろいから一緒にいて楽しいと思います。

成田 大野自身は普通と違って、相手にどう思われているか気にしない人だろうから、一緒にいる人は気楽で心地がいいかもしれないね。

成田凌(なりた・りょう)
1993年11月22日生まれ、埼玉県出身。2013年にメンズノンノモデルとなり、14年に俳優デビュー。近年の主演作に『カツベン!』『弥生、三月 -君を愛した30年-』『窮鼠はチーズの夢を見る』などがある。現在、NHK連続テレビ小説『おちょやん』に出演中。今後は、4月9日公開の映画『街の上で』、4月29日公開の『くれなずめ』が控えている。

清原果耶(きよはら・かや)
2002年1月30日生まれ、大阪府出身。2014年にキャリアをスタートさせ、15年にNHK連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビューを果たす。4月9日公開の映画『砕け散るところを見せてあげる』や今秋公開の『護られなかった者たちへ』に出演。また、今春始まるNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』でヒロインの百音を演じる。

『まともじゃないのは君も一緒』
世の中の常識や普通がわからない塾講師、大野(成田凌)。「普通に結婚して、普通に暮らしたい」と思う大野に、世の中を知ったつもりでいる女子高生、香住(清原果耶)は恋愛経験もないのに得意げに恋愛指南。女性とつき合う練習をさせようと、大野は香住の作戦のもと、ある女性に接近させられるが、おかしな方向に進んでいく…。

●3月19日より、全国公開
©2020「まともじゃないのは君も一緒」
製作委員会

Photos:Bungo Tsuchiya[TRON] Hair & Make-up:Ai Miyamoto[yosine.](for Narita) Yumi Narai(for Ms.Kiyohara) Stylist:Yoshiaki Komatsu(for Narita) Megumi Isaka[dynamic](for Ms.Kiyohara) Models:Ryo Narita[MEN’S NON-NO model] Kaya Kiyohara Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

※価格は全て税込みです。

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼