▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【和の服が新鮮!】ちょっと取り入れる、旬な着こなし方 #この春みんなが欲しい服

【和の服が新鮮!】ちょっと取り入れる、旬な着こなし方 #この春みんなが欲しい服

▼ WPの本文 ▼

平面のパターンからなる和服、着心地も通気性もよく意外と機能的らしい。着物・羽織・袴…と和の服に各国のデザイナーが再注目!

きれいなジャケットで
日本の道着パンツをこなす

ニコラス デイリーの道着パンツは、柔道着の帯のように厚みのあるウエストコードとストンと落ちるシルエットが特徴。トラディショナルな"洋服"であるジャケットを合わせて、"和"のパンツを強調しつつもきれいにこなしたい。

パンツ(ニコラス デイリー)¥57,000・ジャケット(インカミング)¥79,000/イーライト シャツ(マービン ポンティアック)¥45,000/スクール 靴(ラッキーベル)¥4,500/ランチキ セントリューム トーキョー

パブリック スタッフ
葉山勇輝さん

海外ブランドが日本でルック撮影することも増え、世界中から「日本」や「和」というキーワードが注目されていたように思います。


アウターだけ
和の服にチェンジ!

着物にインスパイアされたビズビムのジャケットは、リラックス感のあるシルエットで、実際に着心地もいい。ワイドパンツで全体をルーズなサイジングにそろえると今らしいバランスに。

ジャケット(ビズビム)¥124,000/F.I.L. TOKYO シャツ(ナイスネス)¥45,000/イーライト カットソー(キャンバー)¥4,000/ダメージドーン 2nd パンツ(サバイ)¥24,000・靴(スペース クラフト)¥18,000/HEMT PR ハット¥9,000/アンデコレイテッド 

イコンズ 店長
浅野喜幸さん

織りから染色まで、日本古来の技術を使った服が増えている印象。独自の「モノづくり」にインスパイアされるブランドは増えていきそうですね。

※価格は全て税別です。

Photos:Yuki Kumagai Hair & Make-up:NOBUKIYO Stylist:Masashi Sho Atsuo Izumi Models:Rintaro Mizusawa Yudai Toyoda[They are MEN’S NON-NO models] Composition & Text:Takako Nagai Jun Namekata[The VOICE]

▲ WPの本文 ▲

この春みんなが欲しい服

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 【和の服が新鮮!】ちょっと取り入れる、旬な着こなし方 #この春みんなが欲しい服

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼