▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【この春ジーンズ、こう着たい】野暮ったデニムの取扱例3 #この春みんなが欲しい服

【この春ジーンズ、こう着たい】野暮ったデニムの取扱例3 #この春みんなが欲しい服

▼ WPの本文 ▼

ジーンズ選びは"中太"シルエットが肝!細身や極太でキメるより、ちょっと抜けてるムードが今っぽい。

ウォッシュドデニムを
今っぽい"渋カジ"に

90年代がキーワード。ウォッシュのかかった中太のデニムに、コンバースのスニーカーとGジャンを合わせた元祖渋カジ的なスタイリングが面白い。あくまで今のブランドを取り入れながらコーディネートすることで、単なる懐古主義にならず、絶妙なレトロムードにまとまるのだ。

ジャケット¥28,000・ジーンズ¥18,000(ともにサンセ サンセ)/ブランドニュース ニットベスト(ラッファ モリーナ)¥32,000/トゥモローランド Tシャツ(サバイ)[2枚入り]¥9,000/HEMT PR スニーカー/スタイリスト私物

ランチキ セントリューム トーキョー スタッフ
高田智也さん

この春は、ある種、中途半端な太さのいなたいデニムが面白い。ストレートやバギーのブルーデニムは店舗のSNSでもすでに好反応ですよ。


ハイウエストでタックインが
懐かしのデニムスタイル

90年代を思わせる中太ウォッシュドデニムのタックイン。当時のトレンドを踏襲して足もとはレッド・ウィングを。ともすると古い印象になりそうなギリギリを攻めながらも、仕上げはシックなシャツジャケットでさらりとこなしたのが肝。現代的な抜け感が生まれた。

ジーンズ¥16,000/カーハート WIP ストア トーキョー シャツジャケット(アルテリア)¥43,000/イーライト シャツ(ニューターム)¥26,000/ホワイト ロッジ 靴¥37,900/レッド・ウィング・ジャパン ベルト(トリーレザー)¥8,000/メイデン・カンパニー

中太のブルーデニムなら
簡単に"野暮ったイイ"

細すぎず太すぎない中くらいの太さのブルーデニムなら、ちょうどいい野暮ったさでスタイリングできる。古着ライクなハーフジップのトップスを合わせて、よりいなたく見せるとベター。キメすぎるのではなく、まるで適当に着ているかのような気張らないムードこそ今っぽいのだ! 

ジーンズ(ウエストオーバーオールズ)¥19,000/ストール ショールーム ニット¥32,000/ディガウェル 1 シャツ(ワンダーランド)¥27,500/ノット ワンダー ストア スニーカー¥32,000/A.P.C. CUSTOMER SERVICE


アンチェイン 店長
栂村竜彦さん

ニュートラルな太さで、細すぎないものが人気です。自店では、カルチャーの背景を踏まえたスタイリング提案で、デニムが売れていきますよ。

※価格は全て税別です。


Photos:Kanta Matsubayashi Yoshio Kato(still) Hair & Make-up:NOBUKIYO Stylist:Masashi Sho Atsuo Izumi Models:Keisuke Nakata[They are MEN’S NON-NO models] Composition & Text:Takako Nagai Jun Namekata[The VOICE]

▲ WPの本文 ▲

この春みんなが欲しい服

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 【この春ジーンズ、こう着たい】野暮ったデニムの取扱例3 #この春みんなが欲しい服

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼