▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

【4選】スニーカー×服のテイスト!今、旬な掛け算はこれだ!【Part2】

【4選】スニーカー×服のテイスト!今、旬な掛け算はこれだ!【Part2】

▼ WPの本文 ▼

服に合わせやすいとか、なじませ役じゃなくて、スニーカーの独特なトレンドも知ると楽しい。まずは部屋で好きなおしゃれを楽しみ、家を出るときに玄関で好きな1足をそれぞれの視点で選ぶ。お互いが主役になって個性をぶつけ合うくらいが、新しいファッションに出会えるから!

ロンボート
プロテクト ハイブリッド

地球のことを考えた、
サステイナブルなスニーカー

サステイナブルのトレンドは足もとにも及んでいて、ファッションと環境のどっちも追求しているパリのロンボートはモード界が注目の新鋭だ。有害物質や動物性原料を一切使わずに、すべて職人の手で作られている。スニーカー(ロンボート)¥38,000/エムエイティティ

× クリーン70’s

ポケットが主張するシャツはミリタリージャケットがモチーフ。甘いチェックが骨太感を消し、上品に仕上げている。着こなしに奥行きが出る淡いピンクは今季も注目カラー。ピュアな白スニーカーもクリーンな印象に。

シャツ¥44,000・ニットベスト¥28,000(ともにシュガーヒル)/4K Tシャツ(スタジオ ニコルソン)¥15,000/キーロ パンツ(ニューレーベル)¥25,000/スタジオ ファブワーク

 


ニューバランス
MR2002R

優等生でストリート強め。
そのバランスが気分

現代的なアップデートを加え、昨年10年ぶりに買いやすいアジア製で復刻した「MR2002R」は、機能を盛り込みながら引き算の美学も垣間見える、絶妙なバランスが今、最も知性を感じさせる。スニーカー¥14,800[3月発売予定]/ニューバランス ジャパンお客様相談室

× オーバーサイズニット

ニットもスウェットも大きくなりベストもビッグが増えている。ボトムには再燃しつつある細身を選ぶとメリハリが生まれ、どちらも引き立つ。ニューバランスの野暮ったいフォルムは着こなしの調整役だ。アイテム同士のいい違和感を残してバランスをつくっている。

ベスト(チノ)¥72,000/モールド パーカ(KUME.JP)¥8,800/久米繊維工業 パンツ(アポクリファ)¥43,000/サカス ピーアール

 


プーマ
スウェード VTG MIJ シルバー

マニアがうなる
ヴィンテージスペックを日本製で

1980年代に作られていた貴重な初期スペックを忠実に再現した名作「スウェード」が発売。スウェードの雰囲気も高級感あるし、何よりこだわりのジャパンメイド。ヴィンテージっぽいのに革靴っぽさもある不思議な魅力だ。スニーカー¥18,500/プーマ お客様サービス

× リラックスフォーマル

セットアップは相変わらず一大トレンドだけど、今季はさらに心地よさの追求が高まっている。イズネスのジャケットは身幅をたっぷりもうけたダブル仕立て。革靴気分で履きこなせるプーマの名機とともにカジュアルフォーマルを狙おう。ウエストはスニーカーのひもをベルト代わりにきゅっと結んで。

ジャケット¥42,000・パンツ¥30,000(ともにイズネス)/アルファ PR ニット¥25,000/スローン

 


サロモン
ウィングス スカイ

近未来を感じるギア的なルックスが、
おしゃれを変える

モード好きはみんなサロモン好き。トレイルランニングの世界で培ったハイテク感と、近未来なデザインの融合が、僕たちのおしゃれを進化させてくれる。新作の「ウィングス スカイ」は今まで以上にメカっぽい、硬質なルックスなのに、驚くほど軽くてフィットするんだ。凹凸のあるグリップソールも魅力。スニーカー¥15,000/サロモン コールセンター

× ネオヒッピー

人や自然を大切にするヒッピーのマインドが高まっている。ちょっとタイトなジャケットや大胆に広がるフレアパンツは70’sテイストのアイコン。そこにサロモンの未来感を合わせたアンバランスさがニューファッションだ!

ジャケット¥35,000・Tシャツ¥9,700/オリミ パンツ(ジエダ)¥24,000/キクノブ 東京 スカーフ(トーガ ビリリース)¥9,000/トーガ 原宿店 ソックス/スタイリスト私物

 

Photos:Keisuke Kitamura(model) Yoshio Kato(still) Hair & Make-up:Momiji Saito[eek] Stylist:Masaaki Ida Models:Kotaro Inai Rintaro Mizusawa Shunya Iwakami Taiki Nomura[They are MEN’S NON-NO models] Composition, Styling & Text:Masayuki Ozawa

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼