▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

リバーシブルの新定番コートが使えすぎる!【中田撮ファッション! #005】

リバーシブルの新定番コートが使えすぎる!【中田撮ファッション! #005】

▼ WPの本文 ▼

中田圭祐が撮る
2021年のファッション新定番

―――
好評連載「中田撮」が
スペシャル版として登場。
鈴木仁と水沢林太郎をモデルにむかえ、
本格的なファッションシューティングに
フォトグラファー中田圭祐が挑戦。
テーマは、お馴染みのブランドや
スタイルから提案する
“2021年のファッション新定番”だ。
―――
>>>「中田撮ファッション!」
を一気読み!

  

コートの新定番
「シーイーのリバーシブルコート」

リバーシブルコート自体は、決して新しいわけじゃないんだけど、“いかにも”なクラシック感がないリバーシブルが、新鮮でイイなと。

確かにこれは、パッと見はわからないですね。

たくさん服を買うより、気に入ったものを長く着たいっていうムードも高まっているみたいだし、そういう観点でも着まわしのきく一着だね。


いかにもじゃない
リバーシブルが欲しかった

普段、古着を着ることが多いんですけど、このくらい味のある素材感だとうまく馴染みそうですね。シンプルだけどちゃんと表情もあるし。

ちょっとフェード感のある色のトーンもイイ。

これは裏で着てるんだけど、あまり渋くなりすぎないように、インのスウェットは、かわいげな柄を入れて遊んでみました。


足元のオレンジ、きいてますねぇ!

ナイキのダンクで色をさすと、ストリート感が少しプラスされてイマドキの感じにアップデートされるでしょ。レザーシューズだと、落ち着きすぎちゃうので。

表で着るとコーデュロイ生地。同じブラウンでも臨機応変にいろいろなコーディネートに対応できそうですね。

表で着ると背中のアンブレラヨークがいいアクセントになる。よりミリタリーコートっぽい雰囲気でタフなムードで使えるよね。

表と裏で違う生地を使うことで、製品染めをしたときに微妙に異なるニュアンスのカラーが生まれる。オーバーサイズのシルエットもまさに旬なムード。

コート¥77,000/シーイー[www.cavempt.com] ジャケット(プリズンブルース)¥13,000・パンツ¥13,000/ダメージドーン 2nd[TEL:03-6434-0287] スウェット(ナパピリ マーティン ローズ)¥22,000/ディプトリクス[TEL:03-5464-8736] スニーカー(ナイキ スポーツウェア)¥13,000/ナイキ カスタマーサービス[TEL:0120-6453-77]

Photos:Keisuke Nakata[MEN’S NON-NO Model]
Hair&Make-up:Yosuke Akizuki
Stylist:Masashi Sho
Model:Jin Suzuki[MEN’S NON-NO Model]

▲ WPの本文 ▲

中田撮ファッション

さらに記事を表示

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼