▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

シャツ1枚でおしゃれ! 印象を残す今年流シャツの着こなしテク5

シャツ1枚でおしゃれ! 印象を残す今年流シャツの着こなしテク5

▼ WPの本文 ▼

シャツを1枚で着るワンツーコーデは意外と難しい。油断をするとさらっとしすぎてしまうから。印象を残すための、シャツ選びと着こなしのテクニックをご紹介。

0325_shirt01

セットアップならシャツ1枚でも
簡単にサマになる!

シャツ1枚で最も簡単に、しかも断然今っぽく仕上がるのがセットアップという選択。上下共地のミニマルなスタイルはどこかモード感があってスタイリッシュ。着こなしは簡単だけどインパクトは抜群という、今季注目のスタイルだ。ちなみにシャツは裾がゴム仕様でアウター風のデザインなのがポイント。裾にニュアンスをつけやすいのも、1枚でサマになる理由。
シャツ¥42,000・パンツ¥36,000/フミト ガンリュウ プレスルーム

0325_shirt02

ノーカラーvs.オープンカラー。
シャツは衿で勝負する!?

[右]プルオーバータイプのノーカラーシャツは、少し緑がかった繊細な色が特徴的。パンツとシューズをベージュで合わせて、淡い色彩で着こなすとさらに今季的だ。
シャツ(ウル)¥26,000/スタジオ ファブワーク パンツ(ヘリル)¥53,000/アンシングス 靴(クラークス オリジナルズ)¥23,000/クラークスジャパン 
[左]今季も人気のオープンカラーシャツ。これは上衿がニット素材に切り替えられたデザインがポイント。シンプルにデニムに合わせても個性が光る。
シャツ(トーガ ビリリース)¥49,000/トーガ 原宿店 ジーンズ¥33,000/ウィーウィル ギンザ スニーカー(リプロダクション オブ ファウンド)¥28,800/スティーブン アラン トーキョー

0325_shirt_03

ビッグ&ヘビー。
その大胆さを味方につける

ビッグシルエットのデニムシャツは、ただ大きいだけじゃなくかなりヘビーオンスの生地を使っているのも面白い。シルエットの個性を楽しみたいなら、ボタンは全部留めて。トップスで遊ぶ分、パンツは適度に上品にまとめるのが正解だ。デニムと相性のいいベージュでまとめると、バランスよく着こなせる。
シャツ¥33,000/ネーム パンツ(アレッジ)¥30,000/カラーズ 靴(ターミガン)¥29,000/フェイス

0325_shirt_04

ひと時代前のアート性が
今改めて面白い

今季は柄で勝負するシャツも手に入れたいところ。今なら、少しアート性を感じさせる柄がおすすめだ。ラッド ミュージシャンから登場したのは、抽象画のようなインパクトのあるシャツ。個性が強い分、パンツはトーンを合わせてシンプルになじませるのがいい。アーティスティックな中にほんのり漂う不良性もまた新鮮。
シャツ¥33,000/ラッド ミュージシャン 原宿 パンツ¥33,000/ネーム

Photos:Taro Hirayama Hair & Make-up:NOBUKIYO Stylist:Yoshiaki Komatsu Models:Taiki Nomura Yudai Toyoda[Both are MEN’S NON-NO models] Yugo Takano Keiya Shimoda Composition&Text:Jun Namekata[The VOICE]

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼