▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

1万円以下のモテ服5選!好印象なデート服もコスパでゲット

1万円以下のモテ服5選!好印象なデート服もコスパでゲット

▼ WPの本文 ▼

年末年始のイベントで好きな子へのプレゼントやら自分へのご褒美やら、お金を使いすぎた人も多いハズ。でもそれを理由にファッションをおざなりにしていたら、ライバルたちに差をつけられるだけでなく、女子からの評判も落ちてしまうかも!? そんな悩める男子たちのために、オシャレもモテも叶えられる脅威のコスパ服を見つけてきました。お値段以上の価値ある5アイテムで、2021年のスタートダッシュをかけよう!

United Athleのセットアップ
【ジャケット¥5,700】
【パンツ¥4,900】

タフな無地Tでお馴染みのユナイテッド アスレのセットアップを発見! テーラード型なのにワークジャケットを彷彿させる男っぽさのあるジャケットと、太すぎず細すぎない絶妙なラインのパンツの組み合わせは、キマりすぎることなくデイリーに取り入れるのにちょうどいいね。フーディを合わせて思いっきりカジュアルに着るのもいいけれど、モテを意識するなら、ちょっと濃いベージュのシャツを合わせてワントーンでスッキリまとめるのがオススメ。襟元と裾からチラリと白Tを見せるのもこなれて見える秘訣! コットン素材なので家で洗えるのも地味に嬉しかったり。

ジャケット¥5,700・パンツ¥4,900/ユナイテッド アスレ[URL:https://united-athle.jp] シャツ(08サーカス)¥34,000/08ブック[TEL:03-5329-0801] Tシャツ(ベルバシーン、2枚セット)¥8,400/トップウィンジャパンショールーム[TEL:03-3406-6001] 靴(3月発売)¥15,000/コンバースインフォメーションセンター[TEL:0120-819-217]

  


EDWINの名作ジーンズ
【¥8,900】

値段だけ見ればそこまで安くはないけれど、日本を代表するエドウインの名作「503」がこの値段で買えるということがスゴイのだ! すでに知っている人も多いと思うけれど、エドウインはMADE IN JAPANにこだわったジーンズブランドで、日本人の体型にぴったりフィットするジーンズを数多く生み出している。中でもこの「503」は、あらゆる体系に似合うよう計算されたストレートシルエットを採用しているので、1人1本マストハブ。ブルーグリーンのシャツにオーバーサイズのベストを重ねて、クリーンで知的にまとめれば、女子たちの好感度も爆上がり間違いなし!

ジーンズ(エドウイン)¥8,900/エドウイン・カスタマーサービス[TEL:0120
-008-503] ベスト¥27,000/ネーム[TEL:03-6416-4860] シャツ(ワンダーランド)¥23,100/ノット ワンダー ストア[TEL:06-6110-5466] バッグ(Cotswold Aquarius)¥6,000/メイデン・カンパニー [TEL:03-5410-9777]  靴¥15,000/ムーンスター カスタマーセンター[TEL:0800-800-1792]

  


SENSE OF PLACEのとろみシャツ【¥5,900】

世界屈指のテキスタイルメーカー・キャリーマンの生地を用いたシャツは、カジュアルからキレイめまで使える万能な1枚。今回はホワイトのイージーパンツにペールブルーのTシャツをタックインした爽やかなワンツーコーデに合わせてスタイリング。さり気ない光沢と柔らかな質感のシャツをサラリと羽織るだけで、いつものカジュアルコーデが品よくアップデートできるなんて最高だよね。足元はスニーカーや革靴でももちろんいいけれど、あえて黒のサンダルで抜くと、上級者感が出て周りから一目置かれること間違いなし!

シャツ¥5,900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店[TEL:03-6433-5548] Tシャツ(アクネ ストゥディオズ)¥17,500/アクネ ストゥディオズ アオヤマ[TEL:03-6418-9923] パンツ(ブルーナボイン)¥26,000/ブルーナボイン代官山店[TEL:03-5728-3766] 靴(ベンチ)¥12,800/リアルスタイル[TEL:0745-43-6355] ソックス/スタイリスト私物

  


GUのラウンドトゥシューズ
【¥2,990】

カジュアルスタイルを上品に仕上げるのに必要不可欠な外羽根式のレザーシューズ。老舗ブランドで探すとかなり値が張るこのアイテムが、なんとGUなら¥2,990で手に入るなんて最高すぎる! ラウンドしたプレーントゥやブラックのスウェード調の素材を用いることで落ち着いた雰囲気を醸し出しながらも、程よいボリュームのあるタンクソールを組み合わせることでドレスシューズ初心者でも履きやすい仕様になっている。太めのスラックスに開襟シャツを羽織ったナードな着こなしに合わせれば、知的だけど男っぽさもある全方位ウケする男になれること請け合い。

靴¥2,990/GU[TEL:0120-856-452] シャツ(ミディウミソリッド)¥15,800/マーコート デザインアイ 代官山店[TEL:03-6427-0738] カットソー¥7,500/ビームス 原宿[TEL:03-3470-3947] パンツ¥15,000/カイコー[TEL:03-6455-2033] ソックス/スタイリスト私物

※価格は全て税別です

Photos:Takahiro Idenoshita hair&Make-up:SHUTARO(Vitamins) Stylist:Asako Takano Model:Kotaro Inai Composition&Text:Misato Kikuchi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼