▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

男子のための正しいUVケア入門。紫外線から肌を守って美肌を目指すQ&A①

男子のための正しいUVケア入門。紫外線から肌を守って美肌を目指すQ&A①

▼ WPの本文 ▼

やっと外出できると思ったら、日差しがカンカンに強くなっていた! 紫外線ケアは美肌の基本。10年後に後悔しないためにも 今日の肌をしっかり守って、トラブルレスの美肌をめざそう!

松倉クリニック代官山院長 貴子先生

教えてくれたのは
松倉クリニック代官山院長
貴子先生
形成外科医。医師ならではの美容の深い知識はもちろん、最新の化粧品、トレンドについても詳しく、女性誌やテレビなどさまざまなメディアで活躍。美容業界からの信頼も厚い。

Q去年の日焼け止めは使わないほうがいい?

A

開封から半年以内に使い切ろう

日焼け止めは開封するとフレッシュな状態が損なわれるので、半年前後で使い切るほうが安全。夏だけ塗る人はひとつを使い切る気持ちで塗ったほうが、結果適量を塗れて日焼けしないぞ。


毎日欠かさず塗ったほうがよさそうだ

photo

Q日焼け止めを塗らないと、そもそもどうなるの?

A

焼けるだけじゃなく、肌の老化が進む!

日焼け=シミやくすみは想像できるかもしれないが、紫外線のダメージはシワやたるみの原因にもなる。肌悩みは今日や明日すぐに現れるものじゃないからこそ、普段のケアが大切。特に5月からの紫外線量は真夏と同量になることも。普段、日焼け止めを使わない人も、春〜夏だけでも塗る習慣を。


生活習慣を見直して夏の相棒を見つけよう

photo

Q日焼け止めは何を基準に選べばいいの?SPFやPAが高ければOK?

A

日常生活であれば、SPF30程度
対応できる

日常生活であれば、SPF30程度で対応できる日中外で活動をしているアウトドアなどでは、紫外線を長時間浴びてしまうためSPF、PAの数値が高いに越したことはない。高い防御効果の日焼け止めは、その分肌への負担もあるため、通勤や通学、買い物程度であれば、SPF値が30程度のもので、十分対応可能だ。

  • Tシャツ(ベルバシーン)¥4,200/トップウィンジャパンショールーム パンツ(ヨーク)¥32,000/スタジオ ファブワーク

Q女性と違い、男性だからこそ気をつけるべきことってある?

A

日焼け止めを塗る前後に水分を
たっぷり
与えよう

男性の肌は女性に比べて、水分が少なく脂分が多い。さらに、日焼け後は肌が乾燥しているため、肌への潤い補給をしっかりと。ジェルタイプの、みずみずしい日焼け止めを選ぶのも有効。


Q日焼け止めは、年中塗らなきゃいけないもの?一日中、部屋にいるときでも…?

A

少しでも日差しを浴びるなら
年中塗ったほうが
安心

紫外線は冬はもちろん、曇っている日も地上に差し込んでいる。部屋で過ごす日も、窓から紫外線は入ってくるので、直射日光でなくても、日を浴びるのであれば、基本的に日焼け止めは塗るほうがベターといえる。


生活習慣を見直して夏の相棒を見つけよう

photo

Q日焼け止めの正しい塗り方ってあるの?

A

顔の高い位置に5点置きし、
全体に塗り広げよう

顔の高い位置のほうが焼けやすいため、おでこ、鼻筋、両頬、顎の5点に置き、顔全体にまんべんなく塗り広げよう。アイテムごとに適量はあるが、無理して一度に塗り広げずに、重ねるように塗ったほうが防御力はアップする。

  • Tシャツ(マンド)¥21,100/スタジオ ファブワーク

Photos:Shinsuke Sato Hair & Make-up:KUBOKI[Three PEACE] Stylist:Masashi Sho Model:Yudai Toyoda[MEN’S NON-NO model] Composition & Text:Shohei Yogi

▲ WPの本文 ▲

男子のための、正しいUVケア入門

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • BEAUTY
  • スキンケア
  • 男子のための正しいUVケア入門。紫外線から肌を守って美肌を目指すQ&A①

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼