▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

1枚あって損なし!【ボーダーのバスクシャツ】が、着回しに必要な10の理由。

1枚あって損なし!【ボーダーのバスクシャツ】が、着回しに必要な10の理由。

▼ WPの本文 ▼

友達の前で口には出さないけど、正直「みんなの中で、おしゃれなやつでいたい」。おしゃれ見えるコツは、いかにうまく着まわしができるかってこと。つまり、着まわし力の高い服があれば、手持ちアイテムを生かしながら印象をアレンジできちゃう。もちろんお金をかけなくたってOK。こんな時期だし飲み会を1回スキップして、代わりにたくさん着まわせる優秀な1着を手に入れて、こなれたやつになってみよう!

  

着まわしITEM
エルイーのバスクシャツ

今回の着まわしアイテムは、【エルイーのバスクシャツ】。シャツというけど、コットン地の立派なカットソー。襟を広く浅く取ったボートネックと爽やかな印象を与える白×紺のボーダー柄が特徴だ。愛嬌のある見た目は一枚でも着られるし、目を引くインナーとしても活躍する。季節の変わり目に持っておきたいアイテムなのだ。

カットソー(エルイー)¥14,000/レショップ 青山店[[TEL:03-5413-4714]]

  

着用モデルデータ

モデル:鈴鹿央士 178cm
シャツ:Mサイズ


着まわしスタイル1

「スリムなデニムを選んで
こなれたフレンチテイストに」

白と紺のボーダーといえば、まさにバスクシャツから来る爽やかなフレンチテイストをイメージ。デニムを合わせてさらっとクリーンにまとめる。少し大きめに着るカットソーとバランスを取るように、パンツはスリム〜ストレートのシルエットを選んでいまっぽく仕上げて。色を揃えたレザーのベルトとサコッシュで、大人っぽいアクセントを加えてコーディネートに味つけ。

パンツ 18,000(エルイー)/レショップ 青山店[TEL:03-5413-4714] ベルト ¥12,000・バッグ ¥15,000(ともにサイ)/マスターピースショールーム[TEL:03-5414-3531] スニーカー/スタイリスト私物


  

着まわしスタイル2

「トラッドにアレンジして
知的な印象を狙う」

ネックの広いバスクシャツは、時間のない朝でも楽に着られて、しかもかわいげもあって様になる! まさに万能! その上にベージュのスイングトップをさっとはおって、黒のチノパンを重ねれば、それだけで品のいいトラッドスタイルにアプローチできちゃう。カットソーはパンツインせずに、ボーダー柄を見せてスタイルに彩りを添えて。最後に、メタルのメガネで知性を演出して、個性を手に入れよう。

ジャケット(スティル バイ ハンド)¥30,000/スタイルデパートメント[TEL:03-5784-5430] パンツ¥38,000/ディガウェル 1[TEL:03-5722-3392] メガネ(トム ブラウン)¥60,000/オプティカルテーラークレイドル青山店[TEL:03-6418-0577] バッグ(ヤエカ ライト) ¥24,000/ヤエカ[TEL:03-6426-7107] スニーカー¥26,000/ニューバランス ジャパンお客様相談室[TEL:0120-85-0997]

  

着まわしスタイル3

「色数を抑えて
爽やかな冬の白を楽しんでみる」

二色の清潔感のあるボーダー柄を生かして、色数を絞れば、重ね着もうまくいく。肌寒くなったらハイネックのカットソーやカーディガンを足すのもありだ。ポイントは冬に着るクリーンな白! 一見難しい白パンツも、ボーダー柄と境界線となるベルトを使えば、引き締まった印象をつくれて爽やかにまとめることができる。遊びとして、パステルイエローのバケットハットでストリート感を加えて抜けをつくる。

中に着たカットソー(オウベット)¥16,000/レショップ 青山店[TEL:03-5413-4714] カーディガン ¥62,000・パンツ ¥26,000/オーラリー[TEL:03-6427-7141] 靴(クラークス)¥20,000/グロウアラウンド[TEL:03-5489-4333]  帽子¥18,000/ディガウェル 1[TEL:03-5722-3392] その他/スタイリスト私物

  


他にもこんな!7つの着まわしアイデア

残り7つの着まわしアイデアは、スタイリストのコメントで紹介。合いそうなアイテムをぜひ探してみて!

着まわしスタイル4

「ベージュのチノパンにインしてエスプリを効かせて」

着まわしスタイル5

「サックスブルーのオックスフォードシャツとジーンズに入れて定番スタイルをアレンジ」

着まわしスタイル6

「爽やかな白のシャツとジーンズの着こなしに腰巻きしてアクセントを」

着まわしスタイル7

「ネイビーのセットアップに肩掛けしてこなれたカジュアルダウンを演出」

着まわしスタイル8

「白いざっくりニットの袖からチラ見せして、コーディネートにニュアンスをつける」

着まわしスタイル9

「スウェット感覚でネイビーのシャツの上に着て大人めカジュアル」

着まわしスタイル10

「Gジャン×ワークパンツに挟んで、いなたい抜け感をつくる」

Photos:Yuko Yasukawa Hair & Make-up:Naoyuki Ohgimoto Stylist:So Matsukawa[TRON] Model:Ouji Suzuka[MEN’S NON-NO model] Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • FASHION
  • 着こなし術
  • 1枚あって損なし!【ボーダーのバスクシャツ】が、着回しに必要な10の理由。

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼