▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

1着で10回着回せる【ビューティ&ユースのチェックシャツ】が最強すぎる!

1着で10回着回せる【ビューティ&ユースのチェックシャツ】が最強すぎる!

▼ WPの本文 ▼

友達の前で口には出さないけど、正直「みんなの中で、おしゃれなやつでいたい」。おしゃれ見えるコツは、いかにうまく着まわしができるかってこと。つまり、着まわし力の高い服があれば、手持ちアイテムを生かしながら印象をアレンジできちゃう。もちろんお金をかけなくたってOK。こんな時期だし飲み会を1回スキップして、代わりにたくさん着まわせる優秀な1着を手に入れて、こなれたやつをなってみよう!

  

着まわしITEM
ビューティ&ユースのチェックシャツ

1着目の着まわしアイテムは、【ビューティ&ユースのチェックシャツ】。グレー地にブラック×ブラウンのチェック柄が映えるシックな顔立ち。余裕のあるシルエットもあいまって、さらっと羽織るだけで様になる。ガーゼ地を採用した、夏から秋へかけて重宝する薄手で軽い仕上がりなので、出かけるときに持っておきたい。

シャツ¥12,000/ビューティ&ユース 渋谷公園通り店[TEL:03-5428-1893]

  

着用モデルデータ

モデル:鈴木仁 183cm
シャツ:Lサイズ


着まわしスタイル1

「柄の色を拾った黒ワントーンでこなれてみる」

「シンプルだけど気が利いてる」。それは、前を開けて袖をまくってラフな雰囲気を作りながら、チェック柄のグレーやブラックを拾ってワントーンでスタイリングしているから。ゆとりのあるシルエットのTシャツとジーンズでゆるいんだけど、統一感があって隙がない。足元にネオンイエローで遊びを入れて、さらにこなれ感アップ。

Tシャツ[2枚入り](オンブレ ニーニョ×フルーツオブザルーム)¥6,000/ディアゲスト[TEL:03-6452-685] ジーンズ¥12,273/COS 銀座店[TEL:03-3538-3360] スニーカー¥10,000/アシックスジャパン お客様相談室[TEL:0120-068-806]


  

着まわしスタイル2

「白を生かした爽やかコーデに足して味付け」

シャツをアクセ感覚でちょい足し。秋のはじまりにぴったりなロンTとショーツを使った爽やかなルック。プレーンな装いに、柄シャツを肩からかけるだけでさりげないアクセントに。ここでも革靴で柄のブラウンをキャッチすることで、着こなしのバランスを整えられる。いくつも色を使ったチェックシャツはそこが便利なのだ。

カットソー(サバイ)¥13,000/HEMT PR[TEL:03-6721-0882] ショーツ¥9,546/COS 銀座店[TEL:03-3538-3360] 下に着たタンクトップ[2枚入り]¥1,800/ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター[TEL:0120-456-042] 靴(クラークス オリジナルズ)¥22,000/クラークスジャパン[TEL:03-5411-3055] ソックス/スタイリスト私物

  

着まわしスタイル3

「楽なパンツと大人っぽい休日スタイルに」

上品な見た目を生かすために、ボタンは全留めしてかっちり感で魅せる。対して、パンツはスリムなイージータイプを選んで、大人のリラクシングな着こなしを演出。細身のパンツの足元は肌を見せて軽さを出しつつ、ミニマルなデザインの革靴でさらっとクリーンな印象に仕上げる。ちょい大きめのシャツがあれば、パンツのシルエットでメリハリが利かせることができる。

タンクトップ¥10,800・パンツ¥25,800(ノンネイティブ)/ベンダー[TEL:03-6452-3072] 靴(ヨーク)¥25,000/HEMT PR[TEL:03-6721-0882] バッグ/スタイリスト私物

  


他にもこんな!7つの着まわしアイデア

残り7つの着まわしアイデアは、スタイリストのコメントで紹介。合いそうなアイテムを是非探してみて!

着まわしスタイル4

「USAカラーのトリムTシャツとストレートデニムで80’sアメカジに」

着まわしスタイル5

「白Tと青のスイムパンツでアクティブな着こなし。ボタンは一番上だけ留めてシルエットに変化を」

着まわしスタイル6

「カレッジロゴパーカとスウェットパンツに腰に巻いてプレッピースタイル」

着まわしスタイル7

「モノトーンのフォトTをスラックスにイン! 上に羽織ってモードな印象に」

着まわしスタイル8

「ブラウンのVネックニットベストの下に着てベージュチノ。こなれた優等生ルックに変身」

着まわしスタイル9

「グレーのスウェットを上に重ねてアイスブルーデニムでちょいナード」

着まわしスタイル10

「ノーカラーの黒シャツの上に着て都会的な重ね着を楽しむ」

Photos:Kyohei Yamamoto Hair & Make-up:Narumi Tsukuba Stylist:Masashi Sho Model:Jin Suzuki[MEN’S NON-NO model] Composition & Text:Hisamoto Chikaraishi

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼