▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

おしゃれのプロが語る! セレクトショップのオリジナル神アイテム4選

おしゃれのプロが語る! セレクトショップのオリジナル神アイテム4選

▼ WPの本文 ▼

オシャレな人はセレクトのオリジナルってどう見てる? スタイリスト目線で最近のブランド事情を語ってもらい、等身大な読者目線から見たセレショについてもリサーチ! さらに個人的に気になったものも大公開!

左から:庄 将司さん/スタイリスト、中川大輔/メンズノンノモデル、泉 敦夫さん/スタイリスト、松浦弘征さん/学生

   

セレクトショップのオリジナル愛
存分に語ってもらいましょう!

中川 僕、実はあんまりチェックしていなくて。こんなにいろんなアイテムがあることにびっくりしました!
 オリジナルってちょうどいい塩梅でトレンドを取り入れているんだよ。
 セレクトはいろんなアイテムを仕入れているからこそ、最近はオリジナルに力を入れていく動きがあるみたい。
中川 ベーシックなものが多いイメージだったけど、デザイン性の高いアイテムもたくさんありますね。
松浦 最近は、よりオシャレなものが増えてきたように感じます。
 年々クオリティが上がってきてるよ。形がきれいだったり汎用性の高いアイテムもいっぱいあるし。

エコレザージャケット¥6,900/フリークス ストア渋谷


<庄賞>
フリークス ストアのジャケット

セレクトにしかできない大胆なデザインにビビッときました! ポケットの感じとか生地とか形とか、いいとこ取り。ゆるめのサイズで着られるのもいいし、ワイルドに着こなせそう!

  

泉 あとはオリジナルだからこそ幅広いサイズ展開ができるんだよね。
松浦 合わせでも見劣りしないし、いろんな服に合うから活用してます。
 色展開も豊富だから、カラバリで買ったりね。ソックスとかタートル、Tシャツとかパーカとか、ガシガシ着る消耗品系もよく買うかな。
松浦 アピールしたい色がわかりやすいから、オリジナルからなんとなくトレンドカラーを読みます!
中川 セレクトに多く売られてる色味が流行ってるってことか~!

コート(ストール付き)¥46,000/アダム エ ロペ

<中川賞>
アダム エ ロペのコート
着たときのインパクトが強いですが、鮮やかな青が冬の空気に溶け込む感じ。ゆったりしたユニセックスなシルエットも今っぽい。ストール付きで、コートと小物のセットってしゃれてる。

  


 今回の企画でアイテムをいっぱい集めてみて、ブランドごとに雰囲気が違うなって改めて思った。
 上品なものや大人っぽいものからカジュアルなものもあるし、ショップごとのカラーがあるのがわかったよね。
 あと、路線が二極化してる動きを感じるね。手頃なアイテムを安価に抑えるコスパ路線でいくか、高品質なものを突き詰めて上品にいくか。
 ビームスやベイクルーズ系みたいに、ブランド内でいろんなラインをそろえてるところもあるよね。ライフスタイルに特化したり。

スウェット(チャオパニック)¥6,800/チャオパニック ベースヤード トーキョー 原宿店 

<泉賞>
チャオパニックのスウェット

薄手のスウェットは通年着られるので重宝します。ほんのりゆったりしていてインにシャツなどを合わせてもいいし、1枚でも着られるし、ひとつあれば使い回しがきくアイテム。

   

松浦 価格帯が高くないから挑戦しにくいものにトライできるのも魅力だと思います! 買ってみたら案外長く着てるものもありますし。
中川 手の出しやすさ、チャレンジのしやすさも人気の理由なんですね!
 似たようなアイテムがあってもトレンドの解釈が違うのも面白いよ。
松浦 バリエーションがあるし、アイテム数が多くて、型が豊富。選べるのが楽しいんですよ。

カーディガン¥8,500/アーバンリサーチ ルミネ新宿

<松浦賞>
アーバンリサーチのニットカーディガン

ショルダーがゆったりしているので、ガッツリ着込んでいてもさらっとはおれちゃうのがうれしい。生地も肉厚なのでガシガシ使えそう。太いリブや編み込みなどのディテールもツボ!


  

 こんなに安くてクオリティが高いものがあると、ブランドの情熱を感じる…だってカシミアのニットが1万円台って、ヤバいでしょ!
 今回ランクインしたアイテムも、投票する目線で見てみると、アウターとかは特にディテールにこだわってることがよくわかる。
中川 セレクトショップって店員さんもオシャレですよね。着こなしが尖ってないから初心者も参考にしやすい。
松浦 アイテムはシンプルでも、合わせ方でうまく見せられるんだな、と思います。
 初心者には「とりあえずセレクト行っとけ!」って言いたい(笑)。
松浦 あてもなくセレクトショップにふらっと入ったら、何かしら気に入るものが見つかって買っちゃう。
 古着屋巡りならぬ、セレクトのオリジナル巡りができちゃうよね。
 一方で玄人の目に留まるアイテムも眠ってるし、それでいてグッドプライス。ワードローブに欠かせない。
中川 みんなの話を聞いてたら、がぜん気になってきた…撮影が終わったらちょっくら行ってきます!

Photos:Yuichi Sugita[POLYVALENT] Stylist:Atsuo Izumi Masashi Sho 

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ popIn recommend ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼