▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

大学生女子にモテたいなら、インスタの「親しい友達」を活用すべし!

大学生女子にモテたいなら、インスタの「親しい友達」を活用すべし!

▼ WPの本文 ▼

大学生の恋愛の鍵を握るのはInstagram。やりとりはLINEではなくDMで、ストーリーへのリアクションで会話をスタートさせるのが基本であることは、前回の記事でお伝えしたとおり。

仲良くならないとストーリーに関する話以外はしづらいようだが、「仲良くなった判定」はどこですればいいのだろうか。前回に引き続き、大学生の女子3名に取材してみたところ……。

ストーリーズの限定公開範囲「親しい友達」に追加されてるかで、仲良くなった判定ができると判明!

「親しい友達」に入れられていたら
雑談OK

B美 「親しい友達」に入れられてるかはすごく重要だよね。

A子 「親しい友達」に追加した相手だったら、DMが来て「なんで来たのかな?」なんて思わないもんね。

B わざわざ「親しい友達」に入れる作業をしてるんだから、仲良くなりたくないとは思われてないはず! そんな人を入れちゃったら面倒だし。笑 

C奈 そう思う! 私は本当に仲いいひとしかに入れてないから、DM来たらうれしいな。

  


「親しい友達」に含まれていたらかなり前進と言えるよう。仲がいいと思われているか、これから仲良くなってもいいと思われているはず。もし入っていたら、気軽にDM雑談を持ちかけてもよさそうだ。

  

2、3回やりとりしたら
「親しい友達」に入れるべき!

A子 気になる人は絶対早めに「親しい友達」に入れておいたほうがいいよね!

B美 うん。意外な人から入れられてても、「なんで!?」とはならないし。人によって「親しい友達」の範囲は違うからね。「この人は“親しい友達”の範囲広めなんだなって思うくらい。

C奈 2、3回DMでやりとりができたら入れちゃってもいいと思う。

A子 意外な人から親しい友達に入れられてても、「嫌われてないんだな」って思うくらいだよね。むしろ、ちょっとうれしい

B美 こっちからDMもしやすくなるしね。入れておいて損はない!

  

気になる子と数回やり取りできたらすぐに「親しい友達」に追加が正解! 仲良くしたいというサインにもなり、やりとりへのハードルが下がる。

また、「親しい友達」に追加の後は、「DMしよう」というステッカーが進展のカギになるようだ。


  

気になる子の「DMして」
ストーリーズはチャンス

C奈 ストーリーズで「誰かDMして」って上げてる人がいても、全体公開だと「私がDMしてもいいのかな?」って迷っちゃう。でも「親しい友達」への公開で、自分も含まれてるなら、迷わずDMできるよね。

A子 わかる。逆に男子側も、気になる子が「誰かDMして」って上げてたらチャンス! 「親しい友達」に入ってたら迷わずDMしたほうがいいと思う。

C奈 もちろん自分で上げてみてるのも、チャンスづくりにはよさそう。気になる子が暇してたら、DMくれるかもしれないし。

B美 まだ気になる子がいない場合も、よさそうだよね。普段DMのやりとりをあんまりしない子からDMが来て、意外と気が合った!みたいなこともあるかもしれないし。

A 重要なのは「親しい友達」限定公開なこと。全員が見えるストーリーズに上げちゃう男の人はちょっと苦手かも。誰でもいいから連絡したいって、ちょっとチャラい気がする……。もしくはすっごい寂しがりやか。

B美 わかる。「親しい友達」だけにしてほしい。笑

  

大学生の恋愛での強い武器はInstagramの「親しい友達」と「DMしようストーリーズ」。うまく使えば、相手との距離をぐっと縮めることができそうだ。

ここまでは、フォロワーに気になる相手がいるときの話。では、まだその相手がいない場合はどうすれば? 新しい出会いのキーワードは「インスタライブ」。次回はインスタライブの活用法について取材します。

Interview & Text:Miki Higashi Illustrations:Sakurako Okabe

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼