▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

正しいヒートテックの選び方。着ぶくれしないユニクロ新作に注目だ!

正しいヒートテックの選び方。着ぶくれしないユニクロ新作に注目だ!

▼ WPの本文 ▼

寒くなると「UNIQLO(ユニクロ)」の「HEATTECH(ヒートテック)」を手放せないというあなた。すでに持っているから買わなくていいと思ってない? 今年の新作ヒートテックは、おしゃれな着こなしに欠かせないスリムなシルエットがポイント。買い足しマスト!

進化したヒートテックは
薄いのに暖かい!

2003年に初登場して、今や冬場の必需品となったユニクロのヒートテック。薄手なのにしっかり体を暖めてくれるため、寒い時期にはインナーとして重宝しているはず。そんなヒートテックが、実は、年々進化を続けている。つまり、去年のモデルと今年のモデルは別物。すでに持っている人も必ずチェックしておくべき!

スリムに着こなせて、
さらにおしゃれに!

「薄いのに暖かい」を実現したできた秘密は、ポリエステルの糸を細くしたこと。暖かさはそのままに生地がさらに薄くなり、着ぶくれすることなくレイヤードできるようになった。

また、人気の「ヒートテックウルトラウォームクルーネック T」は、袖を9分丈から通常の長袖に変更。全体のシルエットも見直され、インナーとしてだけでなく、カットソーとして1枚で着ても様になるデザインにアップデートされている。他にも、圧倒的な暖かさを誇る「極暖」と「超極暖」のカラーバリエーションが豊富になるなど、全体的により便利に、おしゃれに進化している。


インナーのイメージが強いヒートテックだが、今年は、同素材を採用したボトムスをはじめ、手袋やマフラー、毛布など合計112型もの豊富なラインナップを展開。つまり、インナーだけでなく、着こなしの随所でヒートテックならではの暖かさを感じられるというわけだ。

今季からはパッケージの素材もプラスチックから環境に配慮した再生紙に切り替えられる。そんなサスティナブルな取り組みもユニクロの魅力だ。

※価格は全て税別です。

Text by Tetsu Takasuka

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼