▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

この秋冬、これがおしゃれ!ミリタリーレイヤード、5つのポイント

この秋冬、これがおしゃれ!ミリタリーレイヤード、5つのポイント

▼ WPの本文 ▼

冬のトレンドは、シンプルに「プラス1」を取り入れること!バランスとクリーンな装いのなかで映えるポイントを紹介します。

POINT 01
フライトジャケットは黒で洗練された面持ちに

%28%7B%20atariName%3A%20%22cut10_0558.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA/%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B31/%25E3%2583%25AA%25E6%25B8%2588/036-037/DMA-cut10_0558.psd%22%29%7D%29

ふっくらとした質感と、つややかな生地が特徴的なフライトジャケットも、黒ならたちまちあか抜ける。スラックスと白シャツの優等生な着こなしに、アウターのタフさが有効。ショート丈のニットベストで、量感のあるシルエットとのバランスを意識すれば完璧。

ジャケット¥58,000/エンジニアド ガーメンツ ベスト(エコーズ ラッタ)¥49,000/ディプトリクス シャツ¥26,000/ウェルダー パンツ(ポール・スミス)¥35,000/ポール・スミス リミテッド

POINT 02
しなやかに楽しむ、ジェンダーレスなトレーナー

%28%7B%20atariName%3A%20%22cut05_0208.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA/%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B31/%25E3%2583%25AA%25E6%25B8%2588/036-037/DMA-cut05_0208.psd%22%29%7D%29

ルーズなフォルムが今どきなスウェットトレーナー。インに着る白Tは衿もとと裾からのぞかせて抜け感を。さらに光沢のあるスカーフをひと巻きすれば、マットなスウェットと、素材のメリハリも十分。小面積に加えたフェミニンなスカーフが、スウェットの気取らなさを強調して、立体感のあるコーディネートに。

スウェット(アルテリア)¥23,000/イーライト Tシャツ¥9,000/ウェルダー パンツ¥29,000/WE WILL スカーフ(ヴィンセンツォ ミオッツァ)¥13,800/真下商事 靴¥74,000/パラブーツ青山店


POINT 03
CPOジャケットはタイドアップで

%28%7B%20atariName%3A%20%22cut06_0301.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA/%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B31/%25E3%2583%25AA%25E6%25B8%2588/038-039/DMA-cut06_0301.psd%22%29%7D%29

今季注目のCPOジャケットとパンツのセットアップ。そのままでもしゃれ感は十分だけれど、淡いベージュのシャツとタイドアップであえてユニフォームライクに着こなすのが新鮮。ハットやタイ、革靴でベージュのワントーンをさりげなく引き締めて。

ジャケット¥42,800・パンツ¥43,800/レインメーカー シャツ(ルメール)¥41,400/エドストローム オフィス 帽子(ナイン テイラー)¥9,000/スタジオ ファブワーク ネクタイ(アット ヴァンヌッチ)¥28,000/ビームス 六本木ヒルズ 靴(ソロヴェアー フォー アダム エ ロペ)¥28,000/アダム エ ロペ

POINT 04
ベストの投入で、ほぼ黒コーデが立体的に

%28%7B%20atariName%3A%20%22cut11_0658.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA/%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B31/%25E3%2583%25AA%25E6%25B8%2588/038-039/DMA-cut11_0658.psd%22%29%7D%29

ミリタリー要素の強いベストは、下に重ねるものと色をそろえてなじませる、くらいの存在感がちょうどいい。シンプルなフーディーにナイロンベストの素材感が映えて、色数は少ないのに、地味とは無縁の装いに。実はニットキャップとフードでもレイヤード。全身の統一感が増す、フーディーの活用法に注目。

ベスト(エムアイエス)¥21,000/カメイ・プロアクト スウェット¥28,000・帽子¥12,000(ともにN.ハリウッド テストプロダクト エクスチェンジサービス)/ミスターハリウッド パンツ(テンプラ)¥89,000/インターナショナルギャラリー ビームス


POINT 05
ブルーを重ねて生み出す、モッズコートの進化系

%28%7B%20atariName%3A%20%22cut04_0216.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA/%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B31/%25E3%2583%25AA%25E6%25B8%2588/038-039/DMA-cut04_0216.psd%22%29%7D%29

ラフなイメージの強いモッズコートは繊細な配色でクリーンに着地させて。緩やかなAラインのシルエットと、深い青が印象的な1着は、グラデーションで着こなすのがおすすめ。ネイビーのハイネックやネップ混のスモーキーなパンツとなら、武骨な男らしさではなく、優しいのに力強い、モッズコートの新しい表情が見えてくる。

コート(ザ・クラシック)¥98,000・カットソー¥18,000/ザ・リラクス パンツ¥42,000/オーラリー スニーカー¥16,000/アシックスジャパン お客様相談室

※価格は全て税別です。

Photo:Kazuki Nagayama[S-14] Hair:JUN GOTO[ota office] Stylist:Yoshiaki Komatsu
Model:Keisuke Nakata[MEN’S NON-NO model]

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼