▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

連休中にじっくり読書! 何も考えず読めて「思い切り笑える本」4選

連休中にじっくり読書! 何も考えず読めて「思い切り笑える本」4選

▼ WPの本文 ▼

屈指の読書好き・メンズノンノモデルの水沢林太郎が、新たなジャンルを開拓するべく、ブックコンシェルジュ・北田博充氏に話を聞いた。シルバーウィークのオススメは「今まで体験したことがないから思い切り笑える本」!

%28%7B%20atariName%3A%20%22000000110015.jpg%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/%25E8%258F%258A%25E5%259C%25B0%25E4%25BD%259C%25E6%25A5%25AD/@%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA/@%25E6%259C%25AA%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/112-115_%25E6%259E%2597%25E5%25A4%25AA%25E9%2583%258E%25E6%259B%25B8%25E5%25BA%2597_%25E3%2583%25AA%25E6%25B8%2588/003-004/DMA-000000110015.psd%22%29%7D%29

A.『僕に踏まれた町と
僕が踏まれた町』

中島らも/¥580/集英社文庫

「元ミュージシャンの作家で小説が人気ですが、個人的にエッセイも読んでほしい。名門高校にいながら破天荒だった高校時代の話も驚くし、物事の着眼点や文章もユニークです」

B.『延長戦に入りました』
奥田英朗/¥495/幻冬舎文庫

「ボブスレーやレスリングなど、さまざまな競技について、独自目線で面白おかしく語っているエッセイ。スポーツをしていたらもちろん、していない人でも笑えると思います」

C.『ナンシー関の
記憶スケッチアカデミー』

ナンシー 関/¥480/角川文庫

「目で見て楽しむ本です。『カエル』や『パンダ』など、出されたお題に対して、うろ覚えの記憶を頼りに書いてもらう。それを1冊にしたもので、抱腹絶倒とはまさにこのこと!」

D.『しをんのしおり』
三浦しをん/¥490/新潮文庫

「なんというか脳内が桃色なんですよね、この人(笑)。だいたい同じ友人関係だったり、弟の話なので、すんなりと彼女の身のまわりの世界に入っていけてサラサラ読み進められます」

カーディガン(ヘリル)¥40,000/アンシングス シャツ(スタジオ ニコルソン)¥39,000/キーロ 眼鏡(オリバーピープルズ)¥29,700/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 

Photos:Shohei Takenaka Hair & Make-up:Eriko Yamaguchi Stylist:Yuta Fukazawa Model:Rintaro Mizusawa[MEN’S NON-NO model] Interview & Text:Wakako Matsukura

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

▼ CXENSE Widget ▼

RECOMMEND

▼ popIn recommend ▼

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼