▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

健ちゃんの、メンズノンノ卒業によせて。坂口健太郎スペシャル!

▼ WPの本文 ▼

2017年の7月号をもって、坂口健太郎がメンズノンノ専属モデルを卒業した。

いつからだろう、町の書店の店頭で、駅や街頭の広告で、あるいはSNSで、健ちゃんをよく見かけるようになった。電車の中で、うら若き少女達の「坂口健太郎!」という黄色い声を聞くことも多々。家にTVがなく、お茶の間事情に明るくない僕が気づかぬうちに、健ちゃんは“みんなの健ちゃん”になっていた。

これはもう革命だと思う。

友達がスターになっていく姿はとても眩しく誇らしいものだった。不思議と悔しくない。そう思わせてくれるのも、健ちゃんの優しい人間性のおかげだ。

 
初めて彼に会ったのは、僕がメンズノンノモデルオーディションに合格して一発目の撮影。ロケバスで僕は健ちゃんの隣に座った。

「あ、坂口さん、メンズノンノで見たことあるなあ」くらいの印象。

ボサボサの髪とブカブカのTシャツにチャコのサンダル。身体だけ持ってきました、と言わんばかりの軽さが浮世離れしていた。“オーラ”とはまた違う、ゆらゆらと不思議な存在感だった。(ちなみに人生で最もオーラに圧倒されたのは栁 俊太郎に初めて会ったとき。その話は、またいつか)

空が朝になっていく薄明かりの中で、健ちゃんは背中を丸めて車窓にもたれかかり、裸の文庫本を片手に眠っていた。

環境、ファッション、髪の色がいくら変わろうとも、僕が感じる健ちゃんの空気はずっとあのときのまま。

バスを降りて気づいたのは、彼の身長とガタイの大きさ。巨人だと思った。顔つきだけ少年のまま、身体だけ発達した巨人少年。僕が21歳で、健ちゃんは20歳だったね。

 
坂口健太郎のアンニュイな魅力は、その身体のバランスのギャップに集約されていると思う。外見もさることながら内面も最高な男なのだが… ここで語りきるにはまだ早いし、読者のみなさんならよく知っているだろうから割愛。

とにかく、表に出ないプライベートでも健ちゃんは健ちゃんらしい優しい男なんだと言いたい。僕だけでなく、出逢った人みんなを虜にしてしまうのだ。メンズノンノと彼の関係がそれを表している。こんなことが有り得るのかと不思議に思う、でも間違いない。メンズノンノは坂口健太郎に恋をしたんだ。

恋する女性は、磨かれて可愛くなると言う。メンズノンノを女性に例えるのはおかしいかもしれないけれど、メンズノンノ自体も健ちゃんのために変わっていったと思う。

僕なんかが考察するなんておこがましいが、メンズノンノが彼を送り出すのは“恋心”との決別のドラマ。こんな歌が似合うのではないかと。


▲ WPの本文 ▲

1 2

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • BLOG
  • 健ちゃんの、メンズノンノ卒業によせて。坂口健太郎スペシャル!

BLOG NEW ENTRIES

ブログ記事一覧へ

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼

▼ CXENSE Widget ▼