▼ 広告枠 : front-page archive singular : header ▼

忍者タイチコでござる。#背伸び純愛感 って、流行りませんかね?

▼ WPの本文 ▼

“口聞けないだけが恋じゃないもの 恋したから喋りすぎるってことだってあるんだもの わかってない” ──映画『早春物語』より

 
みなさんこんにちは。

 
拙者、忍者タイチコでござる。ちなみに母上の名はケイココで候。とにかく、こんにちは。

 
冒頭の台詞を読んでくれた方、どのくらいいますか… 手は上げなくていいです。僕の大好きな台詞なんです。恋愛のみならず、いろいろなジャンルの様々な場面において「理想的に振る舞うだけが理想じゃない」と言ってくれてるような気がして。

 
拙者のような非王道スタイル忍者には、とても救われる言葉でござった。

 
kodama16092

映画『早春物語』は、角川春樹事務所が制作したいわゆる「角川映画」ってやつですね。監督・澤井信一郎さん、主演・原田知世さん。原田さんが演じる沖野 瞳の“背伸び純愛感”がね、もう水よりみずみずしく美しいんです。

 

#背伸び純愛感

 
どうですか。流行りませんか、そうですか。

 
久石 譲先生が担当する音楽も、たまりませぬでござる! ジブリファンなら、久石さんが参加している実写作品も好きなんじゃないかなと。いつか、いつか僕が大人になったとあなたが気づいたとき、そのときは本当の気持ちを教えてください。#背伸び純愛感

 
kodama16091

原田さんが歌う主題歌『早春物語』はまた違う方々が作っていて、これもすごくヤバイ。作詞の康 珍化さんは、僕が好きな作詞家の一人でござりますが、その話はまたいつか。

 
角川映画では『時をかける少女』があまりにも有名ですが、その監督・大林宣彦さんは他の作品も良いんです。いつも、泣いてる自分をどこか遠くから眺めながら涙を流しています。#背伸び純愛感

 
久石 譲先生はですね、大林監督作品でもよく音楽を手掛けていて、僕を喜ばせてくれる本当にすごい人なんです! えっへん!

 
最後になりますが拙者、映画を観ているときに「うわー」「いーなー」「すげー」以外の感想を、すらすら言えるような忍者になりたいでござる。

 
P.S.
そしてあなたが背伸びをするとき、いつもかかとを支える忍者になりたいでござる。
kodama16093

 
“傷つきたい いい 辛くてもいい 傷ついたあなたって素敵だもの” ──映画『早春物語』より

 
#背伸び忍者感
 

▲ WPの本文 ▲

▼ 広告枠 : singular : article ▼

  • HOME
  • BLOG
  • 忍者タイチコでござる。#背伸び純愛感 って、流行りませんかね?

BLOG NEW ENTRIES

ブログ記事一覧へ

▼ 広告枠 : singular : article-bottom ▼

FEATURE

MOVIE

MEN’S NON-NO CHANNEL

YouTubeでもっと見る

SPECIAL

スペシャル一覧を見る

▼ 広告枠 : front-page archive singular : fixed-bottom ▼